ライフハック > SIMロック解除のメリットと解除方法。あなたは知っている?
SIMロック解除のメリットと解除方法。あなたは知っている?

SIMロック解除のメリットと解除方法。あなたは知っている?


スマートフォンに必ずといっていいほど設定されているSIMロック。

SIMロックという言葉が一般的になったのは、格安SIMを使った格安スマホが普及してきたからではないでしょうか。

お使いのスマートフォンの本体はそのままで、ケータイキャリアを変更したい場合、SIMロックがかかっていると、別のキャリアに契約変更した際に、お使いのスマートフォンを使うことができません。

わたしは、ドコモのスマートフォンを使っていたのですが、楽天モバイルに契約変更する際に、SIMロックを解除して、楽天モバイルに契約変更後も、ドコモ時代に使用していたスマートフォンを使っていました。

 

「SIMロック解除のメリットが知りたい。」

「SIMロック解除の方法が知りたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、SIMロック解除のメリットと解除方法について解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

SIMカードとは

SIMロック解除の説明の前に、SIMカードについて簡単にご説明します。

SIMカードとは、携帯電話を使っている契約者を特定するためのID番号が記録されたICカードです。

SIMカードによって携帯電話が特定されているため、通信が可能となっています。

つまり、現在お使いのスマートフォンから、SIMカードを取り外して、別のスマートフォンにSIMカードを差し込めば、ご自分でも機種変更をすることができます。

 

SIMロックとは

SIMロックとは前述のSIMカードにロックをかけることをいいます。

携帯電話を購入した際の端末でのみ、SIMカードを使えなくするのが目的で、SIMロックをかけています。

なぜSIMロックをキャリア(通信会社)が行うか

なぜSIMロックをキャリア(通信会社)が行うかというと、お客さんが他社に逃げないようにするためです。

たとえば、ドコモユーザーがauの端末がかっこよくて気に入ったとして、そうした場合に、もし携帯電話にSIMロックがかかっていなかったら、auの携帯電話だけ買って(もしくはすぐに解約して)、ドコモの携帯電話のSIMカードを使って、auの携帯電話を使うことができます。

ユーザーからしたらメリットですが、auとしたらユーザーを失うことになります。

また携帯電話を作っているメーカーは、契約者が長期間使うことを前提に開発費をかけて開発しているため、携帯電話だけ購入して携帯電話を使ってくれないと(毎月の通信料がとれないと)、莫大な開発費のもとがとれなくなってしまいます。

 

ただし、やはりユーザーの利益を損なっていることは事実なため、キャリアやメーカーの事情もありますが、総務省が動き、各キャリアに対して、SIMロック解除を促す通達をし、SIMロック解除の動きが、ここ数年、活発化しています。

 

スポンサードサーチ

SIMロック解除

SIMロックの解除は、ケータイキャリアやお使いのスマートフォンによって、多少手続きのやり方が異なります。

WebサイトでSIMロック解除ができる場合もありますし、ショップでないとSIMロック解除が行えない場合もあります。

または、スマートフォンの種類によっては、SIMロックの解除料が異なる場合もあります。

SIMロック解除の注意事項

現在お使いの携帯電話のSIMカードが、ほかの携帯電話で同様の動作をするかどうかについては、保証されていません。

 

それでは、ドコモ、au、ソフトバンクのSIMロック解除の手続きのやり方について、詳細を解説します。

 

ドコモのSIMロック解除手続き

SIMロック解除

ドコモのSIMロック解除の手続きについては、以下になります。

受付条件

・ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
・ご利用料金のお支払実績が確認できること
・契約者ご本人の購入履歴がある機種であること
・端末購入日から6か月以上経過していること
・すでにドコモを解約済の方は、解約日から3か月以内であること

端末購入日から6か月以上経過していること・・についての補足

対象回線におけるSIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過している場合は、端末購入日から6か月経過していない場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。

 

2015年5月以降に発売された手続き方法と解除料

パソコン(My docomo)、電話、ドコモショップにて、手続きを行うことができます。

 

2011年4月~2015年4月に発売された機種の手続き

ドコモショップにて、手続きを行うことができます。

 

auのSIMロック解除手続き

SIMロック解除

auのSIMロック解除の手続きについては、以下になります。

受付条件

・2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能であること
・2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」もSIMロック解除の対象
・機種購入日から181日目以降である (ご購入日当日を1日目とする)
・ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと

 

ソフトバンクの場合

SIMロック解除

ソフトバンクのSIMロック解除の手続きについては、以下になります。

受付条件

My SoftBank(オンライン)またはソフトバンクショップにて受付

 

SIMロック解除(My Softbankでの解除キー発行を含む)後は、以下の制限があります。

SIMロック解除後の制限

・SIMロックがかかった状態に戻すことはできません
・解除手数料の返金はできません

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

・SIMカードとは
・SIMロックとは
・SIMロック解除

 

SIMロックという言葉自体があまり馴染みがないものなので、難しいイメージがあったかもしれません。

ですが、SIMロックは難しいものでもなく、単純にスマートフォンで使われているSIMカードにロックをかけることを言います。

SIMロックをかける理由は、ご説明した通り、スマートフォン本体だけを購入して、別のキャリアのスマートフォンへの変更をできなくするのが目的でした。

 

楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイル(Y!mobile)、mineo(マイネオ)などの格安スマホが普及してきた現在では、SIMロック解除は必須の知識です。

わたしは、ドコモから楽天モバイルに変更したおかげで、毎月の通信料がものすごく安くなりました。

格安スマホの楽天モバイルに変更したおかげで、毎月なんと約5,000円!の節約に成功しました。

 

SIMロック解除の理解ができたついでに、格安スマホについて検討してみてはいかがでしょうか。

わたしが、格安スマホの楽天モバイルに変更した際の詳細については、別の記事で書いていますので、よろしければ、こちらもご覧ください。

格安スマホに変更したら毎月5,000円安くなった件【楽天モバイル】

 

本記事では、SIMロック解除のメリットと解除方法について解説しました。