お金 > 【LINE Pay】スマホ決済の基本と使い方とメリット
【LINE Pay】スマホ決済の基本と使い方とメリット

【LINE Pay】スマホ決済の基本と使い方とメリット


LINE Payを使えば、現金不要で、お店で支払いをすることができるスマホ決済アプリです。

LINE Payには、特徴的な機能があり、お店での支払い機能だけではなく、送金機能、割り勘機能があります。

そしてほかのスマホ決済アプリにはあまりない、銀行口座へ出金できる機能もあります。

 

「LINE Payについて知りたい。」

「スマホ決済のサービスはどれを選べばいいの?」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、人気のスマホ決済アプリであるLINE Payの基本・使い方・メリット・デメリットについて解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

LINE Payとは

LINEPay

LINE Payは、LINEが運営するスマホ決済アプリです。

LINE Payは、銀行口座やコンビニなどから簡単にチャージすることができ、スマートフォンで簡単に支払いを済ませることができます。

LINE Payは、規約に同意するだけで、すぐに使うことができます。

 

LINE Payは、みなさんが普段お使いのLINEアプリに、Line Payの機能が追加されています。

それとは別に、LINE Pay専用の「LINE Pay」アプリもリリースされています。

 

本記事のPayPayの解説

・LINE Payのお店での支払い
・LINE Payの決済方法(チャージ)
・LINE PayでLINEポイントが還元
・LINE Payの送金機能
・LINE Payの割り勘機能
・LINE Payの出金機能
・LINE Payの請求書支払い
・LINE PayとQUICPay+
・LINE Payアプリ
・LINE Payのデメリット
・LINE Payはこんな方におすすめ

 

それでは、LINE Payの詳細について解説します。

 

LINE Payのお店での支払い

LINEPay

LINE Payのお店での支払い方法は、以下の3種類があります。

LINE Payのお店での支払い方法

・コード決済
・オンライン決済
・LINE Payカード

 

コード決済は、QRコード、バーコードをお店に読み取ってもらい、支払いを済ませる方法です。

みなさんがイメージするスマホ決済アプリの支払い方法ですね。

オンライン決済は、LINE Payでネットショップの支払いをすることができます。

LINE Payカードは、LINE Payをカードとして使うことができるものです。

 

コード決済

コード決済は、リアル店舗でお買い物をする際に、店頭でスマートフォンの画面に、QRコードまたはバーコードを表示して、レジで読み取ってもらい、支払いを行います。

たぶん、みなさんが一番イメージしている使い方ですね。

52,000箇所のLINE Pay加盟店で、LINE Payのコード決済での支払いが可能です。

 

オンライン決済

LINE Payのオンライン決済を使えば、ネットショップでお買い物をする際に、LINE Payで支払いをすることができます。

ネットショップでは、クレジットカードが支払い方法となっているお店も多いですが、LINE Payで支払いができるお店も増えてきています。

 

LINE Pay カード

LINE Pay カードは、チャージ式プリペイドカードです。

LINE Pay カードの使い方は、JCB加盟店で、店員さんにLINE Pay カードを渡し、JCBで支払いをする旨を伝えます。

クレジットカードではありませんが、使い方はクレジットカードと同じです。

お店によっては、支払いの際にサインが必要な場合があります。

 

スポンサードサーチ

LINE Payの決済方法(チャージ)

LINEPay

LINE Payの決済方法(チャージ)は、3種類あります。

LINE Payの決済方法(チャージ)

・銀行口座
・コンビニ
・LINE Pay カード

 

銀行口座からのチャージはイメージがつきやすいと思いますが、コンビニやLINE Payカードでのチャージは少しイメージがつきにくいかもしれません。

以降では、銀行口座、コンビニ、LINE Payカードでのチャージのやり方について解説します。

 

銀行口座

ゆうちょ銀行、SMBC、MUFG、三菱UFJ銀行、ジャパンネット銀行、MIZUHO、じぶん銀行など全62行に対応しています。

銀行によるチャージでは、設定した最低残高を下回った場合に、銀行口座から自動的に設定金額をチャージするオートチャージ機能があります。

 

コンビニ

コンビニでLINE Payのチャージをすることができます。

コンビニによって、チャージのやり方が異なるので、注意してください。

・ファミリーマートのFamiポート端末でチャージ
・ローソンのレジ
・セブンイレブンのセブン銀行 ATM

 

LINE Payカード

事前に金額をチャージするプリペイドカードです。

手数料や年会費もかかりません。

LINE Payカードは、クレジットカードではありません。

国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で使うことができます。

 

カードの発行は無料で、簡単に申し込みことができ、30秒ほどで完了します。

可愛いLINEキャラクターがデザインされたものや無地のシンプルなものから選ぶことができます。

LINE Payカードへのチャージ方法は、以下の6種類です。

LINE Payカードへのチャージ方法

・銀行口座からチャージ
・セブン銀行ATMでチャージ
・ファミリーマートでチャージ
・LINE Pay カードでチャージ
・QRコードまたはバーコードを表示してお店のレジでチャージ
・LINEポイントからの交換

 

LINE PayでLINEポイントが還元

LINEPay

LINE Payの支払いに応じてポイントが還元されます。

コード決済、オンライン決済、LINE Payカードなど全ての支払い方法で、ポイント還元が受けられます。

LINE ポイントは、1ポイント=1円で、LINE Pay残高にチャージして買い物に使うことができます。

LINE関連サービスやLINEスタンプ等の購入に充てることも可能です。

 

「マイカラー」プログラム

LINEポイントは、お使いの金額によってランク付けがされる「マイカラー」プログラムを導入しています。

「マイカラー」とは、支払いに対するLINEポイントの還元率のことです。

「マイカラー」は、毎月の利用状況によって変動します。

「マイカラー」プログラムの還元率は、以下となっています。

LINEPayマイカラープログラム

「マイカラー」別の還元率

グリーン  2%
ブルー      1%
レッド      0.8%
ホワイト  0.5%

「マイカラー」別の決済できる金額

グリーン 決済金額 :  10万円/月
ブルー 決済金額 :      5万円~9万9,999円/月
レッド 決済金額 :      1万円~4万9,999円/月
ホワイト 決済金額 :  0円~9,999円/月

 

うれしいのは、0円からという部分です。

つまり、LINE Payに登録するだけでも、ポイント付与率が0.5%をつくことになります。

LINE PayのLINEポイントの還元は、とってもお得ですね。

 

スポンサードサーチ

LINE Payの送金機能

LINEPay

友だち同士でお金のやり取りができる送金機能。

友だちにお金を借りたり、お店で立て替えて支払いをしてもらうことってありますよね。

そういう場合などに、LINE Payの送金機能で、友だちに送金することができます。

 

安全な取引のため、事前の本人確認が必要が必要です。

本人確認は、銀行口座登録で行うことができます。

本人確認の手続きは、3ステップで完了するので、時間もかかりません。

 

LINE Payの割り勘機能

LINEPay

複数人で支払う場合の割り勘の機能です。

割り勘機能は、グループを作成し、割り勘金額を決めてグループのメンバへ集金のリクエストをします。

集金のリクエストを受けたメンバは、割り勘金額を幹事に支払います。

幹事がまとめて支払いを行います。

 

飲み会の支払いの時に、支払い金額ぴったりのお金がない場合ってとても多いですよね。

LINE Payの割り勘機能を使えば、そんな不便から解放されます。

安全な取引のため、事前の本人確認が必要です。

 

スポンサードサーチ

LINE Payの出金機能

LINEPay

LINE Payには、LINE Pay残高を銀行口座に出金することができます。

つまり、LINE Payを現金化することができます。

出金機能は、ほかのスマホ決済アプリにはあまりない機能です。

LINE Payの出金には、216円の手数料がかかります。

安全な取引のため、事前の本人確認が必要です。

 

LINE Payの請求書支払い

LINE Pay

公共料金をLINE Payで支払うことができます。

自宅に届く公共料金の請求書のバーコードを、LINE Payのコードリーダーで読み込むだけで支払いは完了です。

毎月コンビニで公共料金の支払いをしている方は、LINE Payでの支払いをおすすめします。

たとえば、以下の公共料金の支払いが可能です。(一部です)

・東京電力エナジーパートナー
・関西電力
・東北電力
・九州電力
・中国電力
・東京ガス

 

スポンサードサーチ

LINE PayとQUICPay+

LINE Pay

Android端末限定ですが、LINE PayはGoogle Payに登録ができます。

iPhone端末には対応していません。

Google Payに登録をするとQUICPay+加盟店で支払いができるようになります。

使い方は、店員さんに「クイックペイで」と伝え、お店の端末にスマートフォンをかざすだけです。

QUICPay+には、LINE Pay、JACCSカード、JCBカード、Kyashカードのクレジットカードの登録が可能です。

Google Payでは、QUICPay+、Suica、nanaco、楽天Edy、WAONの電子マネーが使えます。

 

LINE Payアプリ

LINE Payは、LINEアプリに機能が追加されていますが、LINE Pay専用アプリもリリースされています。

LINEのLINE Pay機能とLINE Payアプリの機能は、少し機能が異なります。

LINE Payアプリには、以下の機能が追加されています。

LINE Payアプリの専用機能

・コード支払いときのパスワード認証が不要
・LINE Payが使えるお店をマップ上や一覧から探せる
・マイクーポンの利用が簡単になり、おすすめのクーポンがチェックできる

 

マップからLINE Payが使えるお店を探せるのは、ありがたい機能です。

スマホ決済は使えないお店も当然ありますから、あらかじめ調べられるのはとても便利です。

LINE Payアプリは、LINEのアカウントと同じアカウントで利用することができます。

 

スポンサードサーチ

LINE Payのデメリット

・LINE Payを出金する機能はありますが、手数料が216円かかります。そのため、使わなくなったLINE Payを銀行口座に戻す場合、手数料が216円かかります。

・LINE Payの有効期限は、最後に利用日から、5年間です。そのため、5年間放置すると、チャージしたお金が無くなります。

 

LINE Payはこんな方におすすめ

普段からLINEをお使いの方

マップからLINE Payを使えるお店を探したい方

送金機能を使いたい方

割り勘機能を使いたい方

出金機能を使いたい方

公共料金をLINE Payで支払いたい方

QUICPay+で支払いたい方

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・LINE Payとは
・LINE Payのお店での支払い
・LINE Payの決済方法(チャージ)
・LINE PayでLINEポイントが還元
・LINE Payの送金機能
・LINE Payの割り勘機能
・LINE Payの出金機能
・LINE Payの請求書支払い
・LINE PayとQUICPay+
・LINE Payアプリ
・LINE Payのデメリット
・LINE Payはこんな方におすすめ

 

普段からLINEアプリをお使いの方は、特にLINE Payがおすすめです。

LINE Payは、LINEアプリに機能が追加されているので、使い慣れたアプリからスマホ決済ができるのは便利です。

また、LINE Pay専用のLINE Payアプリには、LINEに追加されたLINE Payにはない機能もあるので、LINE Payアプリを使うのもおすすめです。

 

本記事では、人気のスマホ決済アプリであるLINE Payの基本・使い方・メリット・デメリットについて解説しました。