動画 > 【最新版】ディズニープラスはスター・ウォーズの映画・ドラマ・アニメが見放題!作品情報を徹底解説!
【最新版】ディズニープラスはスター・ウォーズの映画・ドラマ・アニメが見放題!作品情報を徹底解説!

【最新版】ディズニープラスはスター・ウォーズの映画・ドラマ・アニメが見放題!作品情報を徹底解説!


ディズニープラスのスター・ウォーズ作品をご紹介!

スター・ウォーズは映画だけではなく、ドラマ、アニメシリーズもあります。

映画を見たことがある方は多いと思いますが、ドラマ、アニメまで見ている方は少ないのではないのでしょうか。

本記事では、ディズニープラスのスター・ウォーズ映画、ドラマ、アニメについて、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描く。

ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービ。

侵略の危機に瀕した惑星ナブーから女王アミダラを救出したあと、砂漠の惑星タトゥイーンに不時着する。

ケタ外れに強いフォースを持つ奴隷の少年アナキンと出会う。

ポッドレースで勝利したアナキンは、自由を得て、ジェダイの騎士になるため、オビ=ワン・ケノービに弟子入りする。

その後、一行は惑星ナブーに帰還。

女王とアナキンは、侵略軍に立ち向かう。

一方、オビ=ワンとクワイ=ガンの前には、ダース・モールが立ちはだかる。

主な登場人物

アナキン・スカイウォーカー

アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダーの幼少期)

クワイ=ガン・ジン

クワイ=ガン・ジン(ジェダイ・マスター)

オビ=ワン・ケノービ

オビ=ワン・ケノービ(クワイの弟子、パダワン)

パドメ・アミダラ

パドメ・アミダラ(惑星ナブーの女王)

ダース・モール

ダース・モール(シス卿)

ジャー・ジャー・ピンクス

ジャー・ジャー・ピンクス(惑星ナブーの種族グンガン)

C-3P0

C-3PO(ドロイド)

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

惑星ナブーの戦いから10年後。

元ジェダイの反逆者ドゥークー伯爵が指揮する、分離主義勢力と共和国との間で緊張が高まっていた。

そんななか、惑星ナブーの元女王で元老院議員のパドメ・アミダラの命が狙われる事件が発生。

20歳のジェダイ見習い、アナキン・スカイウォーカーがアミダラの警護を命じられる。

アナキンはアミダラとやがて恋に落ちることになるが、同時に自身のダークサイドに目覚めていく。

やがて、アナキンとパドメ、そしてオビ=ワン・ケノービは、分離主義勢力陣営に捕まり、クローン戦争に巻き込まれていく。

主な登場人物

アナキン・スカイウォーカー

アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダーの青年期)

オビ=ワン・ケノービ

オビ=ワン・ケノービ(ジェダイの騎士)

メイス・ウィンドゥ(ジェダイ・マスター)

メイス・ウィンドゥ(ジェダイ・マスター)

ベイル・オーガナ

ベイル・オーガナ(元老院、惑星オルデラン出身)

パドメ・アミダラ

パドメ・アミダラ(元老院議員、惑星ナブーの元女王)

ダース・シディアス

ダース・シディアス(パルパティーン皇帝、シス卿、元老院、惑星ナブー出身)

ドゥークー伯爵

ドゥークー伯爵(シス卿、元ジェダイの反逆者

ジャンゴ・フェット

ジャンゴ・フェット(賞金稼ぎ)

クローン・トルーパー

クローン・トルーパー(兵士)

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

ダース・ベイダーの誕生を描くエピソード3!

旧3部作へと繋がる重要エピソード。

クローン大戦から数年後。

ジェダイ騎士団はクローン軍を率いて、各地で分離主義勢力と戦っていた。

そして狡猾なシス卿が 1000年にも渡ってくわだててきた陰謀により、共和国は崩壊し、銀河帝国が成立する。

ジェダイの英雄アナキン・スカイウォーカーは、ダークサイドに魅了され、ダース・ベイダーとなる。

ジェダイたちは次々と粛清され、オビ=ワン・ケノービとヨーダは、身を隠すことを余儀なくされる。

主な登場人物

アナキン・スカイウォーカー

アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)

オビ=ワン・ケノービ

オビ=ワン・ケノービ(ジェダイの騎士)

パドメ・アミダラ

パドメ・アミダラ(元老院議員、惑星ナブーの元女王)

ヨーダ

ヨーダ(ジェダイ・マスター、ジェダイ評議会のグランド・マスター)

メイス・ウィンドゥ

メイス・ウィンドゥ(ジェダイ・マスター)

グリーヴァス将軍

グリーヴァス将軍(分離主義勢力の戦略家、ジェダイハンター)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

記念すべきシリーズ第1作。

銀河帝国樹立から19年。

砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。

ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。

やがて宇宙海賊ハン・ソロら仲間とともに、レイア姫を救出し、帝国軍を壊滅するための戦いに身を投じる。

主な登場人物

ルーク・スカイウォーカー

ルーク・スカイウォーカー(ジェダイ、アナキンの息子)

オビ=ワン・ケノービ

オビ=ワン・ケノービ(ジェダイ・マスター)

レイア姫

レイア姫(パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘、ルークの妹)

ハン・ソロ

ハン・ソロ(宇宙海賊)

チューパッカ

チューパッカ(ハンの相棒)

C-3PO

C-3PO(ドロイド)

R2-D2

R2-D2(アストロメク・ドロイド)

ダース・ベイダー

ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)

ストームトルーパー

ストームトルーパー(帝国の兵士)

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

デス・スターを破壊された銀河帝国軍は反乱軍を執拗に追い続けていた。

反乱軍が氷の惑星ホスから撤退した後、ルークは惑星ダゴバに向かい、共和国が崩壊して以来身を隠していた、ジェダイ・マスターのヨーダのもとで修行することになる。

一方、ハン・ソロとレイア姫は惑星ベスピンのクラウド・シティへ流れ着く。

その頃、ダース・ベイダーは、ルークをダークサイドへ引き込むために、惑星ベスピンのクラウド・シティにおびきよせ、罠を仕掛ける。

■主な登場人物

ルーク・スカイウォーカー

ルーク・スカイウォーカー(ジェダイ、アナキンの息子)

レイア姫

レイア姫(パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘、ルークの妹)

ヨーダ

ヨーダ(ジェダイ・マスター)

ハン・ソロ

ハン・ソロ(宇宙海賊)

ランド・カルリジアン

ランド・カルリジアン(ハン・ソロの悪友、先代の船長)

モン・モスマ

モン・モスマ(銀河帝国の元老院、新共和国の初代国家元首)

ボバ・フェット

ボバ・フェット(賞金稼ぎ)

ダース・ベイダー

ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

壮大なる銀河戦争のクライマックスを迎える。

帝国軍がより強力な第2デス・スターの建造を進める中、反乱軍の艦隊は総力を結集し、その巨大な宇宙ステーションへの攻撃準備を計画していた。

一方、ルーク・スカイウォーカーは、ジャバ・ザ・ハットに捕らわれていたハン・ソロを救出。

その後、反乱軍は森の惑星エンドアで、イウォーク族と手を組む。

ダース・ベイダーは、ルークを暗黒面へ落とそうと目論むが、ルークは父の内に眠るジェダイの魂を呼び起こすため、ダース・ベイダーとの最後の戦いに臨む。

主な登場人物

ルーク・スカイウォーカー

ルーク・スカイウォーカー(ジェダイ、アナキンの息子)

レイア姫

レイア姫(パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘、ルークの妹)

ハン・ソロ

ハン・ソロ(宇宙海賊)

ウィケット・W・ウォリック

ウィケット・W・ウォリック(イウォーク族、反乱軍に加わる)

ジャバ・ザ・ハット

ジャバ・ザ・ハット(犯罪王)

ダース・ベイダー

ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)

ダース・シディアス

ダース・シディアス(パルパティーン皇帝、シス卿)

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

カイロ・レン率いる帝国軍の残党であるファースト・オーダーが台頭。

銀河は 、ルーク・スカイウォーカーの力を必要とするも、ルーク・は行方不明になっていた。

砂漠の惑星ジャクーで廃品を集める少女レイと、元ストームトルーパーの脱走兵フィンは、ハン・ソロやチューバッカと協力して、平和を取り戻す唯一の希望を探すことになる。

主な登場人物

レイ

レイ(本作の主人公)

ハン・ソロ

ハン・ソロ(元宇宙海賊、反乱軍の英雄)

レイア・オーガナ

レイア・オーガナ(反乱軍の女王、パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘、ルークの妹)

ポー・ダメロン

ポー・ダメロン(反乱軍の戦闘機中隊を率いる)

フィン

フィン(レイの仲間、元ファースト・オーダー)

マズ・カナタ

マズ・カナタ(惑星タッコダナで1000年以上生きてきた)

BB-8

BB-8(ドロイド)

カイロ・レン

カイロ・レン(ハン・ソロとレイア・オーガナの息子、スノークの弟子)

スノーク

スノーク(ファースト・オーダーの最高指導者)

ハックス

ハックス(ファースト・オーダーの将軍)

キャプテン・ファズマ

キャプテン・ファズマ(ファースト・オーダーのストームトルーパーを率いる)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

前作『フォースの覚醒』のその後を描く。

レイア将軍率いる反乱軍はファースト・オーダーの攻撃を受け、基地からの脱出を図る。

一方、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを探し出したレイは、ライトセーバーを渡して教えを請おうとするが、トラウマを抱えたルークは頑なにそれを拒む。

フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを受け継ごうとするカイロ・レン。

フォースの新たな謎と過去の衝撃的な真実を解き明かされる。

主な登場人物

レイ
レイ(ジェダイの弟子)

レイア・オーガナ

レイア・オーガナ(パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘、ルークの妹)

ポー・ダメロン

ポー・ダメロン(反乱軍の戦闘機中隊を率いる)

フィン

フィン(レイの仲間、元ファースト・オーダー)

BB-9E

BB-9E(ドロイド)

ルーク・スカイウォーカー

ルーク・スカイウォーカー(ジェダイ・マスター)

カイロ・レン

カイロ・レン(ハン・ソロとレイア・オーガナの息子、スノークの弟子)

スノーク

スノーク(ファースト・オーダーの最高指導者)

ハックス

ハックス(ファースト・オーダーの将軍)

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

エピソード9の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

死者の声が開いた!

銀河中に響き渡る復讐を誓う声。

その声の主は元皇帝パルパティーン。

将軍レイア・オーガナは情報収集を命じる。

ジェダイ最後の希望レイは、ファースト・オーダーとの最終決戦に備えていた。

一方、最高指導者カイロ・レンは、自らの銀河系支配への脅威を排除すべく、怒りを胸にパルパティーン皇帝の幻影を追うのだった。

主な登場人物

レイ

レイ(ジェダイ)

フィン

フィン(レイの仲間、元ファースト・オーダー)

ポー・ダメロン

ポー・ダメロン(反乱軍の戦闘機中隊を率いる)

チューイ

チューイ(チューパッカ)

レイア・オーガナ

レイア・オーガナ(パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘、ルークの妹)

C-3PO

C-3PO(ドロイド)

ルーク・スカイウォーカー

ルーク・スカイウォーカー(ジェダイ・マスター)

カイロ・レン

カイロ・レン(ダース・ベイダーの孫)

パルパティーン皇帝

パルパティーン皇帝(シス卿、元老院、惑星ナブー出身)

ハックス将軍

ハックス将軍(スパイ)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品第1弾。

壮大なスケールで描かれる「エピソード4 新たなる希望」の前日譚。

宇宙が帝国軍に制圧されようとしていた時、帝国軍の究極の破壊兵器“デス・スター”の完成が近づいていた。

反乱軍将校、キャシアン・アンドーから、父・ゲイレンがデス・スターの開発に関わっていたことを知らされた女戦士、ジン・アーソは、その完成を阻止するため、デス・スターの設計図を奪取するために立ち上がる。

主な登場人物

ジン・アーソ

ジン・アーソ(反乱軍の女戦士)

ゲイレン・アーソ

ゲイレン・アーソ(ジンの父)

キャシアン・アンドー

キャシアン・アンドー(反乱軍大尉)

ボーディー・ルック

ボーディー・ルック(反乱軍、元帝国軍パイロット)

チアルート・イムウェ

チアルート・イムウェ(反乱軍、目の見えない戦士)

ベイズ・マルバス

ベイズ・マルバス(反乱軍)

K-2SO

K-2SO(ドロイド)

グランドモフ・ターキン

グランドモフ・ターキン(パルパティーン最高議長)

オーソン・クレニック

オーソン・クレニック(帝国軍先進兵器研究部門の長官、かつてのゲイレンの友人)

スポンサードサーチ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ディズニープラス・スター・ウォーズ映画

元宇宙海賊で反乱軍の英雄のハン・ソロの過去を描いたスピンオフ作品。

惑星コレリアで生まれ育ったハンは、銀河帝国の暗黒支配を嫌い、自由を求めて幼馴染み・キーラと共に脱出しようとする。

しかし、失敗して2人は離れ離れに。

ハンはキーラを迎えるために帝国軍のパイロットを目指すが、帝国フライト・アカデミーを追放されてしまう。

やがてハン・ソロは、未来の副操縦士チューバッカ、さらに悪名高いギャンブラーのランド・カルリジアンと出会う。

主な登場人物

ハン・ソロ

ハン・ソロ(宇宙船ミレニアム・ファルコンの未来の船長)

キーラ

キーラ(ハンの幼馴染み)

ランド・カルリジアン

ランド・カルリジアン(宇宙船ミレニアム・ファルコンの先代の船長)

チューバッカ

チューバッカ

L3-37

L3-37(ドロイド)

ドライデン・ヴォス

ドライデン・ヴォス(クリムゾン・ドーンのボス)

エンフィス・ネスト

エンフィス・ネスト(クラウド=ライダーズのリーダー)

マンダロリアン

マンダロリアン

ディズニープラス・スター・ウォーズ海外ドラマ

「マンダロリアン」は、映画スター・ウォーズシリーズのドラマ化第1弾作品。

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』から5年後の舞台を描いています。

帝国が崩壊した後の物語。

銀河には中央政府が存在せず、始まったばかりの新共和国の法も銀河の辺境の星には届かない。

人々は自分の身は自分で守るしかなく、無法者たちは誰からも干渉されずに独自のルールで生きていた。

そんな時代にバウンティハンター(賞金稼ぎ)として生き、苦闘する一匹狼の凄腕ガンファイター、マンダロリアンが無法地帯と化した銀河系をさまよっていく。

主な登場人物

マンダロリアン

マンダロリアン(賞金稼ぎとして生きる一匹狼のガンファイター)

グリーフ・カルガ

グリーフ・カルガ(バウンティハンター・ギルドのリーダー)

キャラ・デューン

キャラ・デューン(元反乱軍ショック・トルーパー)

アグノート

アグノート(現地民)

IG-11

IG-11(ドロイド)

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ

ディズニープラス・スター・ウォーズアニメ

映画『スター・ウォーズ』の「エピソード2/クローンの攻撃」と「エピソード3/シスの復讐」の間の物語。

映画では、開戦と終戦しか描かれなかった「クローン戦争」を多数のエピソードで、じっくり描いていいる壮大な作品。

アナキン・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービ、ヨーダなど。

映画でおなじみのキャラクターはもちろん、アニメシリーズのオリジナルキャ ラクターもたくさん登場します。

映画では少ししか描かれなかったジェダイ・マスターたちの真の強さが明らかになります。

■主な登場人物
ヨーダ
アナキン・スカイウォーカー
オビ=ワン・ケノービ
キャプテン・レックス
アソーカ・タノ
メイス・ウィンドゥ
パドメ・アミダラ
C-3PO
ドゥークー伯爵
ダース・シディアス(パルパティーン最高議長)

スター・ウォーズ 反乱者たち

スター・ウォーズ 反乱者たち

ディズニープラス・スター・ウォーズアニメ

映画『スター・ウォーズ』の「エピソード4/新たなる希望」の5年前の物語。

少年エズラは、ジェダイ率いる5人のヒーローたちと出会い、銀河の自由を取り戻すために、帝国に立ち向かう。

戦いが続く中、エズラらの制圧に手を焼く帝国は、強力な援軍として、遂にシスを送り込んで いく。

そして、エズラに秘められたフォースが目覚めていく!

宇宙船ゴーストで数々の星をめぐり、ライトセーバーを手に戦うエズラと仲間たちは、帝国から銀河を救えるのか!

■主な登場人物
エズラ
エージェント・カラス
アレスコ司令官
グリント管理官
ケイナン
サビーヌ
スマール
ゼブ
ヘラ

スポンサードサーチ

スター・ウォーズ レジスタンス

スター・ウォーズ レジスタンス

ディズニープラス・スター・ウォーズアニメ

映画『スター・ウォーズ』の「フォースの覚醒」の直前が舞台。

主人公は、アニメシリーズのオリジナルキャラクター、カズーダ・ジオノ(カズ)。

脇を固めるのは、映画でおなじみのキャラクターたちです。

「最後のジェダイ」に登場するポー・ダメロンをはじめ、レイア・オーガナ将軍、キャプテ ン・ファズマ、ハックス将軍、カイロ・レンなどが登場します。

若きパイロットのカズは、ポー・ダメロン中佐に誘われて、レジスタンスに加わり、ファース ト・オーダーのスパイとして帝国の情報を探ることになる。

■主な登場人物
カズーダ・ジオノ
ジャレク・イェーガー
タム・リヴォーラ
トーラ・ドーザ
ニーク
ポー・ダメロン
BB-8

スター・ウォーズを簡単に解説

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
スター・ウォーズ クローン・ウォーズ

銀河の平和を、1000年以上に渡って維持してきた共和国。

共和国は、各惑星やグループの代表者によって構成される「元老院」によって政治的決定がなされる。

惑星ナブーのパルパティーン。

惑星オルデランのベイル・オーガナ。

彼らも元老院を務めていた。

「フォース」と呼ばれる力を信奉し、「ジェダイ・オーダー」は、平和と正義の使者として共和国に仕えていた。

フォースのライトサイドのジェダイ・オーダーは、ダークサイドのシスと対立関係。

共和国の反対組織のリーダーは、ドゥークー伯爵。

クワイ=ガン・ジン、オビ=ワン・ケノービ、少年アナキン・スカイウォーカーらによって、陰謀は阻止された。

黒幕はドゥークー伯爵と見られていたが、本当の首謀者は、銀河帝国の設立を目論むパルパティーン。

パルパティーンは、アナキン・スカイウォーカーをダークサイドに引き込むことに成功。

ジェダイ・オーダーを壊滅に追い込む。

そして、共和国を解体し、新たに銀河帝国を創設する。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
マンダロリアン

帝国の皇帝パルパティーンは、支配をさらに強固にする。

惑星を破壊できるレーザー砲を備えた兵器「デス・スター」の建造を進めていた。

帝国の創設に危機感を抱いたベイル・オーガナやモン・モスマは、密かに反乱同盟軍を組織した。

デス・スターの設計図入手に成功した反乱同盟軍は、ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、デス・スターの破壊に成功する。

デス・スターを破壊された帝国は、反乱同盟軍を追いたてる一方で、森の月エンドア上空に、第2デス・スターの建造を進めていた。

ルークとの一騎打ちに敗れたベイダーは、ルークを殺そうとした皇帝を、デス・スターの通気孔に投げ落とした。

レイア、ハン・ソロ、ランド・カルリジアンらを擁する反乱同盟軍は、第2デス・スターの破壊に成功する。

皇帝とベイダーを失った帝国。

銀河は再び平和を取り戻した。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
スター・ウォーズ レジスタンス

エンドアの戦いに勝利した反乱同盟軍は、新共和国を創設。

エンドアの戦いから1年後に勃発した惑星ジャクーでの激戦により、帝国軍は事実上消滅した。

レイア姫は、帝国の残党「ファースト・オーダー」の活動が拡大していることを憂慮し、私設軍隊「レジスタンス」を組織。

エンドアの戦いから約30年後、最高指導者スノーク率いるファースト・オーダーは、超兵器を備えたスターキラー基地を拠点として、新共和国の転覆を目論んでいた。

レジスタンスの拠点がある惑星ディカーを攻撃目標に据える中、レジスタンスはスターキラー基地を急襲。

レイやフィンたちが地上から破壊工作を行ない、ポー・ダメロンがとどめを刺した。

スノークを討ち取ったカイロ・レンは、レジスタンスの残党を惑星クレイトに追い詰め、かつての師であるルーク・スカイウォーカーと対峙する。

ハン・ソロ、ルーク、レイアを失いながらも、残されたレジスタンスの精鋭たちは、希望を捨てず、最終決戦の準備を進めていった。

スポンサードサーチ

ディズニープラスについて

ディズニープラスについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

「ディズニーデラックス」月額700円で動画が見放題!特徴・メリットを徹底解説【映画・ドラマ・アニメ・オリジナル番組はおすすめ作品満載】