ブログ運営 > WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】
WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】

WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】


Webサイトを見ていると、目次を作っているサイトがほとんどですよね。

目次がないサイトの方が珍しいかもしれません。

 

目次(見出し)は、Googleの評価基準のひとつにもなっているので、サイトを運営する上でもとても大事なパーツとなります。

目次があると記事の全体像もわかりますし、クリックするだけで、目的の記事までジャンプもできて、閲覧者のユーザービリティも上がります。

 

「WordPressで目次を作りたい。」

こういった方は、本記事の対象になります。

 

本記事では、WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】について解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】

いろいろなサイトを見ていると目次を作っているサイトを多く見かけますよね。

WordPressで記事を作成していると目次を作りたくなると思います。

 

「目次を作るのって難しいそうだな。」

「目次を作るのって面倒くさそうだな。」

と思われるかもしれません。

 

ですが、実際のところ、目次を作っているサイトはプラグインを使って自動で目次を作っているので一切の手間がかかっていません。

 

目次だけに限りませんが、サイトを見ていて作るのが難しいそうに見えるモノもほとんどがプラグインをインストールすればできることばかりです。

このあたりがWordPressが支持される理由でもあります。

 

それでは、WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】について解説します。

 

特徴

Table of Contents Plus

目次を自動で作ることができるプラグインです。

 

<h2>、<h3>、<h4>の見出しタグを作るとTable of Contents Plusが自動的にそれを読み取り、目次を作ってくれます。

ですので、目次を作成するのに必要なことは、見出しタグを作ることだけです。

 

注意事項があるとすれば、見出しタグの順番を間違えないことだけです。

例えば、<h2>タグの前に<h3>タグを作ると、Table of Contents Plusは正しく見出しタグを読み取れないため、目次は作成されません。

<h2>、<h3>、<h4>と順番をきちんと守って記事を作成しましょう。

 

スポンサードサーチ

インストール

プラグイン > 新規追加 > Table of Contents Plusで検索 > 今すぐインストール

インストールが完了したら「有効化」してください。

TableofContentsPlus

 

使い方

Table of Contents Plusの使い方はとても簡単です。

最初に簡単な初期設定をしておくだけです。

初期設定

画像付きで、1から丁寧にわかりやすく解説するので安心してください。

TableofContentsPlus

プラグイン > Table of Contents Plusの設定 を選択してください。

 

TableofContentsPlus

位置
「最初の見出しの前(デフォルト)」を選択。

表示条件
「2つ以上見出しがあるとき」を選択。

以下のコンテンツタイプを自動挿入
「post」を選択。

 

TableofContentsPlus

見出しテキスト
・目次の上にタイトルを表示にチェック
    目次のタイトルを入力できるので「目次」などと入力しましょう。
・ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可にチェック
    記事を見ている方が目次を閉じられるようにする設定です。

 

TableofContentsPlus

階層表示
チェック

番号振り
チェック

スムーズ・スクロール効果を有効化
アンカーリンクにジャンプではなくスクロールする
ここはお好みでチェックを入れてください。
チェックを入れると目次の項目を選択した際に、その目次までスクロールで移動します。

 

TableofContentsPlus

横幅
自動(デフォルト)

回り込み
なし(デフォルト)

文字サイズ
95%

特に変更しないで大丈夫です。

 

TableofContentsPlus

プレゼンテーション
お好きなデザインを選択してください。

 

TableofContentsPlus

上級者向け (hide)
特に設定しなくて大丈夫です。
慣れてきたら、あとで設定できる内容を確認してみてください。

 

あとは「設定を更新」ボタンを押すだけです。

これでWordPressで目次を自動で作ることができます。

記事を作成する際は、<h2>、<h3>、<h4>見出しタグを上手に使いましょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。

・特徴
・インストール
・使い方

 

目次を作っているサイトを見ると「手間をかけているな」と思われていたかもしれません。

でも実はどこのサイトもプラグインを使って手間をまったくかけずに目次を作っていることがほとんどです。

 

難しいそうに見えることでも実はプラグインを使えば簡単にできてしまいます。

何かやりたいことがある場合は、まずはプラグインを調べてみましょう。

ほとんどのことがプラグインでできると思います。

 

本記事では、WordPressで目次を作るプラグイン【Table of Contents Plus】について解説しました。