動画 > 『アウトランダー』シーズン2あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ジャコバイト軍VSイングランド軍!)
『アウトランダー』シーズン2あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ジャコバイト軍VSイングランド軍!)

『アウトランダー』シーズン2あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ジャコバイト軍VSイングランド軍!)


『アウトランダー』シーズン2を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

現代に戻ったクレアは、過去のジェイミーがどうなったのかが気になり文献で調べる。

一方、過去にいたクレアはジェイミーとフランスに渡り、カローデンの戦いを阻止しようと奮闘する。

本記事は、おすすめ海外ドラマ『アウトランダー』シーズン2について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『アウトランダー』シーズン2

『アウトランダー』シーズン2

目覚めたクレアは、1918年に戻ってきたと知って愕然とするが、再会した夫フランクと新たな未来を築いていくことにする。

一方の過去では、フランスにやってきたクレアとジェイミーはチャールズ・スチュアート王子が企てるジャコバイトの反乱を妨害し、カローデンの戦いを阻止しようと奮闘する。

待ち受ける未来を知るクレアとジェイミーは、ハイランドの暴動とその文化の終焉を阻止しようと必死に闘う。

ネタバレ・見どころ

『アウトランダー』シーズン2

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『アウトランダー』シーズン2

クレア・ビーチャム・ランダル。従軍看護師。(現代)

フランク・ランダル。クレアの夫。(現代)

ウェイクフィールド。牧師。(現代)

グレアム。ウェイクフィールドの家政婦。(現代)

ブリアナ・ランダル・フレイザー。クレアの娘。(現代)

ロジャー・ウェイクフィールド。牧師ウェイクフィールドの息子。(現代)

ジリアン・エドガーズ。(現代)

クレア・フレイザー。過去にタイムスリップしたクレア。

ジェイミー・マクタビッシュ(ジェイミー・フレイザー)。クレアの夫。スコットランドの戦士。

マータフ・フレイザー。ジェイミーの代父。

ジェニー・マーレイ。ジェイミーの姉。

イアン・マーレイ。ジェニーの夫。

ラヴァット・フレイザー。ジェイミーの祖父。

サイモン・フレイザー。ラヴァットの息子。

コラム・バン・キャンベル・マッケンジー。リアフ城の城主。ジェイミーのおじ。

リアリー・マッケンジー。フィッツギボンズの孫娘。

ドゥーガル・マッケンジー。コラムの弟。ジェイミーのおじ。戦闘隊長。

ルパート・マッケンジー。コラムとドゥーガルの従兄弟。

アンガス。ジェイミーの仲間。

ヒュー・マンロー。ジェイミーの友人。

ジャレド・フレイザー。ジェイミーのいとこ。

チャールズ・スチュワート。王子。ジャコバイトが主張するイングランド・スコットランドの王位継承者。

マリー。司令官。

ジェレミー・フォスター。イングランド軍中尉。

ルイ王

ジュール・ド・ロアン。侯爵。

ルイーズ・ド・ロアン。ジュール侯爵夫人。

メアリー・ホーキンズ。ランダルの妻になる女性。

デュヴェルネ。大蔵大臣。

サン・ジェルマン。伯爵。

アナリス。ジェイミーの友人。

マスター・レーモン。薬屋。

ファーガス。泥棒の少年。

マザー・イルデガルド。修道女。

サンドリンガム。イングランドの公爵。ランダルのパトロン。

ジョナサン・ランダル。通称“ブラック・ジャック”。イングランド軍大尉。

アレックス・ランダル。ランダルの弟。サンドリンガム公爵の秘書。

戻ってきたクレア

『アウトランダー』シーズン2

目を覚ますとクレアは、1948年4月に戻ってきていた。

行方不明になってから、3年が経過していた。

カローデンの戦いで、イングランドが勝利したことを知り、泣き崩れる。

クレアは、カローデンの戦いやジェイミー・フレイザーのことを文献で調べる。

一方、自分に起こったことを正直にフランクに話す。

クレアの突拍子もない話を聞くフランクだったが、ジェイミーの子どもを妊娠していることを知ると激しく動揺する。

クレアは過去に残してきた人生を胸に秘めながら、未来を向いて生きていこうと決める。

フランス

『アウトランダー』シーズン2

1745年、クレアはジェイミーとマータフと一緒に、フランスにやってくる。

クレアたちは、ジャコバイトの反乱を止めるために策を練る。

ジェイミーは、フランスにいるいとこのジャレドに助けを求める。

港にいた船員が天然痘で死亡するが、たまたま近くにいたクレアは船員が天然痘であることを皆に話す。

そのためサン・ジェルマン伯爵は、船と積荷を処分することになった。

クレアとジェイミーは、サン・ジェルマン伯爵に恨まれることになる。

チャールズ王子

『アウトランダー』シーズン2

ジャレドの手配で、ジェイミーとマータフは、チャールズ・スチュワート王子と会う。

チャールズ王子は、ジャコバイトを率いて反乱を企てることになる人物。

ジャコバイトが主張するイングランド・スコットランドの王位継承者。

ジェイミーたちは、チャールズ王子にジャコバイトの反乱をやめてもらいたい。

フランスの大蔵大臣デュヴェルネから資金を提供してもらうのが目的できていたが、お忍びできているため、ヴェルサイユ宮廷には入れない。

ジェイミーは、ブロッホ・トゥアラッフの領主なら、宮廷に向かい入れられると言われ、チャールズ王子の代わりに、デュヴェルネとの接触を試みる。

ジェイミーは、デュヴェルネ大蔵大臣とチャールズ王子との仲を取り持つことで、チャールズ王子に恩を売ろうとする。

ランダルとの再会

『アウトランダー』シーズン2

クレアたちは、サンドリンガム公爵と晩餐会で再会する。

サンドリンガムの秘書の男は、ランダルの弟アレックス・ランダルだった。

そしてアレックスから、ランダルが生きていることを教えられる。

晩餐会で起きた騒動で、サンドリンガムの秘書を解雇されたアレックスを心配して、ランダルがフランスにやってくる。

ジェイミーは、ランダルに決闘を申し込む。

歴史では、ランダルはメアリー・ホーキンズと結婚して、その子どもがクレアの夫フランクの祖先となる。

今ランダルに死なれると困るクレアは、ジェイミーに決闘を止めるようにお願いをする。

流産

『アウトランダー』シーズン2

ファーガスがランダルに犯されているところを助けたジェイミーは、怒りのあまりランダルに決闘を申し込む。

それを知ったクレアは止めに行くが、その際に体調が悪くなり、病院に運ばれるが娘を流産してしまう。

死んでしまったが、名前はフェイス・フレイザーと名付けられる。

決闘は禁止されているため、ジェイミーは逮捕されるが、クレアはルイ王を訪ねてジェイミーの釈放をお願いする。

釈放の条件として、黒魔術を操った罪で2人の男を裁くよう頼まれる。

男は、サン・ジェルマン伯爵とマスター・レーモンだった。

殺したくないクレアは、苦しむが死ぬことはない毒に見せかけた薬を飲み物に入れて、悪人であれば死ぬと言って、2人に飲ませる。

最初に飲んだレーモンは苦しむが死なず、サン・ジェルマンにコップを渡す際に、レーモンは毒を入れる。

毒を飲んだサン・ジェルマンは死に、レーモンは釈放される。

ルイ王はクレアを犯した後、ジェイミーを釈放する。

再びハイランド

『アウトランダー』シーズン2

フランスでできる限りのことをしたクレアとジェイミーは、スコットランドのハイランドに戻ってくる。(泥棒のファーガスも連れてきた。)

そんなジェイミーに驚きの手紙が届く。

スチュアート家の復位を支持するという内容の宣言書だった。

ハイランドのクランの首長たちが署名していた。

マッキノン、オリファント、マクドナルドなどのほかに、偽ったジェイミーの署名もあった。

このままでは、ジェイミーは反逆者になる。

クレアとジェイミーは、ジャコバイト勝利のために支援を取り付けようと、ジェイミーの祖父ラヴァット卿を訪ねる。

そこへリアフ城の城主コラムがやってきて、ラヴァットと中立同盟を結ぶ。

ラヴァットとコラムは、ジャコバイトに参加しないことが決定する。

ラヴァットの息子サイモンは、ジェイミーを支持してジェイミーについてくるが、ラヴァットの小作人もジェイミーの部下としてついてくる。

小作人がサイモンについてくるのは、ラヴァットの指示だった。

ラヴァットは、ジャコバイトが勝っても負けても、自分が損をしない状態を作り上げる。

訓練

『アウトランダー』シーズン2

マータフたちと合流したクレアとジェイミーは、ドゥーガルたちと再会を果たす。

ドゥーガルのほかに、ルパートとアンガスもいる。(ウィリーは結婚してアメリカに行ったため不在)

ジェイミーは、チャールズ王子を訪ねる前に小作人たちを兵士として鍛え上げることにする。

ジャコバイトVSイングランド

『アウトランダー』シーズン2

地元民に教えてもらった抜け道を使い、ジェイミーはジャコバイト軍を率いてイングランド軍に奇襲を仕掛ける。

ジェイミーたちは勝利するが、アンガスは死んでしまう。

ジャコバイト軍は、プレストンパンズの戦いの後、カーライルの砦とマンチェスターを制した。

それにもかかわらず、ローランドや北イングランドでは、期待したほど反乱に賛同する者は少なかった。

イングランド軍の体制がジャコバイト軍を上回るため、ジャコバイト軍はロンドンへの進軍を中止する。

その後、クレアとジェイミーたちは北へ向かうが、イングランド軍に見つかり捕まりそうになる。

クレアの機転でクレアが一般市民のフリをして、クレアだけイングランド軍に保護してもらう。

ほかの者は、クレアの証言でならず者ではないと証明され捕まらずにすむ。

サンドリンガムの最期

『アウトランダー』シーズン2

クレアがイングランド軍に連れて行かれた場所には、サンドリンガム公爵とメアリーがいた。

クレアはサンドリンガムが一緒にいた男の手の傷を見て、パリで襲われたときの犯人”仮面の集団(レ・ディシプル)”の男だと気づく。

パリで襲われたときクレアと一緒にいたメアリーは、犯されていた。

サンドリンガムは、サン・ジェルマン伯爵への借金の返済の代わりに、クレアを襲っていた。(サン・ジェルマン伯爵はクレアに恨みを持っていた。)

クレアの救出に、ジェイミーとマータフがやってくる。

マータフがサンドリンガムを殺し、メアリーがサンドリンガムの連れの男を殺す。

ランダルとメアリー

『アウトランダー』シーズン2

アレックス・ランダルが病に倒れ、クレアは看病する。

アレックスは、メアリーと生まれてくる子どものために、兄ランダルにメアリーと結婚してほしいとお願いする。

ランダルは、メアリーと結婚する。

カローデンの戦い間近

『アウトランダー』シーズン2

カローデンの戦いが近づく。

コラムは、ハミシュの後見人にジェイミーを指名した後に自殺する。

1746年4月16日、ランダルが死ぬはずの日。

クレアはチャールズ王子を毒殺しようとジェイミーに話すが、ドゥーガルに話を聞かれてしまい、怒り狂ったドゥーガルがジェイミーを襲ってるが、ジェイミーはドゥーガルを刺殺する。

クレアとジェイミーは、クレイグ・ナ・デューンに行く。

クレアは石に触れ、現代に戻る。

1968年

『アウトランダー』シーズン2

時代は1968年。

クレアは、牧師ウェイクフィールドの葬儀に出席し、息子のロジャー・ウェイクフィールドに会う。

ロジャーの本名は、ロジャvー・マッケンジーで、両親が亡くなった後、ウェイクフィールドに引き取られた。(ロジャーの祖先は、ドゥーガル・マッケンジーとゲイリス・ダンカンの子ども)

ウェイクフィールドの家政婦グレアムも亡くなっていたが、孫のフィオーナはこの辺りに住んでいた。

クレアの夫フランクも、すでに死んでいた。

クレアたちはアメリカのボストンで暮らしていたが、ロンドン滞在中にウェイクフィールドの訃報を聞き、スコットランドに来ていた。

グレアムとロジャーが大学に行くと、過去にタイムスリップする前のゲイリス・ダンカン(本名ジリアン・エドガーズ)が、スコットランドを支持する集会を開いていた。

クレアは過去に思いを馳せながら、娘のブリアナに出生の秘密を打ち明ける。

ブリアナは、クレアの話を信じない。

クレアはゲイリスがクレイグ・ナ・デューンに行くと知り、ブリアナとロジャーと一緒に行くが、目の前でゲイリスが石に吸い込まれるようにして消えるのを目撃する。

ロジャーは、父親のウェイクフィールドが調べたことをクレアに話す。

カローデンの戦いでジャコバイトは敗れたが、処刑された人物の名前に、ジェイミー・フレイザーの名前はなかった。

ジェイミーは、生き延びていた。

スポンサードサーチ

評価・感想

『アウトランダー』シーズン2

『アウトランダー』シーズン2

時空を超えて18世紀の戦時下を生きるクレアの運命を描くファンタジードラマのシーズン2。

シーズンの前半はクレアとジェイミーが移住したフランスが舞台。

シーズンの後半はスコットランドでのジャコバイト軍VSイングランド軍。

ジャコバイトの歴史を変えようとクレアとジェイミーは奮闘する。

現代に戻ったクレアも描かれる激動のシーズン2。

『アウトランダー』は、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

『アウトランダー』シーズン2

キャスト・登場人物をご紹介します。

クレア・ビーチャム・ランダル(クレア・フレイザー)・・・カトリーナ・バルフ

クレア・ビーチャム・ランダル(クレア・フレイザー)・・・カトリーナ・バルフ

フランク・ランダル・・・トビアス・メンジーズ

フランク・ランダル・・・トビアス・メンジーズ

ウェイクフィールド・・・ジェームス・フリート

ウェイクフィールド・・・ジェームス・フリート

グレアム・・・トレイシー・ウィルキンソン

グレアム・・・トレイシー・ウィルキンソン

ブリアナ・ランダル・フレイザー・・・ソフィー・スケルストン

ブリアナ・ランダル・フレイザー・・・ソフィー・スケルストン

ロジャー・ウェイクフィールド・・・リチャード・ランキン

ロジャー・ウェイクフィールド・・・リチャード・ランキン

ジリアン・エドガーズ・・・ロッテ・ファービーク

ジリアン・エドガーズ・・・ロッテ・ファービーク

ジェイミー・マクタビッシュ(ジェイミー・フレイザー)・・・サム・ヒューアン

ジェイミー・マクタビッシュ(ジェイミー・フレイザー)・・・サム・ヒューアン

マータフ・フレイザー・・・ダンカン・ラクロワ

マータフ・フレイザー・・・ダンカン・ラクロワ

ジェニー・フレイザー・・・ローラ・ドネリー

ジェニー・マーレイ・・・ローラ・ドネリー

イアン・マーレイ・・・スティーブン・クリー

イアン・マーレイ・・・スティーブン・クリー

ラヴァット・フレイザー・・・ロバート・カヴァナー

ラヴァット・フレイザー・・・ロバート・カヴァナー

サイモン・フレイザー・・・ジェームズ・パリス

サイモン・フレイザー・・・ジェームズ・パリス

コラム・バン・キャンベル・マッケンジー・・・ゲイリー・ルイス

コラム・バン・キャンベル・マッケンジー・・・ゲイリー・ルイス

リアリー・マッケンジー・・・ネル・ハドソン

リアリー・マッケンジー・・・ネル・ハドソン

ドゥーガル・マッケンジー・・・グレアム・マクタヴィッシュ

ドゥーガル・マッケンジー・・・グレアム・マクタヴィッシュ

ルパート・マッケンジー・・・グラント・オルーク

ルパート・マッケンジー・・・グラント・オルーク

アンガス・・・スティーヴン・ウォルターズ

アンガス・・・スティーヴン・ウォルターズ

ヒュー・マンロー・・・サイモン・ミーコック

ヒュー・マンロー・・・サイモン・ミーコック

ジャレド・フレイザー・・・ロバート・カヴァナー

ジャレド・フレイザー・・・ロバート・カヴァナー

チャールズ・エドワード・スチュワート・・・アンドリュー・ガワー

チャールズ・スチュワート・・・アンドリュー・ガワー

マリー・・・ジュリアン・ワダム

マリー・・・ジュリアン・ワダム

ジェレミー・フォスター・・・トム・ブリトニー

ジェレミー・フォスター・・・トム・ブリトニー

ルイ王

ルイ王

ジュール・ド・ロアン・・・ハワード・コアレット

ジュール・ド・ロアン・・・ハワード・コアレット

ルイーズ・ド・ロアン

ルイーズ・ド・ロアン

メアリー・ホーキンズ・・・ロジー・デイ

メアリー・ホーキンズ・・・ロジー・デイ

『アウトランダー』シーズン2

デュヴェルネ・・・マルク・デュレ

サン・ジェルマン・・・スタンリー・ウィーバー

サン・ジェルマン・・・スタンリー・ウィーバー

マスター・レーモン・・・ドミニク・ピノン

マスター・レーモン・・・ドミニク・ピノン

ファーガス・・・セザール・ドムボイ

ファーガス・・・ロマン・ベリュー

マザー・イルデガルド・・・フランシス・デ・ラ・トゥーア

マザー・イルデガルド・・・フランシス・デ・ラ・トゥーア

サンドリンガム・・・サイモン・キャロウ

サンドリンガム・・・サイモン・キャロウ

ジョナサン・“ブラック・ジャック”・ランダル・・・トビアス・メンジーズ

ジョナサン・ランダル(ブラック・ジャック)・・・トビアス・メンジーズ

アレックス・ランダル・・・ローレンス・ドビエシュ

アレックス・ランダル・・・ローレンス・ドビエシュ

スポンサードサーチ

シリーズをご紹介

『アウトランダー』の別シーズンについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

『アウトランダー』シーズン1についてはこちら

『アウトランダー』シーズン3についてはこちら

『アウトランダー』シーズン4についてはこちら

『アウトランダー』シーズン5についてはこちら

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

毎月数多くの海外ドラマを視聴している著者が自信を持っておすすめします。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

スポンサードサーチ

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!