ブログ運営 > WordPress初心者が絶対にやってはいけないこと【対策あり】
WordPress初心者が絶対にやってはいけないこと【対策あり】

WordPress初心者が絶対にやってはいけないこと【対策あり】


WordPressを使ってWebサイトを運営している方は多いと思いますが、特に初心者の方には注意しないといけないポイントがいくつかあります。

注意事項を頭に入れておかないと、最悪な場合、WordPressのサイトを壊してしまうリスクもあります。

 

「WordPressをはじめたけど、注意事項が知りたい。」

「WordPressをいろいろカスタマイズしたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、WordPressで初心者が絶対にやってはいけないこと【対策あり】について解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

WordPressの注意事項

WordPressでブログやサイトを運営している方はとても多いと思います。

有料ブログであるWordPressをお使いということは本格的にブログやサイトを運用していこうという方だと思います。

WordPressを選んだ理由として「無料ブログとは違い、WordPressであればカスタマイズが自由だから」という理由で選ばれた方も多いのではないでしょうか。

 

確かにWordPressは自由にカスタマイズができますし、カスタマイズができるプラグインは豊富にあります。

HTMLやCSSの知識があれば、さらに自由にWordPressをお好みにカスタマイズすることも可能です。

 

ですが、カスタマイズが自由ではあるのですが、知っておいて欲しい注意事項があります。

これを知っておかないと、後で取り返しがつかないことにもなりかねません。

 

みなさんの大切なブログ&サイトです。

これからご説明することは忘れずに必ず守ってWordPressを運用していただければと思います。

 

それでは、WordPressで初心者が絶対にやってはいけないこと【対策あり】について解説します。

 

テーマのインストール&削除には注意が必要

WordPressをインストールして最初にやることはデザインのテーマを決めることだと思います。

ブログ&サイトの顔になるものですから、納得のいく気に入ったデザインにしたいと考えますよね。

 

最初からテーマが決まっている方は問題ありませんが、そうでない場合、数あるテーマからいろいろ試しながら、気に入るテーマを選ぶと思います。

テーマは後で変更することも可能であるため、記事を書き始め、プラグインをいくつか入れてからテーマを変更をする場合もあるかと思います。

 

そこで、注意が必要なことは、テーマのインストール&削除を繰り返し行うことです。

 

実際に起きたこと

実際にわたしが経験したことをお話します。

 

記事を数記事書き、プラグインもいくつか入れた後に、テーマを変えたくなり、テーマをいくつもインストール&削除していた時のことです。

 

いきなり、WordPressが開かなくなりました。

 

WordPressのログイン画面のURLを入力しても、表示されるのは、PHPファイルでエラーが発生している意味不明なものが表示されるだけ。

 

結局解決策もなく、サーバーにWordPressを再インストールするしかありませんでした。

 

エラーになった原因

エラーになった直接的な原因はわかりません。

 

プラグインの相性、テーマの相性、不具合のあるテーマをインストールし削除した際にゴミが残ってしまったなど。

再現性がないため、原因はわかりません。

 

ただひとつ言えることは、テーマを繰り返しインストール&削除していた際に、発生したという事実です。

 

スポンサードサーチ

WordPressを壊さないための対策

WordPressを壊さないための対策はひとつです。

 

テーマをインストールするとき、削除するとき。

プラグインをインストールするとき、削除するとき。

上記のことを行う際は、必ずバックアップをしてから実施するようにしてください。

 

バックアップといっても、ブログ初心者の方は何をしていいか、まだわからないかもしれません。

WordPressでできるバックアップは大きく分けて、2種類あります。

簡易的なバックアップと本格的なバックアップです。

 

簡易的なバックアップ

WordPressのデフォルトの機能で行うことができます。

記事やプラグインの情報をバックアップすることができます。

 

本格的なバックアップ

WordPressのプラグインで行うことができます。

WordPressで記事を更新すると、実は履歴が残ります。

履歴を使えば、現在の記事と以前の記事の比較などを行うことができます。

ただし、この履歴の情報は、WordPressではなくサーバーに保存されています。

エックスサーバーなどのサーバーにあるデータベースに保存されています。

エックスサーバー をお使いの場合、「MySQL」の設定を行ったと思いますが、MySQL=データベースのことです。

本格的なバックアップでは、こういった履歴や記事、プラグインなど、つまり全ての情報をバックアップすることを指しています。

 

ここでは、簡易的なバックアップの方法について、ご説明します。

 

WordPressでできる簡易的なバックアップ

WordPressの簡易的なバックアップは、簡単に行うことができます。

以下の手順通りに行えば、問題ありません。

WordPressのエクスポート

ツール > エクスポート > エクスポートする内容を選択 > すべてのコンテンツを選択

選択したら「エクスポートファイルをダウンロード」してください。

 

ご自身のパソコンのダウンロードフォルダに、WordPressエクスポートファイルが出力されます。

このファイルの中には、すべての投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグ、ナビゲーションメニュー、カスタム投稿があります。

 

WordPressのインポート

ツール > インポート > WordPress > 今すぐインストールを選択

エクスポートしたファイルをインポートすれば、エクスポートファイルの状態に戻してくれます。

 

つまり、WordPressエクスポートファイルをバックアップしておけば、WordPressに問題が発生した場合に、WordPressエクスポートファイルの状態にWordPressを戻すことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

・テーマのインストール&削除には注意が必要
・WordPressを壊さないための対策

 

実際に起きたときには一瞬頭の中が真っ白になりました。

いろいろ調べましたが、再現性のないものなので解決策も見つかりませんでした。

 

WordPressを使い始めた最初の頃だったのでダメージは最小限でしたが、それでも精神的・時間的ダメージはありました。

 

これがもっと多くの記事を書いた後に発生していたら・・

立ち直れなくなります・・(涙)

 

みなさんはそうしたことにならないように、バックアップはこまめにするようにしましょう。

 

本記事のバックアップは簡易的なものです。

データベースの内容もバックアップする本格的なバックアップの方法については、別記事にまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください。

こちらのプラグインは、スケジュールを設定しての自動バックアップもできます。

>> WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】

 

本記事では、WordPressで初心者が絶対にやってはいけないこと【対策あり】について解説しました。