ブログ運営 > ブログを開設したら必ず見るべき・やるべきGoogle公式サイトとツール7選
ブログを開設したら必ず見るべき・やるべきGoogle公式サイトとツール7選

ブログを開設したら必ず見るべき・やるべきGoogle公式サイトとツール7選


Webサイトを運営している際の最重要テーマは、いかにGoogleにご自身のサイトを高い評価で認識してもらうことだと思います。

Googleにサイトを評価してもらえなければ、サイトが存在しないにも等しいです。

 

そして、Googleにサイトを評価してもらうには、テクニックも必要です。

Googleがサイトを評価する基準は、Googleが正式に公表してものもありますし、そこに掲載されている基準は最低限遵守する必要があります。

 

「ブログをはじめたけど、この次に何をやればいいのかわからない。」

「アクセス数アップの方法など対策が知りたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、ブログを開設したら必ず見るべき・やるべきGoogle公式サイトとツール7選について解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleウェブマスター向け公式ブログ

ご自身のサイトをGoogleに評価してもらい、検索で上位に表示してもらうためには、Googleが提唱する価値あるコンテンツの基準を満たす必要があります。

また、サイトを運営していく際に、Googleが提供するクリック課金型広告の「Google AdSense」を使うことを検討している方も多いと思いますが、Google AdSenseに合格するためにも、やはりGoogleが提唱する価値あるコンテンツの基準を満たす必要があります。

 

Googleウェブマスター向け公式ブログには、Googleが公開している公式情報が載っています。

時間を見つけてひととおり目を通すことをおすすめします。

また、定期的に実施されるGoogleアップデートの情報もこちらに随時掲載されます。

合わせて定期的にチェックすることもおすすめします。

 

>> Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

Search Console ヘルプ

SearchConsoleヘルプ

Search Console ヘルプから知りたいことを検索することができます。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド、NG行為などが記載されている品質に関するガイドラインなどを確認することができます。

 

SEOに関する情報はネットでも調べることができますが、公式サイトの内容も必ず目と通すようにしましょう。

Googleが評価するどういったサイトを知ることができます。

 

>> Search Console ヘルプ

 

スポンサードサーチ

PageSpeed Insights

PageSpeedInsights

Googleが提供しているサイトの表示スピードを調査するツールです。

URLを入力するだけで、サイトスピードの評価が点数で表示されます。

 

表示スピードはGoogleがサイトを評価する基準のひとつです。

表示スピードが遅いと検索順位が下がる要因になりますので必ずチェックするようにしましょう。

 

WordPressを使ってサイトを作成する方も多いかと思いますが、プラグインによってはサイトの表示を遅くする原因になるものもあります。

WordPressにプラグインをインストールした際にはPageSpeed Insightsでチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

>> PageSpeed Insights

 

Google Trends

GoogleTrends

Google Trends(トレンド)はGoogleが提供する検索トレンドをチェックするツールです。

人気度の動向がグラフ(過去12ヶ月)で表示されます。

 

Google Trendsでは、合わせて以下の情報も確認することができます。

Google Trendsの見ることができるトレンド

・地域(都道府県)
・関連トピック
・関連キーワード

 

>> Google Trends

 

スポンサードサーチ

Google Adwordsのキーワード プランナー

Google Adwords(アドワーズ)は、Googleが提供する広告サービスです。

Google Adwordsの中の「キーワード プランナー」を使うとキーワードの予想クリック数を確認することができます。

Google Adwordsを使って、実際に広告を出稿しない方でも、キーワード分析をするのに有効なツールです。

 

Google Adwordsのキーワード プランナーでは、以下のカテゴリーでキーワードを入力しキーワード分析することができます。

キーワード分析できるカテゴリー

・新しいキーワードを見つける
・検索のボリュームと予測のデータを確認する

 

>> Google Adwords

 

Google Analytics

Google Analytics(アナリティクス)はGoogleが提供するサイト分析をするためのツールです。

ページビュー数、行動パターン、流入経路、コンバージョンなどサイト運営に必要な情報を確認することができます。

いくつか見るべきポイントはあるのですが、特に重要な項目は以下の3つです。

 

ページビュー数

ページが閲覧された数です。

ページビュー数が多い記事、少ない記事を確認して記事の改善に役立てることができます。

特にページビュー数が多い記事はリライトしてさらなる改善をしたり、関連記事を書き横展開すると有効だと思います。

 

直帰率

ページの閲覧者が1ページしか読まなかった人の割合です。

直帰率が高い場合は、そのページしか読まれなかったということですから、関連記事などは読まれなかったということになります。

記事の読み応えを見直したり、関連記事へのリンクを工夫するなどの余地があると思われます。

 

セッション継続時間

セッション継続時間はページの閲覧者がサイトに滞在してる時間です。

セッション継続時間が60秒以下の場合、ほとんど読まれてないということになるので、記事の内容を見直した方がいいです。

記事のタイトルから期待される内容になっているかを見直しましょう。

 

>> Google Analytics

 

スポンサードサーチ

Google Search Console

Google Search Console(サーチコンソール)はGoogleが提供するサイトの表示回数やどういったキーワードでサイトが表示されたかなどを確認できるアクセス解析ツールです。

いくつか見るべきポイントはあるのですが、特に重要な項目は以下の4つです。

 

表示回数

Googleの検索結果にサイトが表示された回数です。

表示回数は、クリック数とCTR(クリック率)と合わせて見るようにしましょう。

 

クリック数

表示されたサイトがクリックされた数です。

クリック数は、表示回数とCTR(クリック率)と合わせて見るようにしましょう。

 

CTR

クリック率のことです。

クリック率が悪い場合、記事タイトルや概要の見直しすることがクリック率を上げることができるかもしれません。

 

掲載順位

キーワードに対する掲載順位のことです。

掲載順位が低いのに表示回数が多い場合、上位表示された記事に満足してない方が多いと考えられます。

自分のサイトが上位表示される余地があるため、記事のリライトを行うことで上位表示される可能性があります。

 

>> Google Search Console

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

・Googleウェブマスター向け公式ブログ
・Search Console ヘルプ
・PageSpeed Insights
・Google Trends
・Google Adwordsのキーワード プランナー
・Google Analytics
・Google Search Console

 

やることがたくさんあるように見えますが、一度に全てを実施する必要はありません。

少しずつでもいいので着実に実施することが大事です。

そうすれば必ず効果がでてきます。

 

本記事では、ブログを開設したら必ず見るべき・やるべきGoogle公式サイトとツール7選について解説しました。