ライフハック > 格安スマホに変更したら毎月5,000円安くなった件【楽天モバイル】
格安スマホに変更したら毎月5,000円安くなった件【楽天モバイル】

格安スマホに変更したら毎月5,000円安くなった件【楽天モバイル】


格安スマホにすれば、ケータイ料金は間違いなく安くなります。

格安スマホはメリットばかりで、デメリットはほとんでありません。

 

「ケータイ料金を安くしたい。」

「格安スマホについて知りたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、格安スマホに変更したら毎月5,000円安くなった件について解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

格安スマホを使わない理由

「格安スマホで通信料が大幅に下がります」という話をよく聞きます。

それにも関わらず、格安スマホに変更せずに、現在のキャリアのスマートフォンを使い続けている方も多くいらっしゃいます。

格安スマホに変更しない理由

・気になっているけど調べるのが面倒くさい。
・契約変更などの手続きが面倒くさい。
・今のままでも不自由はしていない。

 

このように考えている方はとても多いのではないしょうか。

 

わたしも気にはなっているんですが調べるのが面倒くさくて・・

確かにそういう方は多いですよね。
格安スマホ業者も多いですし、スマホのキャリアを変更することにも抵抗があるのかもしれません。

 

UQモバイル、Y!mobile、mineo、楽天モバイルなど、テレビCMで見るものや雑誌などで見かけたものをざっと数えるだけでも10以上のサービスがでてきます。

一般的に、『選択肢が多くなるほど、ひとは考えなくなる』と言われています。

ほんとうにその通りだと思います。

さすがにこれだけ選択肢が多いと、調べるだけでもとても大変です。

 

大手キャリアのケータイ料金が高い理由

ドコモ、au、ソフトバンクのような大手キャリアの基本料は、以下のような構成です。

大手キャリアの基本料

・通話料2,000円
・データ通信料4,000円

 

通話をしない場合でも、基本料に通話料が必ず入っています。

これが基本料が高い要因でもあるわけです。

 

そして、大手キャリアの場合、全国のいたるところにショップがあります。

ショップを持つということは、当然、賃貸料や人件費がコストとしてかかります。

スマホやタブレットなどのデバイスに詳しくない方には、ショップがあるのは大変ありがたいことですが、そうしたコストもケータイ料金に反映されることになります。

 

スポンサードサーチ

格安スマホが安い理由

最初にお話した「格安スマホで通信料が大幅に下がります」のキャッチコピー。

結論を先に言うと、これは本当です。

ただし、条件があります。

スマホの使い方にもよりますが、簡単に言えば以下の場合は確実に通信料は下がります。

それは「電話をほとんど利用しない」です。

 

格安スマホの特徴は、通話料の基本料はとらず、データ通信料だけを基本料としていることが多いです。

通話は、10円/30秒、20円/30秒などのように、使った分だけ払うようになっていて、基本料に入れていません。

データ通信料も、大手よりも安く、かつ使用量に合わせて料金プランも細かく設定されています。

 

安くできる理由は、格安スマホ業者は大手キャリアのように、基本的にショップを持っていません。

その分、料金を安くすることができます。

 

格安スマホはおすすめ

格安スマホに乗り換えれば、現在の通信料を大幅に下げることが可能です。

「通信料を安くしたいな」と考えている方は、ぜひご検討することをおすすめします。

 

ちなみにわたしの場合は、大手キャリアから格安スマホに乗り換えて以下のようになりました。

楽天モバイル

月額6,600円 → 1,600円
なんと差額は、5,000円です。
年間6万円もお得になりました。

多くの方の通信料は、4,000~5,000円は平均して安くなると思います。

 

スポンサードサーチ

おすすめは楽天モバイル

わたしが利用しているのは、『楽天モバイル』です。

料金の詳細は以下になります。

・月額料金 1,600円(3,1GBプラン)
・通話料 10円/30秒

 

わたしのように電話をほとんどしない場合、格安スマホが断然をお得です。

「電話はほとんどしない。電話をする場合はLINE電話を使う」という方は非常に多いと思います。

そのような方には、楽天モバイルはぴったりです。

 

格安スマホってほんとうにすごいです。

「格安スマホに乗り換えるべき」と断言できます。

わたしの中では、格安スマホ一択です。

 

手続きの流れ

興味はでてきたけど、それでもなんとなくわからないことが多いし・・とお思いの方もいるでしょう。

そんな方のために、格安スマホについて、用語や手続きまでの流れについてまとめました。

 

格安スマホは、決して難しいものではなく、現在みなさんがお持ちの大手キャリアのものと考え方は同じです。

最初はだれでも、ショップの方に話しを聞きながら、料金プランなどを決めていたと思います。

 

めったに、料金プランは変更しないし、ショップにも行かない。

ショップに行くときは、端末を買い替えるときぐらい。

そうした中で、なんとなく基本料などの通信料の内訳などがわからなくなってしまっただけです。

昔を思い出して、ちょっと調べるだけど、きっと今後の通信料を劇的に安くすることができます!

 

ポイントは6点です。

1. 通話機能も必要か、データ通信だけでよいかを決める
2. 毎月の通話時間、データ使用量を確認する
3. 現在お使いのスマホを継続利用するか、格安スマホを購入するか決める
4. スマホのSIMロックが解除済、未解除かを確認する
5. 現在お使いの電話番号をそのまま利用するか、新規申し込みをするかを決める
6. ネットで申し込むかショップや量販店で申し込むかを決める

 

それでは細かく見ていきます。

 

通話機能も必要か、データ通信だけでよいかを決める

格安スマホ業者が提供するSIMには、以下の2タイプがあります。

音声通話対応SIMとデータ専用SIMです。

 

音声通話対応SIM

音声通話(090/080/070の電話番号が使えます)とデータ通信ができます。

MNPでキャリアでお使いの電話番号を引き継げます。

データ通信もできます。

 

データ専用SIM

データ通信のみです。

音声通話対応SIMと比べて価格が安いです。

デザリングで使用したいときやタブレットで使いたいときはこちらを選ぶとよいと思います。

 

毎月の通話時間、データ使用量を確認する

ネットやアプリで、毎月の料金の内訳を確認します。

わたしの場合、毎月のデータ使用量は、2GB前後でした。

通話料は、料金プランの無料通話時間に収まる時間でした。

 

記憶を頼りにしても、ほとんど普通の電話は使用していません。

その結果、格安スマホの料金プランは、3GBのものにしようと決めました。

 

多くの方は、自宅にいるときはWi-Fiを使ってスマホで動画を見ているでしょうし、外出先でも無料のWi-Fiスポットが数多くあります。

 

わたしは、ほかのひとに比べたら使用量は少ないほうかもしれません。

ですが、それでも多くのかたは、3~4GBに収まっているのではないでしょうか。

 

現在お使いのスマホを継続利用するか、格安スマホを購入するか決める

格安スマホとは格安SIMを挿入して使えるスマホのことです。

格安スマホと格安SIMをセットで購入することもできますし、それぞれ別々の購入も可能です。

また、現在みなさんがお使いの、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホに、格安スマホが使える場合もあります。

 

テレビCMでよく目にする、格安スマホ業者の多くは、ドコモから回線を借りてサービスを提供していることが多いので、ドコモのスマホは、格安スマホに対応しているものが多いです。

わたしの場合も、ドコモのスマホを使っていたので、格安スマホに変更後も同じスマホをそのまま使用しています。

逆に、au、ソフトバンクのスマホはあまり格安スマホに対応していません。

ただし、『UQモバイル』は、auのスマホにも対応しています。

『Y!mobile』は、ソフトバンクのスマホにも対応しています。

 

ドコモにしても、すべてのスマホが格安スマホに対応している訳ではありません。

現在お使いのスマホをそのまま使いたい場合、サイトや店舗にて確認してください。

大手キャリのサイトの多くは「動作確認済みスマホ一覧」みたいに、確認できるサイトがあります。

 

スマホのSIMロックが解除済、未解除かを確認する

SIMとは、電話番号などの契約者情報が記録されているカードです。

SIMには以下の3種類のタイプがあります。

1. 標準SIM
2. microSIM
3. nanoSIM 

格安スマホ

 

ネットで格安スマホを購入する場合は、ご自身が今お使いのSIMを確認しておく必要がありますが(現在お使いのスマホをそのまま継続して使う場合、同じタイプのものを購入する必要があるため)、ショップや量販店で購入する場合は、店員さんが見てくれるので心配する必要はありません。

 

通常、スマホにはSIMロックがかかっていて、SIMカードはお使いのスマホでのみでしか利用できないように制限がかかっています。

現在お使いのスマホにSIMロックがかかっている場合、SIMロックを解除する必要があります。

ちなみにドコモの最近のスマホであれば、もともとSIMロックが解除されているものが多いです。

ただし、『iPhone』には、SIMロックがかかっています。

 

ショップでSIMロックを解除する場合、事務手数料が3,000円程度かかります。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクネット)では、ネットからもSIMロックの解除ができます。

わたしはネットからSIMロックを解除しました。

格安スマホを購入する前に、SIMロックを解除しておく必要があります。

 

現在お使いの電話番号をそのまま利用するか、新規申し込みをするかを決める

現在お使いの電話番号をそのまま引き継ぐ場合、MNPの予約番号を取得する必要があります。

MNPとは「モバイル・ナンバー・ポータビリティ」のことで、MNPを行えば、電話番号を引き継ぐことができます。

 

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクネット)では、ショップやネットからMNP解約ができます。

MNP解約を行うと、解約する際に、MNP予約番号をいうものが払い出されます。

電話番号の引継ぎには、MNP予約番号が必要です。

 

ネットで申し込むかショップや量販店で申し込むかを決める

格安スマホの購入は、以下で行うことができます。

わたしの場合、格安スマホ業者の店舗で購入しました。

格安スマホの申し込み

・格安スマホ業者のネットサイト
・格安スマホ業者の店舗
・家電量販店
・通販サイト(Amazonなど)

 

『楽天モバイル』には店舗があります。

事前に格安スマホのことはいろいろ調べて比較もしましたが、店員さんにセットアップまでやってもらったほうが楽だしミスもないで、そうしました。

結果的に店員さんにやってもらってよかったです。

店舗で『ユーザーズガイド』ももらいましたが、自分で説明書を見ながら全部やるとなるとけっこう大変だったなと感じました。

 

回線の開通には、自分で開通センターに電話をする必要があります。

端末のセットアップももちろん自分で行う必要があります。

事務手数料はたったの3,394円でした。(『楽天モバイル』の場合)

 

大手キャリアから格安スマホに変更すれば、事務手数料の元はすぐに取れますし、初めての方であれば店舗でのご契約をおすすめします。

即日開通で、1時間もあれば申し込みから、受け取りまですべて完了します。

 

スポンサードサーチ

注意事項

格安スマホには、注意事項があるのでご説明します。

注意事項

・キャリアメールは使えなくなるので、HotmailやGmailなどの代わりのメールアプリを用意しましょう。

・大手キャリアには契約に2年縛りがあります。2年ごとの契約が切れるタイミング以外で解約すると、解約料が1万円程度かかります。

 

楽天モバイルの場合、楽天メールもありますが、わたしは、昔から利用しているHotmailを利用しています。

HotmailやGmailはスマホアプリもあるので、アプリを使えば、キャリアメールのように、メールを受信すれば音が鳴りますし、マナーモードにすることもできます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

・大手キャリアのケータイ料金が高い理由
・格安スマホが安い理由
・格安スマホはおすすめ
・おすすめは楽天モバイル
・手続きの流れ
・注意事項

わたしが感じる格安スマホのメリットは、以下になります。

・大手キャリアと比べて、基本料が安い。
・大手キャリアと比べて、スマホ端末が安い。

 

わたしは、大手キャリア時代に使用していたスマホをそのまま使っていますが、7万円以上しました。

はっきり言って高すぎですよね。

格安スマホはピンキリですが、安いものであれば、1万円前後から購入できます。

 

スマホを買い替えるときは、格安スマホを購入するつもりです。

データ容量ぐらいしか気にしていないので、それさえ満たせば、安いもので十分です。

最近の格安スマホは性能・機能についても、大手キャリアのものに引けを取りません。

ぜひ、格安スマホに変えて、通信料の節約をしてみてはいかがでしょうか。

 

本記事では、格安スマホに変更したら毎月5,000円安くなった件について解説しました。