動画 > 『マンダロリアン』シーズン2あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(スター・ウォーズドラマの第2弾!Disney+ディズニープラス)
『マンダロリアン』シーズン2あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(スター・ウォーズドラマの第2弾!Disney+ディズニープラス)

『マンダロリアン』シーズン2あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(スター・ウォーズドラマの第2弾!Disney+ディズニープラス)


『マンダロリアン』シーズン2を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

『スター・ウォーズ』の初の実写ドラマの第2弾。

組織のボス、モフ・ギデオンとの激闘のその後を描く。

本記事では、Disney+(ディズニープラス)のおすすめ海外ドラマ『マンダロリアン』シーズン2について、解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『マンダロリアン』シーズン2

Disney+(ディズニープラス)海外ドラマ

『マンダロリアン』シーズン2

ザ・チャイルド(ベビーヨーダ)を仲間のもとに返す。

マンダロリアンは、ザ・チャイルドの仲間を探すことにする。

鍛冶屋のアーマラーから、「マンダロリアンの同胞が、ザ・チャイルドの仲間の居場所を知っている」と聞いたマンダロリアンは、自分の同胞を探す旅に出る。

同胞が、タトゥイーンのモス・ペルゴという町にいるという情報を得たマンダロリアンは、スピーダー・バイクでモス・ペルゴへ向かう。

ネタバレ・見どころ

Disney+(ディズニープラス)海外ドラマ

『マンダロリアン』シーズン2

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『マンダロリアン』シーズン2

マンダロリアン。バウンティハンター(賞金稼ぎ)として生きるガンファイター。

ザ・チャイルド(ベビーヨーダ)。赤ちゃんのヨーダ。50歳。

グリーフ・カルガ。バウンティハンター集団「ギルド」のリーダー。

キャラ・デューン。反乱軍の元パラトルーパーだったが現在は新共和国の保安官。

アソーカ・タノ。ジェダイ。

アーマラー。ベスカーからヘルメットや鎧などを作る鍛冶屋。

ペリ・モットー。宇宙船の整備士。

コブ・ヴァンス。タトゥイーンにあるモス・ペルゴ町の保安官。

ゴア・コレシュ。剣闘場にいる情報屋。

ボ・カターン。クライズ氏族のマンダロリアン。

コスカ。ボ・カターンの部下。

ジャワ族

サンド・ピープル

ミスロル。グリーフ・カルガの部下。

モーガン・エルズベス。惑星ネヴァロの監督官。

スローン大提督。モーガン・エルズベスの主人。

ボバ・フェット。コブ・ヴァンスのアーマーの持ち主。

フェネック・シャンド。殺し屋。

ミグズ・メイフェルド。元帝国の狙撃手。

モフ・ギデオン。帝国軍のリーダー。

ドクター・パーシング。モフ・ギデオンの部下。クローン学者。

マンダロリアン

『マンダロリアン』シーズン2

マンダロリアンは、惑星マンダロアを起源とする民族の総称。

マンダロア・ザ・グレートは、かつて魔術師ジェダイを相手に、戦争を繰り広げたこともある戦闘民族。

戦士たちは、マンダロリアン・アーマーと呼ばれる鎧を身にまとって戦い、その強さから銀河 中で恐れられた。

マンダロリアンは、マンドーと呼ばれることもある。

本作の主人公のマンダロリアンは、バウンティハンター(賞金稼ぎ)として生きるガンファイターだ。

我らの道

『マンダロリアン』シーズン2

ザ・チャイルド(ベビーヨーダ)を教義によって、仲間のもとに返すしかない。

ザ・チャイルドは、念力で物を動かせる。

マンダロリアンの使命は、ザ・チャイルドが仲間の種族と再会するまで面倒を見ること。

それが「我らの道」だ。

ベスカー

『マンダロリアン』シーズン2

特殊な金属であるベスカー。

貴重で高価なベスカーは、マンダロリアンのヘルメットや鎧、武器の原材料となっている。

マンダロリアンは、ベスカーを欲しがる盗賊に狙われることもある。

コブ・ヴァンス

『マンダロリアン』シーズン2

マンドーでないが、マンダロリアン・アーマーを着る男コブ・ヴァンス。

コブ・ヴァンスは、タトゥイーンにある地図から消えた町モス・ペルゴの保安官。

砂漠で彷徨っていたときに、ジャワ族に助けられ、持っていたクリスタルと、ジャワ族が持っていたマンダロリアン・アーマーを交換していた。

マンダロリアンは、マンドーではないコブ・ヴァンスに、マンダロリアン・アーマーを返せと要求する。

しかしそのとき、巨大な怪獣クレイト・ドラゴンが町に現れ暴れ出す。

マンダロリアンは、コブ・ヴァンスと協力してクレイト・ドラゴンを倒す。

マンダロリアンの居場所を知る女性

『マンダロリアン』シーズン2

マンダロリアンは、自分以外のマンダロリアンを探している。

別のマンダロリアンが、ザ・チャイルドの仲間の居場所を知っているはずだから。

宇宙船の整備士ペリ・モットーの仲介で、情報屋から女性を紹介される。

女性は「夫がマンダロリアンの居場所を知っている。」と言う。

夫は、コル・アイベン星系の衛星トラスクにいる。

マンダロリアンは、ザ・チャイルドと女性とともに、衛星トラスクを目指す。

女性は多数の卵を持っていて、ハイパースペースでは卵が死んでしまうと言う。

そのため、衛星トラスクへは亜光速飛行で向かうことになる。

海賊などに出会うリスクを負いながら、亜光速飛行での長旅となる。

途中で共和国の人間に見つかり、マンダロリアンは逮捕されそうになる。

マンダロリアンには、囚人X6911の誘拐容疑で逮捕状が出ていた。

しかし、マンダロリアンは、手配中の重大犯罪者3名を捕らえた実績があった。

さらに、共和国の刑務官ダヴィンを命を賭して犯罪者から守ったこともある。

その事実を知った共和国の人間は、マンダロリアンを逮捕せずに、見逃してくれる。

クライズ氏族

『マンダロリアン』シーズン2

衛星トラスクに到着したマンダロリアンは、マンダロリアン・アーマーを着た3人組に出会う。

そのうちの一人、クライズ氏族のボ・カターンと名乗る女性が語る。

「我々は、マンダロア生まれの戦士で氏族の生き残りだ。」

「マンダロリアン・アーマーは、我が家に3代伝わるものだ。」

「あなたは、”ザ・ウォッチ”の子供ね。」

「”チルドレン・オブ・ザ・ウォッチ”は、造反したカルト教団だ。」

マンダロリアンは、ザ・チャイルドをジェダイに届けることが使命だと言い、ボ・カターンにジェダイの居場所を尋ねる。

「一人会えるジェダイがいる。森林の惑星コルヴァスのカロダンに、アソーカ・タノがいる。」

ちなみにアソーカ・タノは、スター・ウォーズアニメ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』に登場する主人公です。

アニメは、Disney+ディズニープラスで観ることができます!

再会

『マンダロリアン』シーズン2

マンダロリアンは惑星ネヴァロで、グリーフ・カルガとキャラ・デューンに再会する。

マンダロリアンは故障しているレイザー・クレストを修理するために、惑星ネヴァロにやってきた。

グリーフ・カルガは、バウンティハンター集団「ギルド」のリーダーで、かつてはマンダロリアンに仕事を世話していた。

キャラ・デューンは、惑星ソーガンで出会った反乱軍の元パラトルーパー(空挺兵)。

グリーフ・カルガとキャラ・デューンは、惑星ネヴァロで一緒に仕事をしていた。

マンダロリアンは、グリーフ・カルガのお願いで、旧帝国軍の基地を破壊する任務を引き受ける。

基地には、モフ・ギデオンの部下がいる。

基地に侵入すると、基地は軍事施設ではなく、何かの研究所であることが判明する。

マンダロリアンは、研究所の通信記録からモフ・ギデオンが生きていることを認識する。

マンダロリアンたちは基地の炉を壊して、その爆発で基地を破壊する。

アソーカ・タノ

『マンダロリアン』シーズン2

惑星コルヴァスにきたマンダロリアンは、アソーカ・タノに出会う。

アソーカ・タノはジェダイ戦士。

アソーカ・タノはザ・チャイルド(ベビーヨーダ)と会話ができ、ザ・チャイルドの名前は、”グローグー”だとマンダロリアンに教えてあげる。

「グローグーは、ジェダイ聖堂で育ち、長年多くのマスターに師事。」

「クローン戦争の末期、帝国が誕生するとグローグーは隠された。」

「誰かに聖堂から連れ去られ、記憶を闇に覆われてしまった。」

モーガン・エルズベス

『マンダロリアン』シーズン2

惑星ネヴァロの監督官モーガン・エルズベスは、マンダロリアンにアソーカ・タノの抹殺を依頼する。

モーガン・エルズベスは、クローン戦争で一族が虐殺され、怒りの炎に駆られたエルズベスは、帝国艦隊を建造。

各地で略奪を働き、破壊の限りを尽くした人物。

マンダロリアンとアソーカ・タノは手を組み、監督官の屋敷に奇襲攻撃をかける。

エルズベスとの一対一の戦いに勝ったアソーカ・タノは、エルズベスに質問をする。

「お前の主人のスローン大提督はどこだ?」

グローグーの目的地

『マンダロリアン』シーズン2

アソーカ・タノは、マンダロリアンに告げる。

「惑星タイソンの寺院の遺跡がフォースと強く結びついている。」

「グローグーを山頂の石の上へ置け。」

「そうすればグローグーが自分で道を選ぶ。」

「ジェダイがグローグーを探しに来るかもしれない。」

フェネック復活

『マンダロリアン』シーズン2

前シーズンで死んだと思われていた賞金稼ぎの殺し屋フェネック・シャンドが登場する。

フェネックは、ボバ・フェットに助けられ、機械の体となって復活した。

ボバに恩があるフェネックは、ボバと行動を共にしていた。

フェネックの目的は、グローグー。

ボバの目的は、コブ・ヴァンスから取り返したアーマー。

グローグーは、アーマーの10倍の価値があると言い、アーマーは、ボバの父ジャンゴにマンダロリアンの祖先が与えたものだと言う。

モフ・ギデオン登場

『マンダロリアン』シーズン2

マンダロリアン、ボバ、フェネックは、ストームトルーパーの襲撃を受ける。

ストームトルーパーの大群と交戦中に、寺院の遺跡の山頂にダークトルーパーがやってきて、グローグーを連れ去ってしまう。

さらに、ストームトルーパーが乗ってきた宇宙船に、マンダロリアンの宇宙船レイザー・クレストが破壊されてしまう。

マンダロリアンからアーマーを返してもらったボバは、恩ができたと言ってグローグーを取り戻すのを手伝うことにする。

マンダロリアンは帝国軍のモフ・ギデオンのクルーザーを探すために、元帝国の狙撃手で犯罪を犯し収容中のミグズ・メイフェルドに助けを求めようと、新共和国の保安官キャラ・デューンに相談する。

一方のモフ・ギデオンは、グローグーを見ながら「ドナーが見つかった。」と語る。

座標

『マンダロリアン』シーズン2

ミグズ・メイフェルドによると、帝国軍のレムナント基地に行けば、モフ・ギデオンのクルーザーの座標がわかると言う。

マンダロリアンとメイフェルドは、トルーパーに変装して、ライドニウムを運ぶ運搬係として、基地へ侵入する。

座標を調べる装置は顔認識の認証だったため、マンダロリアンはマスクを外し、”マンダロリアンは素顔を見せない”という掟を破る。

マンダロリアンとメイフェルドは基地を脱出する前に、トルーパーたちとの銃撃戦になるが、基地の外で待機していたキャラ・デューンとフェネック・シャンドが、マンダロリアンとメイフェルドを追うトルーパーをライフルで撃ちまくる。

無事に基地から脱出したマンダロリアンとメイフェルド。

キャラ・デューンは、命がけの任務をやり遂げたメイフェルドを牢獄には戻さずに、その場で解放する。

チーム結成

『マンダロリアン』シーズン2

マンダロリアンは、ボ・カターンをチームに誘う。

「モフ・ギデオンのクルーザーを奪えば、帝国に潰された惑星マンダロアを奪還できる。」

ボ・カターンは、報酬にクルーザーとなんでも切れる古代の剣”ダークセーバー”をもらう条件でチームに加わる。

マンダロリアンたちは、誘拐したモフ・ギデオンの部下ドクター・パーシングからの情報をもとに作戦をたてる。

「新式スーツを着たダークトルーパーの一団をなんとする必要がある。中身はドロイド。人間ではない。」

「ボ・カターン、コスカ、フェネック、デューンで突入して、注意を引きつける。」

「その隙に、マンダロリアンがダークトルーパーが格納されている倉庫に行き、起動する前に倉庫に閉じ込める。」

救世主ジェダイ

『マンダロリアン』シーズン2

クルーザーにいたストームトルーパーを全滅させ、モフ・ギデオンを生け捕りにしたマンダロリアンたち。

しかし、マンダロリアンたちがいる司令室にダークトルーパーの大群が押し寄せる。

一体だけでも強力な力を持つダークトルーパーを多数相手にするのは不可能。

絶体絶命のピンチの中、Xウイングに乗ってやってきたジェダイが現れる。

ジェダイはライトセーバーとテレキネシスで、何十体もいたダークトルーパーを全滅させる。

そしてマンダロリアンは、グローグーをジェダイに渡す。

マンダロリアンはマスクを取り、素顔の状態でグローグーに別れの挨拶をする。

シーズン2がエンディングを迎える。

スポンサードサーチ

評価・感想

『マンダロリアン』シーズン2

Disney+(ディズニープラス)海外ドラマ

『マンダロリアン』シーズン2

全8話。

『スター・ウォーズ』の初の実写ドラマの第2弾。

ザ・チャイルドを仲間のもとに返す旅に出るマンダロリアン。

マンダロリアンは、スピーダーバイクを乗りこなしたり、ガンでならず者を倒したり、砂漠が広がる惑星で冒険をしたり。

ドラマ『マンダロリアン』は、『スター・ウォーズ』の世界観を見事に再現しています。

さらに『スター・ウォーズ』ではあまり描かれない怪獣たちとの戦闘もあります。

そして、魅力的なオリジナルキャラクターも次々登場。

『スター・ウォーズ』ファンはもちろんのこと、そうでない方でも楽しめること間違いなしです。

また、シーズン2のエンディングではボバ・フェットを描く『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット』が2021年12月に配信予定であることがアナウンスされました。

『マンダロリアン』シーズン2で大活躍したボバ・フェットのドラマも楽しみです!

『マンダロリアン』は、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャラクター・登場人物

Disney+(ディズニープラス)海外ドラマ

『マンダロリアン』シーズン2

キャラクター・登場人物をご紹介します。

マンダロリアン・・・ペドロ・パスカル

マンダロリアン・・・ペドロ・パスカル

マンダロリアン

ザ・チャイルド(ベビーヨーダ)

グリーフ・カルガ・・・カール・ウェザース

グリーフ・カルガ・・・カール・ウェザース

キャラ・デューン・・・ジーナ・カラーノ

キャラ・デューン・・・ジーナ・カラーノ

アソーカ・タノ・・・ロザリオ・ドーソン

アソーカ・タノ・・・ロザリオ・ドーソン

アーマラー

アーマラー

『マンダロリアン』シーズン2

ペリ・モットー・・・エイミー・セダリス

コブ・ヴァンス・・・ティモシー・オリファント

コブ・ヴァンス・・・ティモシー・オリファント

ボ・カターン・・・ケイティー・サッコフ

ボ・カターン・・・ケイティー・サッコフ

コスカ・・・メルセデス・ケストナー・バーナード

コスカ・・・メルセデス・ケストナー・バーナード

ジャワ族

ジャワ族

サンド・ピープル

サンド・ピープル

ゴア・コレシュ

ゴア・コレシュ

ミスロル

ミスロル

監督官

モーガン・エルズベス

ボバ・フェット・・・テムエラ・モリソン

ボバ・フェット・・・テムエラ・モリソン

フェネック・シャンド・・・ミンナ・ウェン

フェネック・シャンド・・・ミンナ・ウェン

ミグズ・メイフェルド・・・ビル・バー

ミグズ・メイフェルド・・・ビル・バー

モフ・ギデオン

モフ・ギデオン・・・ジャンカルロ・エスポジート

ドクター・パーシング・・・オミッド・アブタヒ

ドクター・パーシング・・・オミッド・アブタヒ

ジェダイ・・・マックス・ロイド・ジョーンズ

ジェダイ・・・マックス・ロイド・ジョーンズ

スポンサードサーチ

シリーズをご紹介

『マンダロリアン』の別シーズンについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

『マンダロリアン』シーズン1についてはこちら

ディズニープラスのおすすめ作品

Disney+(ディズニープラス)のおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

「ディズニーデラックス」おすすめ作品を厳選して紹介!マーベル・スターウォーズ・ピクサー・ディズニー作品が見放題!

スポンサードサーチ

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!