漫画・書籍 > 「メモの魔力」(前田裕二)まとめ【大事なポイントがひと目でわかります】
「メモの魔力」(前田裕二)まとめ【大事なポイントがひと目でわかります】

「メモの魔力」(前田裕二)まとめ【大事なポイントがひと目でわかります】


本記事は、「メモの魔力」(前田裕二)を読んだまとめです。

いま最も注目される起業家による渾身のメモ術です。

メモの魔力を手にした時、あなたは、何者にでもなれる。

スポンサードサーチ

「メモの魔力」(前田裕二)概要

「メモの魔力」を持てば世界に敵はいない。

メモがあなたの「人生のコンパス」を作る。

メモによって夢は現実になる。

メモで日常をアイデアに変える。

メモで思考を深める。

メモで自分を知る。

メモで夢をかなえる。

メモは生き方である。

ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を変えよう。

「メモの魔力」(前田裕二)まとめ

・メモを「第2の脳」として活用する。

・「記録」ではなく「知的生産」のためにメモをとる。

・アイデアを生み出せるようになる。

・情報を「素通り」しなくなる。

・相手の「より深い話」を聞き出せる。

・話の骨組みがわかるようになる。

・曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる。

・ノートは見開きで使う。

・「ファクト→抽象化→転用」。

・日常すべてをアイデアに変える。

・「日付」「サマリー」「標語」を書く。

・4色ボールペンによる「色分け」で判断能力を上げる。

・抽象化の3類型「What」か「How」か「Why」。

・抽象化とは「本質を考える」こと。

・「刺さる」言葉のストックが表現を洗練させる。

・個の時代においては「オタク」が最強。

・「人生の軸」を見つける。

・「具体的に何をするか」まで書かなければ人生は変わらない。

・考え得るすべての夢を書き出してみる。

・夢に優先度をつける。

・人生を段階に分けてキーワードをつける。

・メモで「創造の機会損失」を減らす。

・メモを「努力」から「習慣」へ。