ブログ運営 > WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】
WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】

WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】


WordPressでサイトを運営している方は多いと思いますが、大事なサイトのバックアップをきちんとしているでしょうか。

バックアップはサイトを運営している方にとって、とても重要な作業です。

 

「WordPressのデータをバックアップしたい。」

「できれば自動的にバックアップしたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】を解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】

WordPressで大事なサイトを守ることは、サイト運営者にとって、とても重要な作業です。

 

不正アクセスによるサイトの乗っ取りやマルウェアによる被害など、サイトに被害が出た場合の対策として、バックアップは必要です。

また、ご自身でWordPressのテーマのカスタマイズでミスをして、ご自身でWordPressを壊してしまうことも考えれます。

そういった場合にもWordPressのデータをバックアップしておかなければ、データを戻すこともできません。

 

何かが起きてからでは遅いですよね。

そのために、多少面倒な作業ではありますが、WordPressのバックアップについてきちんとやり方をマスターしましょう。

きちんと理解できるようにわかりやすく画像入りで1から丁寧にわかりやすく解説します。

 

それでは、WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】を解説します。

 

特徴

BackWPUp

スケジュールを決めて、その時間に自動でバックアップしてくれる機能をもつプラグインです。

 

WordPressは、画像やプラグインはエックスサーバーなどのサーバー上に保存され、記事やWordPressの管理画面の情報はデータベースに保存されています。

データベースとはエックスサーバーを使っている方には馴染みがあるかもしれませんが、MySQLなどのことです。

 

BackWPUpは、サーバー上のデータとデータベースのデータの両方をバックアップすることができます。

 

スポンサードサーチ

インストール

プラグイン > 新規追加 > BackWPUpで検索 > 今すぐインストール

インストールが完了したら「有効化」してください。

BackWPUp

 

使い方

Table of Contents Plusの使い方はとても簡単です。

いくつかの初期設定をする項目があるのですが、画像付きで1から丁寧にわかりやすく解説するので安心してください。

以下の手順通りに作業をしていただければ、大丈夫です。

BackWPUp

BackWPUp > 新規ジョブを追加 を選択してください。

「ジョブ」とは作業のひとかたまりの単位のことです。

 

一般

BackWPUp

このジョブの名前

わかりやすい名前を自由に入力します。「○○ブログの定期1日バックアップ」など。

 

このジョブは

以下の3つにチェックを入れましょう。

・データベースのバックアップ
・ファイルのバックアップ
・インストール済みプラグイン一覧

 

アーカイブ名

初期設定のままでOKです。

 

BackWPUp

アーカイブ形式

・Zip             Windowsの方はこちらを選択
・Tar GZip   Macの方はこちらを選択

 

BackWPUp

バックアップファイルの保存方法

フォルダーへバックアップ にチェックを入れてください。

 

ログの送信先メールアドレス
メールの送信元
エラー

初期設定のままでOKです。

 

以上の入力が完了したら、「変更を保存」を押してください。

 

スケジュール

BackWPUp

ジョブの開始方法

「WordPress の cron」を選択してください。

「WordPress の cron」を選択すると下に「実行時間をスケジュール」が表示されます。

実行時間をスケジュールで、スケジュールの詳細を設定することができます。

毎月、毎週、毎日、それらの実行する時間などが設定できます。

 

BackWPUp

スケジューラーの種類

「基本」のままでOKです。

 

スケジューラー

画像の例は、毎日の深夜3時に設定した例です。

バックアップの頻度ですが、毎日何記事も書いている方であれば、毎日を設定。

週に数記事であれば、毎週を設定という感じでよいと思います。

時間はアクセスの少ない少ない深夜の時間にするとよいです。

 

以上の入力が完了したら、「変更を保存」を押してください。

 

DBバックアップ

BackWPUp

バックアップするテーブル

初期設定のままでOKです。

 

バックアップファイル名

初期設定のままでOKです。

 

バックアップファイルの圧縮

「GZip」を選択してください。

 

ファイル

初期設定のままでOKです。

 

プラグイン

初期設定のままでOKです。

 

宛先:フォルダー

初期設定のままでOKです。

 

以上で、「新規ジョブの追加」作業を終了です。

これで自動バックアップの設定作業は完了です。

 

続いて、登録したジョブの確認について、ご説明します。

 

ジョブの確認

BackWPUp

BackWPUp > ジョブ  を選択してください。

 

BackWPUp

以上のように表示されていれば、設定は正常に完了しています。

 

通常は、自動バックアップを設定しておけばよいのですが、手動でのバックアップも行うことができます。

いますぐバックアップをしたい場合は、「今すぐ実行」ボタンで手動のバックアップを実行できます。

 

続いて、ジョブの手動実行について、ご説明します。

 

ジョブの手動実行

BackWPUp > ジョブ  を選択してください。

BackWPUp

今すぐ実行」を押せば、登録したジョブを今すぐ実行することができます。

 

続いて、ジョブを実行してバックアップの結果を確認します。

 

バックアップの確認

BackWPUp

BackWPUp > バックアップ  を選択してください。

 

BackWPUp

バックアップを実行した後のバックアップファイルはここで確認できます。

ダウンロード」を押せば、バックアップファイルをご自身のパソコンにダウンロードすることができます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。

・特徴
・インストール
・使い方

 

大事なサイトを守る自動バックアップの方法を解説しました。

 

バックアップファイルはご自身のパソコンにダウンロードすることができます。

マルウィアなどによってWordPressの管理画面に入れなくなるようなことも考慮し、バックアップファイルを週一程度にご自身にパソコンにダウンロードしておくこともおすすめします。

 

本記事では、WordPressでデータをバックアップするプラグイン【BackWPUp】を解説しました。