動画 > 『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(天才チェス少女の成長ドラマ!Netflixネットフリックス)
『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(天才チェス少女の成長ドラマ!Netflixネットフリックス)

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(天才チェス少女の成長ドラマ!Netflixネットフリックス)


『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

児童養護施設で育った天才チェス少女を描いたヒューマンドラマ。

男社会のチェスの世界で、女のベスがスターダムに駆け上っていく姿を描く。

本記事では、Netflix(ネットフリックス)のおすすめ海外ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

1950年代の児童養護施設で、人並外れたチェスの才能を開花させた少女ベス。

ベスは施設で毎日飲まされた精神安定剤の依存症に苦しみながら、想像もしていなかった華やかなスターへの階段を駆け上っていく。

ネタバレ・見どころ

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

エリザベス・ハーモン(ベス)。児童養護施設で育った天才チェス少女。

アリス・ハーモン。ベスの母親。

ポール・ハーモン。ベスの父親。

ディアドルフ。児童養護施設の先生。

ロンズデール。児童養護施設の先生。

ファーガソン。児童養護施設の先生。

ジョリーン。児童養護施設の不良少女。

シャイベル。児童養護施設の用務員。ベスのチェスの師匠。

ガンツ。チェスクラブの会員。ダンカン高校のチェス部の顧問。

オールストン・ウィートリー。ベスの養父。

アルマ・ウィートリー。ベスの養母。

タウンズ。チェス大会でベスと出会う。記者。

ベルティック。チェスの州チャンピオン。

ベニー・ワッツ。チェスの全米チャンピオン。

マイク。マットと双子。ベスの高校の同級生。チェス部。

マット。マイクと双子。ベスの高校の同級生。チェス部。

ボルゴフ。チェスの世界チャンピオン。ロシア人。

エリザベス・ハーモン

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

ベスことエリザベス・ハーモン。

9歳の時に交通事故で母親を亡くした。父親はいない。

その後、21人の女の子が暮らす養護施設に入所することになる。

施設では良い子にして、ディアドーフ先生に気に入られないと、誰かの養子となり施設を出ていくことはできない。

一方、孤児たちは、精神安定剤を毎日飲まされている。

ベスは次第に、薬の依存症になってしまう。

チェスとの出会い

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

ベスは養護施設の職員シャイベルがチェスをやっているのを目撃する。

何度もチェスを見ていたベスは、ルールを独学で覚え、シャイベルとチェスの対戦をするようになる。

シャイベルから、毎日さまざまな戦術を教え込まれたベスは、めきめきと腕を上げチェスに夢中になっていく。

想像を超えるスピードでチェスの力をつけたベスは、ダンカン高校でチェス部の顧問をしていて、チェスクラブの会員でもあるガンツを手玉にとる。

養子

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

10代になったベスは、オールストンとアルマ夫妻の養子となる。

オールストンは冷たい感じの男で、仕事が忙しく、頻繁に出張して家を空けていた。

ベスは通い始めたフェアフィールド高校では浮いた存在で、いじめを受ける。

そんなベスだったが、チェスへの情熱は増すばかりだった。

チェスの名人(グランドマスター)で故人のホセ・カパブランカの伝記を図書館で見つけて読みふける。

チェス大会

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

ベスはヘンリー・クレイ高校で開催される州のチェス大会の存在を知る。

参加費の5ドルがないベスは、シャイベルに助けを求める。

「優勝賞金は100ドル。2位は50ドル。」

「5ドルください。10ドルにして返す。」

シャイベルから5ドルをもらったベスは、チェス大会に出場する。

チェスの実力の評価であるレートを持たないベスは、有力者が参加するオープン部門に出場することにする。

タウンズ、サイズモアといった有力者から勝利し、州チャンピオンのベルティックからも勝利する。

ケンタッキー州チャンピオンとなり、賞金100ドルを獲得。

地元新聞でも取り上げられるぐらいの衝撃を与える。

その後もベスの快進撃は続く。

養母アルマとシンシナティを訪れ、そこで開催されたチェス大会では、ルドルフ名人(グランドマスター)を倒し、優勝賞金500ドルを獲得する。

ベスは、マスコミに注目される慌ただしい時間を過ごすようになる。

養母アルマは夫オールストンと別れ、お金に困っていた。

アルマはベスの代理人となり、ベスから手数料10%を受け取る関係になり、ベスを金づるとして扱うようになる。

天才ベニー・ワッツ

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

ラスベガスで開催された全米オープン大会に出場したベス。

大会には、全米チャンピオンで国際タイトルも保持している天才ベニー・ワッツも参加していた。

ベニーはケンタッキーで行われたベスとベルティックの対局を雑誌で読んだだけで、ベスの弱点を見抜くほどの実力者だった。

ベニーと対戦したベスは、ベニーに敗れてしまう。

世界チャンピオン

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

メキシコシティでロシア人の世界チャンピオンのボルゴフと対戦するベス。

ロシアはアメリカを超えるチェス大国。

世界大会では20年以上、アメリカ人はロシア人に勝っていない。

弱点がないボルゴフに、ベスは敗れてしまう。

翌日の明朝、養母アルマはアルコールが原因と思われる肝炎で亡くなってしまう。

ベルティック

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

かつてケンタッキー州の大会で対戦した州チャンピオンのベルティック。

メキシコシティから戻ったベスを、ベルティックが訪ねてくる。

ベルティックは、全国チェス選手権に向けたベスの練習相手になってくれる。

ベルティックは、ベスに恋心を抱いていて、歯を矯正したのもベスを訪ねたのも好きだったからだと告白する。

一夜を共にしていい感じの関係になるが、数日後、ベルティックは「電気技師を目指す。」と言って、ベスの家を出て行ってしまう。

再戦

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

ベスはベニー・ワッツとニューヨークで練習を積んだ後、パリでボルゴフと再び対局する。

だが、ベニーの友人の女性から連絡を受けたベスは誘いに乗り、バーに行きお酒を飲み、羽目を外してしまう。

二日酔いで対局にのぞむベス。

ベスは再び、ボルゴフに敗れてしまう。

しらふの状態でもボルゴフには勝てなかったと落ち込むベス。

ベスはこの頃から、お酒に依存するようになってしまう。

恩師の死

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

児童養護施設で一緒だったジョリーンから、シャイベルが亡くなったことを聞いたベス。

ベスはジョリーンと一緒に、シャイベルのお葬式に行く。

かつてシャイベルとチェスをした児童養護施設の地下室に行くと、ベスの活躍が書かれた記事が壁一面に貼られていた。

「10ドルを返し忘れた。」と言って笑うベス。

お葬式の帰り道、ベスは泣き崩れてしまう。

人生最大の対局

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

モスクワで開催される大会に招待されたベスは、モスクワへ行く。

格下に見られていたベスだったが、次々と対戦相手を粉砕する。

勝ち進むごとに注目度は増し、会場の内外には大勢のベスのファンが現れる。

そいてついに人生最大の対局、ボルゴフ戦が開始する。

熱線を繰り広げる対局は、中断を挟む。

中断の間、ベスは旧友である記者のタウンズの突然の訪問を受ける。

翌朝、ホテルにいるベスに、米国にいるチェス仲間のベニー・ワッツ、ベルティック、マイク、マットたちから電話がかかってくる。

ベニーたちは、みんなでボルゴフ戦の戦略を練っていた。

対局の様子を新聞で知ったベニーたちは、考えた戦術をベスにアドバイスする。

いよいよ最終決戦の時を迎える。

再開した対局は互角の戦いとなるが、ベスが勝利をおさめる。

女性の代表であり、米国の代表でもあるベスは、多くのファンを魅了する。

モスクワの街を歩くベスに、多くのファンが集まってくる。

公園でチェスをしていた老人とベスが対局を開始するところで、シーズン1がエンディングを迎える。

スポンサードサーチ

評価・感想

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

全7話。

ベストセラー小説が原作の天才チェス少女を描いたヒューマンドラマ。

幼くして母親を亡くし孤児となったベスは、養護施設で暮らすことになる。

施設でチェスと出会ったベスは、メキメキと腕を上げ、チェスの世界にのめり込んでいく。

少し変わった性格の少女ベスが、男社会のチェスの世界でスターダムに駆け上がっていく姿を描いたベスの成長ドラマ。

Netflixに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『クイーンズ・ギャンビット』シーズン1

キャスト・登場人物をご紹介します。

ベス・・・アニャ・テイラー=ジョイ

エリザベス・ハーモン(ベス)・・・アニャ・テイラー=ジョイ

小さい頃のベス・ハーモン・・・アイラ・ジョンストン

小さい頃のベス・・・アイラ・ジョンストン

シャイベル・・・ビル・キャンプ

シャイベル・・・ビル・キャンプ

ヘレン・ディアドルフ・・・クリスティアン・サイデル

ディアドルフ・・・クリスティアン・サイデル

ロンズデール・・・レベッカ・ルート

ロンズデール

ファーガソン

ファーガソン

ジョリーン・・・モーゼス・イングラム

ジョリーン・・・モーゼス・イングラム

オールストン・ウィートレイ・・・パトリック・ケネディ

オールストン・ウィートリー・・・パトリック・ケネディ

アルマ・ウィートリー・・・マリエル・ヘラー

アルマ・ウィートリー・・・マリエル・ヘラー

タウンズ・・・ジェイコブ・フォーチュン=ロイド

タウンズ・・・ジェイコブ・フォーチュン=ロイド

ハリー・ベルティック・・・ハリー・メリング

ハリー・ベルティック・・・ハリー・メリング

ベニー・ワッツ・・・トーマス・サングスター

ベニー・ワッツ・・・トーマス・サングスター

マイク・・・ラッセル・デニース・ルイス

マイク・・・ラッセル・デニース・ルイス

マット・・・マシュー・デニース・ルイス

マット・・・マシュー・デニース・ルイス

ヴァシリー・ボルゴフ・・・マルチン・ドロチンスキ

ボルゴフ・・・マルチン・ドロチンスキ

スポンサードサーチ

Netflixのおすすめ作品

Netflix(ネットフリックス)で絶賛配信中の作品の中から、おすすめ作品を厳選してご紹介します。

Netflixのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

Netflixオリジナル作品を次々配信!定番の海外ドラマもハズれなし!おすすめ作品を厳選して紹介【ドラマ・映画・バラエティ・アニメ】

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

スポンサードサーチ

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!