お金 > 【楽天ペイ】スマホ決済の基本と使い方とメリット
【楽天ペイ】スマホ決済の基本と使い方とメリット

【楽天ペイ】スマホ決済の基本と使い方とメリット


楽天ペイはスマホ決済アプリです。

楽天ペイを使えば、現金を使わずに、スマートフォンで支払いをすることができます。

楽天ペイの支払いで、楽天スーパーポイントもたまりますし、楽天でネットショッピングをしている方には、特におすすめのスマホ決済アプリです。

 

「楽天ペイについて知りたい。」

「スマホ決済のサービスはどれを選べばいいの?」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、人気のスマホ決済アプリである楽天ペイの基本・使い方・メリット・デメリットについて解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

楽天ペイとは

楽天ペイ

楽天ペイは、楽天が提供するスマホ決済アプリです。

楽天ペイは、リアル店舗だけでなく、ネットショップでの支払いにも使うことができます。

楽天ペイを使うには、楽天IDとクレジットカードが必要です。

 

楽天ペイで支払いをすると楽天スーパーポイントもたまります。

また、ためた楽天スーパーポイントを楽天ペイとして使うこともできます。

使えるお店も拡大中ですし、楽天ペイはおすすめのスマホ決済アプリです。

本記事の楽天ペイの解説

・楽天ペイのお店での支払い
・楽天ペイが使えるお店
・楽天ペイに楽天スーパーポイントが使える
・楽天ペイで使えるクレジットカード
・楽天ペイの送金機能
・楽天ペイのデメリット
・楽天ペイはこんな方におすすめ

 

以下で、楽天ペイの詳細について解説します。

 

楽天ペイのお店での支払い

楽天ペイ

楽天ペイのお店での支払いの方法は、3種類あります。

楽天ペイのお店での支払いの方法

・コード払い
・QR払い
・セルフペイ

 

コード払いは、ご自身の楽天ペイアプリに、QRコードまたはバーコードが表示されます。

QR払いは、お店がQRコードを提示してきます。

セルフペイは、楽天アプリ内でお店を指定して金額を手入力するものです。

いずれの場合も、分割払いやボーナス払いはできません。

 

コード払い

コード払いには、QRコードとバーコードの2種類があります。

QRコードまたはバーコードは、ご自身の楽天ペイのアプリに表示したQRコードまたはバーコードを店員さんに表示し、店員さんに読み取ってもらうことで、支払いが完了します。

 

QR払い

QR払いは、楽天ペイのQRコードで支払う旨を店員さんに伝えると、店員さんがQRコードを表示してくれます。

店員さんが提示したQRコードを、ご自身のスマートフォンでQRコードを読み込むことで、支払いが完了します。

 

セルフペイ

楽天ペイ

セルフペイは、楽天ペイアプリで支払うお店を選択し、金額を入力して、店員に確認してもらうことで決済します。

 

スポンサードサーチ

楽天ペイが使えるお店

楽天ペイ

飲食店、家電量販店、コンビニなど多数のお店で楽天ペイで支払うことができます。

コンビニはファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、セイコーマートでは使えますが、セブンイレブンでは使えません。

コンビニでの楽天ペイを使うことができる上限金額は、1日4,000円までです。

 

楽天ペイは、リアル店舗だけでなく、ネットショッピングでの支払いにも使うことができます。

楽天IDに登録したクレジットカードがあれば、楽天以外のネットショップでも使うことができます。

 

楽天ペイに楽天スーパーポイントが使える

楽天ペイ

楽天ペイの最大の特徴は、楽天スーパーポイントを楽天ペイに使えることです。

クレジットカードは楽天カード以外でもOKです。

楽天カードの場合、200円につき1ポイントの通常もらえる楽天スーパーポイントに、さらに楽天カードに対して、100円につき1ポイントがもらえます。

つまり、楽天ペイの支払いに楽天カードを設定している場合、ポイントの二重取りができます。

 

スポンサードサーチ

楽天ペイで使えるクレジットカード

楽天ペイに設定するクレジットカードは、すべての楽天カード、国内で発行されたVisa、Mastercardが設定可能です。

楽天カード以外のJCBカード、American Express、Diners Club、Discover、海外で発行されたカードなどは楽天ペイに設定できません。

 

楽天ペイの送金機能

クレジットカードでチャージした楽天キャッシュを個人間で送る機能です。

楽天ペイの送金機能を使えば、家族や友人に楽天キャッシュを送ることができます。

友人とのちょっとしたお金の貸し借りにも、電子マネーが使えるのは、便利ですね。

 

スポンサードサーチ

楽天ペイのデメリット

・楽天ペイを使うには、クレジットカードが必要です。社会人であれば、クレジットカードを持っている方も多いですが、銀行口座を使えないのは少し不親切ですね。

・楽天ペイは、コンビニ最大手のセブンイレブンで使うことができません。1日1度は行くかもしれないセブンイレブンで使うことができないのは、残念ですね。

 

楽天ペイはこんな方におすすめ

楽天スーパーポイントで支払いをしたい方

楽天でネットショッピングをする方

楽天カードをお持ちの方

家族や友達に楽天キャッシュを送りたい方

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

・楽天ペイとは
・楽天ペイのお店での支払い
・楽天ペイが使えるお店
・楽天ペイに楽天スーパーポイントが使える
・楽天ペイで使えるクレジットカード
・楽天ペイの送金機能
・楽天ペイのデメリット
・楽天ペイはこんな方におすすめ

 

楽天ペイは、ネットショップの楽天のイメージ通り、使えるお店が多いです。

きっとネットショップで培ったブランドイメージが、リアル店舗にも良い影響を与えているのだと思います。

楽天ペイに加入するお店も、楽天なら安心して加入するお店も多いのではないでしょうか。

 

普段から楽天でネットショッピングをしている方には、特に楽天ペイはおすすめです。

お買い物をする場所、支払い方法をひとつにまとめると、ポイントもたまり、上手にお買い物をすることができます。

 

本記事では、人気のスマホ決済アプリである楽天ペイの基本・使い方・メリット・デメリットについて解説しました。