ガジェット > クロームキャストの使い方を徹底解説!【動画アプリをテレビで視聴できるデバイス】(Chromecast)
クロームキャストの使い方を徹底解説!【動画アプリをテレビで視聴できるデバイス】(Chromecast)

クロームキャストの使い方を徹底解説!【動画アプリをテレビで視聴できるデバイス】(Chromecast)


Chromecast(クロームキャスト)は、スマホアプリの画面をテレビに映すことができるデバイスです。

Google製品です。

スマホアプリだけではなく、タブレットやパソコンのChromeブラウザの画面もChromecastの対象です。

Hulu、Netflix、プライムビデオ、YouTube、DAZN、U-NEXT、dTV、Paravi、GYAOなどの人気の動画アプリに対応しているため、Chromecastがあれば、動画をテレビの大画面で楽しむことができます。

テレビで動画が観たい。

Chromecastの使い方が知りたい。

こういった方は、本記事の対象になります。

本記事では、Chromecastのセットアップ、使い方・対応アプリについてわかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

重さ・大きさ・形状

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)の大きさは、手のひらサイズです。

Chromecastをテレビと電源につなぐ必要があります。

片方はテレビのHDMIに接続するためのHDMIプラグ、もう片方は電源につなぐための電源プラグになっています。

電源ケーブルは、1.5M程度あります。

Chromecastのセットアップについては後述しますが、使い方はとても簡単です。

Chromecastをテレビと電源につないで、「Google Home」アプリで簡単な初期設定をするだけで、すぐに使えるようになります。

スマホアプリ・タブレットアプリ・Chromeブラウザをテレビに映す

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)は、スマホアプリ、タブレットアプリ、パソコンのChromeブラウザの画面を、テレビに映すこと(ミラーリング)ができます。

つまり、Chromecastがあれば、自宅のテレビがスマートテレビに早変わりします。

ミラーリングとは

ミラーリングとは、ある画面の表示を別の画面に同じものを表示する技術のことです。

Chromecastでは、このミラーリングのことを「キャスト」と呼んでいます。

そのため、Chromecastの商品説明などには、この「キャスト」という言葉がよく出てきます。

言葉だけは覚えておいてください。

スマホアプリをテレビにキャストしている間も、通常どおり、スマホを使用することができるので、テレビで動画を観ながら、スマホでほかのことができます。

たとえば、HuluやNetflixで海外ドラマを見ながら、スマホで調べものなんかもできてしまいます。

テレビを観ながらスマホをいじっている方は多いと思いますが、Chromecastがあれば、動画配信アプリをテレビで楽しみながら、スマホでほかのことも楽しむことができます。

スポンサードサーチ

対応アプリ

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)は、さまざまなアプリに対応しています。

ChromecastはGoogle製品ですが、Androidアプリだけではなく、iPhoneアプリにも対応しています。

そのため、みなさんが普段お使いのアプリもきっとChromecastに対応しているはずです。

たとえば、Chromecastは、Hulu、Netflix、プライムビデオ、dTV、U-NEXT、Paravi、ビデオパス 、AbemaTV、YouTube、DAZN、ニコニコ動画、AWA、Spotifyなどのアプリに対応しています。

ここでは、Chromecast対応アプリの一部をご紹介します。

現在未対応のアプリも今後対応する可能性もあります。

主要なアプリが追加された場合、随時当記事も更新していきます。

 

Chromecastの対応アプリ(動画)

・Netflix
・Hulu
・プライムビデオ
・YouTube
・DAZN
・Paravi(パラビ)
・U-NEXT
・FOD
・ディズニーシアター
・ビデオパス
・dTV
・dアニメストア
・アニメ放題
・TED
・AbemaTV
・NHK WORLD TV
・FRESH LIVE
・GYAO!
・Rakuten TV
・Google Play ムービー
・WOWOWメンバーズオンデマンド
・music.jp 動画
・クランクイン!ビデオ
・バンダイチャンネル
・エムキャス
・ビデオマーケット
・DMM動画プレイヤー

有名な動画配信サービスは、ほぼ使えると思って間違いありません。

映画やドラマをテレビの大画面で見るのはすばらしい体験なので、ぜひChromecastを使ってみてください。

Chromecastの対応アプリ(音楽)

・うたパス
・Spotify
・AWA

わたし個人としては、音楽アプリをテレビで観ることはないのですが、ミュージックビデオをテレビで観たいときには、便利だと思います。

Chromecastの対応アプリ(その他)

・Chrome ブラウザ(パソコン)
・Googleフォト
・Facebook

この中で注目すべきは、Chromeブラウザ(パソコン)です。

わたしは、Chromeブラウザが対応していることを最初は見落としていました。

かなりすごい機能なのに、Googleは宣伝しなさすぎです(笑)

便利機能すぎてわたしは衝撃を受けました。

Chromecastを使えば、自分がパソコンで見ているWebサイトなどを家族や友人にも、パソコンの前にいながら、見せてあげることもできます。

プライベートでも仕事でも、使い道はけっこうあるのではないでしょうか。

ただし、残念ながらスマホのChromeブラウザには対応していません。

セットアップ

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)のセットアップは、とても簡単です。

たったの数ステップで、すぐにセットアップは完了します。

Chromecastのセットアップは、以下のような流れになります。

Chromecastのセットアップ

1. ChromecastのHDMIプラグを、テレビのHDMI端子に接続
2. Chromecastの電源プラグを、コンセントに接続
3. スマホアプリの「Google Home」をインストール
4. Google Homeを起動し、Googleアカウントでログイン
5. Google Homeから、お使いのスマホとChromecastを紐付け

以上で、Chromecastのセットアップは完了です。

以降で、Chromecast対応の動画配信アプリを使い、実際の使い方について解説します。

 

スポンサードサーチ

使い方

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)対応のアプリであれば、ボタンひとつで、アプリの画面をテレビに映すことができます。

スマホアプリもタブレットアプリも同じ使い方です。

パソコンのChromeブラウザには、「キャスト」という項目があります。

ブラウザの場合は「キャスト」ボタンを押すことで、パソコンの画面をテレビに映すことができます。

Chromecastがあれば、スマホもタブレットもパソコンも、テレビの大画面で楽しむことができます。

テレビ画面をHDMI用の画面に切り替える

Chromecast(クロームキャスト)を接続しているHDMIに、テレビの画面を切り替えます。

お使いのテレビによっては、HDMI端子が1つだけではなく、2つ以上ついている場合があります。

わたしが使っているテレビは、HDMI端子が2つあるので、テレビのメニューには、HDMI1、HDMI2と2つが表示されます。

「Chromecastマーク」ボタン

以下は、Chromecastのセットアップ後に、Netflixを起動した画面です。

Netflixアプリの画面に「Chromecastマーク」が表示されてます。(画像の右下)

Chromecast(クロームキャスト)

あとは「Chromecastマーク」をタップするだけです。

「Chromecastマーク」をタップするとテレビとのミラーリングが始まり、あっという間に、テレビの画面にスマホのNetflixの画面が表示されます。

スマホがリモコン代わり

スマホから、動画配信アプリを操作できるので、再生・停止・早送り・巻き戻し、ボリュームの調整から、英語字幕などの操作も行うことができます。

Chromecastを使って動画アプリをテレビに映している間は、お手持ちのスマホがリモコンになります。

もちろん、テレビで動画を楽しんでいる間も、スマホを通常通り使うことができるので、動画をテレビで観ながら、スマホでネットサーフィンもできます。

Chromecastは、ほんとうに便利で画期的なガジェットです。

みなさんにも、ぜひご自宅でこの感動を味わっていただきたいですね。

商品ラインナップ

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)の製品は、2種類あります。

Chromecastの商品ラインナップ

・Chromecast(クロームキャスト)
・Chromecast Ultra(クロームキャスト ウルトラ)

Chromecastは、通常のテレビに対応した商品です。

Chromecast Ultraは、4K対応テレビに対応した商品です。

見た目は同じです。

Chromecast(クロームキャスト)

わたしが持っているのは、Chromecastです。

自宅のテレビが4K対応ではないので、こちらを使っています。

テレビを4K対応のものに買い換えた際には、Chromecast Ultraを購入するつもりです。

Chromecast Ultra(クロームキャスト ウルトラ)

価格は約2倍ですが、4Kテレビに対応しています。

その他の機能や使い方は、Chromecastと同じです。

Chromecast Ultraは、お使いのテレビが4K 対応ではない場合、コンテンツを自動的に最適化してくれます。

そのため、4K対応のテレビでなくても、使うことはできます。

ですが、それではChromecast Ultraの意味がないので、お持ちのテレビが4K対応でない場合、Chromecast Ultraではなく、Chromecastを購入しましょう。

わざわざ高いほうを購入する必要はありません。

スポンサードサーチ

認知度

この記事を読んでいただいているということは、Chromecastをお使いではないと思うのですが、わたしの周りの人もChromecastの話をしても「何それ?」っていうひとがけっこういるんですよね。

わたしは毎日、Chromecastのお世話になっているので、Chromecastを使っていない人を見ると「もったいない!」と思ってしまいます。

こんなに便利なガジェットなのに、意外と認知度が低いんです。

そういえば、テレビCMなども見ることはないですよね。

とても便利なガジェットであるにもかかわらず、Chromecastを使っている人は、まだまだ少ないというのがわたしの印象です。

Chromecastがあれば、自宅の動画ライフが激変します。

Chromecastを教えてあげた友人は「もっと早く買っておけばよかった!」とみんなが口を揃えて言います。

Chromecastは、動画ライフが今よりもっと楽しく・快適になる手助けをしてくれる、超すぐれものアイテムです。

動画配信サービス

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecast(クロームキャスト)を使う目的は、動画をテレビで観るためだと思います。

ドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組が大好きなわたしは、Hulu、Netflix、プライムビデオ、U-NEXT、dTV、FOD、Paravi、ディズニーシアター、ビデオパスに加入しています。

毎日これらの動画配信サービスで、海外ドラマや国内ドラマ、映画、アニメ、バラエティ番組を楽しんでいます。

また、サッカーが好きなわたしは、スポーツ中継の動画配信サービスであるDAZNに加入し、Jリーグや海外サッカーを楽しんでいます。

ドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組を観るなら

動画配信サービスについては、別記事でも書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

おすすめの動画配信サービスを徹底比較【料金・コンテンツ・機能別】

 

サッカーなどスポーツ中継を観るなら

DAZNについては、別記事でも書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

DAZNの料金・使い方・決済方法を解説【見逃し配信&ハイライト機能で何試合でも視聴が可能】

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。

Chromecast(クロームキャスト)は、動画アプリ、写真アプリ、音楽アプリ、ノートパソコンのChromeブラウザに対応しています。

わたしのChromecastの使い方は、主にHulu、Netflix、プライムビデオ、U-NEXT、dTV、Paravi、ディズニーシアター、DAZN、YouTubeをテレビで観ることです。

スマホの小さい画面で観るより、テレビの大画面で動画を観るのはひと味違います。

Chromecastを使っていると、テレビの前から離れられなくなります(笑)

みなさんにも、ぜひChromecastのある生活を体験していただきたいですね。

きっとChromecastの素晴らしさを実感していただけると思います。

本記事では、Chromecast(クロームキャスト)の使い方・特徴・おすすめポイントについて解説しました。