動画 > FODアニメ『僕だけがいない街』あらすじ・ネタバレ・感想・評価(時間が巻き戻る「リバイバル」と18年前の事件の謎!おすすめ作品)
FODアニメ『僕だけがいない街』あらすじ・ネタバレ・感想・評価(時間が巻き戻る「リバイバル」と18年前の事件の謎!おすすめ作品)

FODアニメ『僕だけがいない街』あらすじ・ネタバレ・感想・評価(時間が巻き戻る「リバイバル」と18年前の事件の謎!おすすめ作品)


FOD(フジテレビオンデマンド)で配信しているアニメ『僕だけがいない街』のあらすじ・ネタバレ・感想・評価です。

『僕だけがいない街』は、ドラマ化、映画化もされている人気アニメです。

悪いことが起きる直前の時間に戻る「リバイバル」の能力を持つ主人公が、殺された母親を救うため”18年前のある事件”を防ぐために過去に戻ります。

スポンサードサーチ

あらすじ・ネタバレ

僕だけがいない街

売れない漫画家の藤沼悟。

藤沼は、悪いことが起こる直前になると時間が巻き戻る「リバイバル」の能力を持っています。

ある日、バイクを運転中に交通事故にあった藤沼。

実家から母親がお見舞いにやってきます。

元気になり母親と買い物にきたスーパーで、藤沼に「リバイバル」が起きます。

藤沼は、なぜ「リバイバル」が起きたのかがわかりませんでしたが、母親は女の子を連れ去ろうとする男を目撃します。

男は母親の視線に気づき、何もしないまま立ち去りますが、この時、男の顔を見た母親は、地元で起きた”18年前の誘拐事件”の犯人に気づきます。

別の日、母親は、藤沼の自宅で帰りを待っていると、何者かにいきなり刃物で刺されます。

自宅に戻り母親が刺されているのを発見する藤沼。

藤沼は犯人の工作により、母親殺しの犯人にされてしまいます。

逃げ出す藤沼。

警察から逃げていると、「リバイバル」が起き、昭和63年にタイムスリップします。

悪いことが起きる前の時間に戻る「リバイバル」。

通常は1〜5分程度の時間が戻ることが多かったが、このときの「リバイバル」で戻った時間は、”18年前の誘拐事件”が起きた数日前です。

誘拐事件を防ぐことが、母親の死を回避することにつながると認識した藤沼。

小学生時代に戻ってきた藤沼。

藤沼は、”18年前の誘拐事件”の被害者・雛月加代を守るため、行動を開始する。

感想・評価

僕だけがいない街

『僕だけがいない街』は、タイムスリップを題材としたミステリーアニメです。

全12話で、5時間程度で見ることができます。

冬の雪の降る18年前の小学生時代と現在とを何度か行き来します。

「リバイバル」の能力を持つ主人公の藤沼悟。

誘拐事件の被害者の雛月加代。

加代は母親から虐待を受けていたり、誘拐事件の被害者は他にもいたりと、さまざまな困難が待ち受けます。

犯人は賢い人間で、近所に住む23歳の青年を誘拐事件の犯人に仕立てます。

二転三転し、先の読めない展開に引き込まれます。

FODに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめのアニメです。

スポンサードサーチ

FODのおすすめ作品

FOD(フジテレビオンデマンド)のおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

「FOD」オリジナル作品が優秀!独占配信も見逃せない!おすすめ作品を厳選して紹介!

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!