動画 > 『湖へ』シーズン1あらすじ・ネタバレ(謎の感染症が人類を襲う!Netflixネットフリックス)
『湖へ』シーズン1あらすじ・ネタバレ(謎の感染症が人類を襲う!Netflixネットフリックス)

『湖へ』シーズン1あらすじ・ネタバレ(謎の感染症が人類を襲う!Netflixネットフリックス)


『湖へ』シーズン1を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

恐ろしい感染症が人類を襲うパニックサバイバルドラマ。

本記事では、Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ『湖へ』シーズン1について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『湖へ』シーズン1

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『湖へ』シーズン1

未知の感染症がモスクワに襲来し、平穏だった日常は崩壊する。

人類は、命、愛、そして人間としての尊厳を守るため、過酷なサバイバルに挑む。

ネタバレ・見どころ

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『湖へ』シーズン1

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『湖へ』シーズン1

セルゲイ

アーニャ。セルゲイの妻。

ミシャ。セルゲイの息子。

ボリス。セルゲイの父親。数学者。

ポリーナ。ミシャの友人。

レオニード。ポリーナの父親。

マリーナ。ポリーナの母親。

イラ。セルゲイの元妻。

アントン。イラとセルゲイの息子。

パベル。緊急隊員。

ニコライ。パベルの叔父。緊急隊員。

セミョーノヴァ。女医。

予備役将校。セミョーノヴァの知人。

感染症と隠蔽

『湖へ』シーズン1

モスクワで謎のウイルスによる感染症が発生する。

感染すると目が充血し、3〜4日で死亡する。

専門家の教授は「モスクワだけで2000人が感染し、感染は拡大している。」と発言する。

一方、政府は「感染者は200人のみで、終息しつつある。」と嘘の発表をする。

小学校で1人の感染者が確認されると、防護マスクをつけた特殊部隊が駆けつけ、少女に消毒液を散布し、親の反対を押し切り、どこかへ連行していく。

しばらくすると、モスクワへ繋がる道路・空路が封鎖されてしまう。

暴動

『湖へ』シーズン1

モスクワから40キロ離れた場所に、セルゲイ家とレオニード家は住んでいた。

モスクワから逃げる人々が、じきにここに押し寄せるとセルゲイの父親ボリスは警告する。

大勢の人々が押し寄せる前に自宅からどこかへ逃げようと話をしていた矢先の深夜、暴徒化した数人の軍人がセルゲイ家とレオニード家を襲う。

セルゲイ家とレオニード家は、一時的に軍人たちを撤退させることに成功する。

セルゲイ家とレオニード家は、安全な場所を求めて、自宅を出発する。

目的地は湖

『湖へ』シーズン1

セルゲイらは、カレリアに向かう。

目的地は、ボンゴゼロ湖のの中央にある島。

セルゲイの父親ボリスが語る。

「1978年、島で道に迷っていたら目の前に船が現れた。」

「すっかり朽ち果てた姿で、湖畔に船が打ち上げれていた。」

「船には寝る場所もあるし、水もある。暖房やトイレもある。湖では魚も釣れる。」

「何より周囲に誰も住んでいない。」

民間人VS軍人

『湖へ』シーズン1

一部の暴徒化した軍人たちが、感染症にかかった人間を次々に射殺していく。

迷子になったセルゲイの息子アントンを偶然保護した女医セミョーノヴァは、軍人に対抗するため、予備役将校の知人に助けを求める。

予備役将校は、セミョーノヴァたちに銃の使い方をレクチャーする。

訓練を受けたセミョーノヴァたち民間人は、軍人たちへ奇襲攻撃を仕掛ける。

奇襲攻撃は見事に成功する。

アーニャが感染

『湖へ』シーズン1

セルゲイの妻アーニャが感染症にかかってしまう。

リオーニャは、セルゲイ家の人間とほかの仲間たちと距離をとる。

避難した屋敷ではテーブルを境界線として一定の距離をおく。

感染者は必ず死亡すると考えられていたが、アーニャは奇跡的に回復する。

アーニャの身体には、ウイルスに対抗する免疫があると推測された。

リオーニャ家と老婆

『湖へ』シーズン1

リオーニャは、セルゲイたちと別行動をとることを決め、目的地だった湖には行かないことにする。

リオーニャ、妻ポリーナ、娘マリーナは、出発先で車の事故を起こし、森の中をさまようことになる。

民家にたどり着いたが、精神に異常をきたした老婆に銃で脅され、リオーニャたちは監禁されてしまう。

到着後の悲劇

『湖へ』シーズン1

セルゲイたちは、目的地の湖にある座礁船に到着する。

誰もいないと思われていたが、1人の男がいた。

男の話では「かつて20人ぐらいいたが、食べる物がなくなり次々と死んでいった。」と言う。

男は、死人を食べて生き延びていた。

セルゲイは、襲いかかってきたその男を射殺する。

その後、セルゲイの父親ボリスは、脳卒中で死んでしまう。

一方、老婆のもとから逃げることができたリオーニャたちが、セルゲイたちがいる湖にやってくる。

再会を喜ぶのも束の間、暮らし始めた座礁船が突然燃え上がる。

湖を囲っている森の中には、白い防護服を着た謎の集団がその様子をうかがっていた。

スポンサードサーチ

評価・感想

『湖へ』シーズン1

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『湖へ』シーズン1

謎の感染症が人類を襲うパニックサバイバルドラマ。

さまざまな障害に立ち向かいながら、目的地の”湖”を目指し、過酷なサバイバルに挑む。

サバイバルの旅は、見知らぬ人々の好意や敵意に翻弄されます。

よくあるパターンの感染した人間が”ゾンビ”になるドラマではありません(笑)

極限状態での人間の心理、裏切り、絆がテーマのドラマです。

Netflixに加入したら、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

Netflix(ネットフリックス)海外ドラマ

『湖へ』シーズン1

キャスト・登場人物をご紹介します。

セルゲイ・・・キリル・カロ

セルゲイ・・・キリル・カロ

アーニャ・・・ヴィクトリア・イサコヴァ

アーニャ・・・ヴィクトリア・イサコヴァ

ミシャ

ミシャ

ボリス・・・ユーリー・クズネツォフ

ボリス・・・ユーリー・クズネツォフ

ポリーナ・・・ヴィクトリヤ・アガラコヴァ

ポリーナ・・・ヴィクトリヤ・アガラコヴァ

リオーニャ・・・アレクサンドル・ロバック

レオニード・・・アレクサンドル・ロバック

マリーナ・・・ナタリア・ゼムツォワ

マリーナ・・・ナタリア・ゼムツォワ

イリーナ・・・マリヤーナ・スピーヴァク

イラ・・・マリヤーナ・スピーヴァク

アントン

アントン

パベル・・・アレクサンドル・ヤツェンコ

パベル・・・アレクサンドル・ヤツェンコ

ニコライ

ニコライ

セミョーノヴァ

セミョーノヴァ

予備役将校

予備役将校

スポンサードサーチ

Netflixの海外ドラマ

Netflix(ネットフリックス)の海外ドラマについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

Netflixオリジナル作品を次々配信!定番の海外ドラマもハズれなし!おすすめ作品を厳選して紹介【ドラマ・映画・バラエティ・アニメ】

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

スポンサードサーチ

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!