漫画・書籍 > 「労働2.0 やりたいことして、食べていく」(中田敦彦)まとめ【大事なポイントがひと目でわかります】
「労働2.0 やりたいことして、食べていく」(中田敦彦)まとめ【大事なポイントがひと目でわかります】

「労働2.0 やりたいことして、食べていく」(中田敦彦)まとめ【大事なポイントがひと目でわかります】


本記事は、「労働2.0やりたいことして、食べていく」(中田敦彦)を読んだまとめです。

「誰もがやりたいことで、食べていける。」

「やらされ仕事で、一生を終えるな!」

「やりたい人とできる人が奇跡を起こす!」

「プロ崇拝などナンセンス!」

「時代を読み、利益を生み出せ!」

オリエンタルラジオの活動だけではなく、「雇用者」の顔を持つ中田敦彦さんによる仕事論は必見!

スポンサードサーチ

「労働2.0やりたいことして、食べていく」(中田敦彦)概要

「働き方」は大きく変わりつつあります。

そんな中で、働く人々は、ただ「いい会社に雇われる」ことだけを考えるのではなく、もっと広く視野を取り、自分だけの新しい働き方を創出していくべきです。

グッズ製作、「RADIO FISH」の活動など。

わたしは、会社の中で許可を得ながら「やりたいこと」を通す道を、少しずつ切り開いてきました。

一つの職種、一つの会社、一つの場所にとらわれないこと。

「雇われる」だけではなく、「雇う」視点も取り入れ、変化と進化をしながら「やりたいこと」を実現させて、食べていくこと。

そんな新時代の働き方を「労働2.0」と名付けたいと思います。

「労働2.0やりたいことして、食べていく」(中田敦彦)まとめ

・最初は会社の歯車でいい

・やりたいことが通らない理由は準備不足

・言われていないことをやりまくるやつが出世する

・優秀な人ほど、超速でノウハウを吸収して辞めていく

・「てっぺん」よりも、自分のいるべき場所に向かえ

・仕事とは「人に役立つ暇つぶし」

・「やりがい」だけでは、いずれ疲弊する

・長時間労働はちっとも偉くない

・何をやりたいのか?なぜやりたいのか?

・仕事はいつか飽きる

・「人との違い」はすべて才能

・「すごい武器」はいらない。足元の石を拾って投げろ

・お金をもらえたら、その時点で「プロ」

・やりたいことを言え!言ったらやれ!

・小さな成功体験の積み重ねが、コンテンツを強化する

・恥をかけ!

・仕事を振る前に、自分で試せ

・商品の質は「ストーリー」でカバーできる

・毎日の消費行動に、ビジネスヒントが潜んでいる

・SNSでは真実を語れ!

・成功例は素直にリスペクトせよ