ブログ運営 > WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】
WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】

WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】


WordPressの記事内でリンクを貼ることはありますよね。

おすすめの記事や商品紹介のページなどリンクを貼ることはあると思います。

リンクを貼った直後であれば問題はないですが、時間が経過するとリンク先のサイトが移動していたり、サイトが閉鎖されていたりといった理由で、リンク切れが発生することがあります。

ですが、このリンク切れを手作業でチェックしていくのは現実的ではありませんよね。

記事の数が多ければ多いほど手作業でのリンク切れのチェックは困難です。

 

「WordPressの記事内のリンク切れをチェックしたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】について解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】

記事内にURLのリンクを貼り付けることは多いですよね。

ただし、現在は存在するサイトでもサイトが閉鎖されたり、移動したりしてリンクが切れてしまう場合があります。

そうしたリンク切れを手作業で定期的にチェックするのは現実的には不可能です。

何しろ数が膨大にありますからね。

 

記事内のリンク切れのチェックにはBroken Link Checkerプラグインを使いましょう。

 

リンク切れのチェックだけに限りませんが、こんなことがしたい。あんなことがしたい。WordPressを使っていて思うことのほとんどがプラグインをインストールすれば簡単にできることばかりです。

このあたりがWordPressが支持される理由でもあります。

それでは、WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】について解説します。

 

特徴

Broken Link Checker

記事内のリンク切れのチェックを簡単に行うことができます。

 

驚くほど簡単です。

インストールして簡単な初期設定をするだけです。

Broken Link Checkerは、初期設定をしておけば、自動的にリンク切れをチェックして、リンク切れがある場合、WordPressの管理画面のダッシュボードやメールで通知してくれます。

使いやすさもあり、リンク切れをチェックするプラグインは、Broken Link Checkerを使うことをおすすめします。

 

スポンサードサーチ

インストール

プラグイン > 新規追加 > Broken Link Checkerで検索 > 今すぐインストール

インストールが完了したら「有効化」してください。

BrokenLinkChecker

 

使い方

Broken Link Checkerの使い方はとても簡単です。

簡単な初期設定を行うだけで簡単にリンク切れチェックを自動で行う行うことができます。

初期設定

以下の通り初期設定をしておけば、大丈夫です。

いくつかの設定項目があるのですが、画像付きで1から丁寧にわかりやすく解説しますので、手順通りに読みすすめていただくだけで設定は完了します。

 

BrokenLinkChecker

プラグイン > Broken Link Checkerの設定 を選択してください。

 

BrokenLinkChecker

一般

各リンクをチェック
24時間ごとにしてください。

メールで通知
新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取るにチェックを入れてください。メールの通知先を変更したい場合は、その下にあるメールアドレス入力欄にメールアドレスを入力してください。

 

BrokenLinkChecker

含まれるリンクを探す

含まれるリンクを探す
コメント、固定ページ、投稿にチェックを入れておけばよいと思います。

 

BrokenLinkChecker

投稿のステータス
公開済みにチェックにチェックを入れておけばよいと思います。

 

BrokenLinkChecker

チェックするリンクの種類

リンクの種類
HTML リンク、HTML 画像、プレーンテキストの URLにチェックを入れておけばよいと思います。

記事内にYouTubeの動画のリンクを貼っている場合は、埋め込まれた YouTube の動画にチェックを入れてください。

 

BrokenLinkChecker

プロトコル & API

リンクのチェック手段
基本的な HTTPにチェックを入れておけばよいと思います。

記事内にYouTubeの動画のリンクを貼っている場合は、YouTube APIにチェックを入れてください。

 

BrokenLinkChecker

高度な設定

初期値のままでよいと思います。

慣れてきたら設定できる内容を確認してみてください。

 

以上の入力が完了したら「変更を保存」ボタンを押してください。

これでBroken Link Checkerの設定は完了です。

続いて、リンク切れの確認方法について解説します。

 

リンク切れの確認

BrokenLinkChecker

BrokenLinkChecker

ツール > リンクエラー を選択してください。

リンク切れがある場合、ここでリンク切れの箇所を確認できます。

ダッシュボードやメールにも通知されるので、通知がきたら、すみやかに修正しましょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。

・特徴
・インストール
・使い方

 

リンク切れのチェックもプラグインを使えば簡単に行うことができます。

数あるリンクも、プラグインを使えば、自動で全てのリンク切れをチェックしてくれます。

WordPressのプラグインはほんとうに優秀な機能が揃っています。

 

難しいそうに見えることでも実はプラグインを使えば簡単にできてしまいます。

何かやりたいことがある場合は、まずはプラグインを調べてみましょう。

ほとんどのことがプラグインでできると思います。

 

本記事では、WordPressで記事内のリンク切れをチェックするプラグイン【Broken Link Checker】について解説しました。