動画 > 【最新版】エミー賞の受賞のアメリカ海外ドラマまとめ
【最新版】エミー賞の受賞のアメリカ海外ドラマまとめ

【最新版】エミー賞の受賞のアメリカ海外ドラマまとめ


エミー賞の受賞のアメリカ海外ドラマまとめです。

エミー賞は、ドラマ版のアカデミー賞です。

アメリカで毎年各賞が発表され、受賞作品の多くは、動画配信サービスでも人気作品となっているものも多いです。

海外ドラマのおすすめが知りたい。

エミー賞を受賞したアメリカ海外ドラマについて知りたい。

こういった方は、本記事の対象になります。

本記事では、エミー賞を受賞したアメリカ海外ドラマについて、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

エミー賞とは

エミー賞の受賞のアメリカ海外ドラマ

海外ドラマ好きには気になるアメリカのテレビ番組の業績に与えられるエミー賞。

作品賞(ドラマ部門・コメディ部門・リミテッドシリーズ部門・テレビ映画部門)、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞などさまざまな賞があるのですが、本記事でピックアップしているのは作品賞(ドラマ部門)です。

第1回のエミー賞は1949年に開催されていてとても歴史のある賞なんです。

エミー賞を受賞したものや候補にノミネートされた作品はやっぱりおもしろい作品が多いですね。

どの作品もおすすめですが、受賞作品の中での一番のおすすめは「ゲーム・オブ・スローンズ」です。

2018年のシーズン8でドラマは終了しましたが、「ゲーム・オブ・スローンズ」はアメリカでいちばんおもしろいドラマとの評価も得ている超人気作品です。

ちなみに、エミー賞の受賞はないですが、ノミネートまでいった作品の中でのおすすめは、「ヒーローズ」です。

個人的には、「ヒーローズ」も大好きな作品なので、エミー賞の受賞がないのは残念ですが、作品のクオリティは、エミー賞受賞作品にまったく劣りません。一度ぐらい受賞していてもおかしくないおもしろさです。

エミー賞受賞作品

エミー賞の受賞のアメリカ海外ドラマ

■エミー賞受賞作品

2019年 ゲーム・オブ・スローンズ
2018年 ゲーム・オブ・スローンズ
2017年 ハンドメイズ・テイル/侍女の物語
2016年 ゲーム・オブ・スローンズ
2015年 ゲーム・オブ・スローンズ
2014年 ブレイキング・バッド
2013年 ブレイキング・バッド
2012年 ホームランド
2011年 マッドメン
2010年 マッドメン
2009年 マッドメン
2008年 マッドメン
2007年 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
2006年 24 TWENTY FOUR
2005年 LOST(ロスト)
2004年 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
2003年 ザ・ホワイトハウス
2002年 ザ・ホワイトハウス
2001年 ザ・ホワイトハウス
2000年 ザ・ホワイトハウス

何度もエミー賞を受賞した作品や何度も候補にノミネートされながら惜しくも受賞を逃した作品など、やはりここまでくる作品は、日本でも絶大な人気を誇る作品ばかりです。

候補にノミネートまでされている作品であれば、海外ドラマ好きな方であればご覧になっている方も多いと思います。

ちなみに今回はご紹介してはいませんが、コメディ部門もエミー賞にはあります。

コメディ部門では、「フレンズ」、「グリー」、「ビッグバン セオリー」などが過去にエミー賞を受賞したり、候補にノミネートされています。

日本でもおなじみの人気の作品ですよね。

スポンサードサーチ

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語

侍女のオブフレッドは司令官に仕えていますが、司令官の妻の代わりに、妊娠するようにオブフレッドに性行為を強制させます。

侍女はお手伝いさんというものではなく、奴隷のような身分で、主人である司令官には絶対服従しなければなりません。

かなり過激な描写も多く、本国アメリカでもかなりの話題になった衝撃作品です。

人権がない女性が、想像を絶する状況の中で、生き抜いていく様を描いています。

ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ

七王国の覇権をめぐる人気小説が原作のドラマです。

圧倒的なスケールの作品で、映画のような制作費と映像で、本国アメリカでは、「いちばんおもしろいドラマ」と言われている作品です。

ドラゴンが出てくるのでファンタジー要素もあるのですが、日本で言えば大河ドラマの位置付けでしょうか。

とにかく展開が読めないストーリーで、日本でも絶大な人気を誇るドラマです。

スポンサードサーチ

ブレイキング・バッド

ブレイキング・バッド

ウォルターは冴えない高校の化学教師だが、末期がんに冒されていることを知った後、悪の道に踏み込み、麻薬を自ら製造し、麻薬ディーラーとして、残されることになる家族のためにお金を稼ぎます。

派手さはないのですが、物語に深みがあり、なんとも言えないおもしろさがあります。

「おじさんが主役のドラマか」と思わずに、ぜひ観ていただきたいです。

1話目からハマること間違いなしのドラマです。

ホームランド

ホームランド

イラク赴任中に行方不明となっていたアメリカ海兵隊の軍曹ブロディが、8年ぶりに英雄として帰還を果たします。

だが1人のCIAエージェント、キャリーだけが彼がアルカイダに捕虜として捕らわれている間に、洗脳されテロリストに寝返った人物だと疑いいます。

果たして、ブロディは世間の目を欺くテロリストなのか?

ホームランドもやはりおすすめの作品に間違いありません。

骨太の極上ドラマです。

アメリカのこういうドラマを観ると、アメリカの威厳のようなものを感じます。

スポンサードサーチ

マッドメン

マッドメン

1960年代ニューヨークが舞台です。

広告業界で働くドレーパーは、タバコから政治家まで幅広いクライアントを持つ敏腕広告マン。

人には言えない過去を持つドレーパーを中心に、妻、上司、ライバルの広告マンとのストーリーが交錯し、欲望・葛藤の物語がじわじわと展開されていきます。

全シリーズ観たのですが、正直わたしはハマりませんでした。

おもしろくないことはないのですが、物語の展開が少し物足りなく感じました。

おそらくアメリカ人男性には、ハマるドラマなのかなと思います。

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア

マフィアのボス、ソプラノとそのファミリーのリアルな世界が、ブラックユーモアとともに描かれます。

ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィアは、じわじわと作品の良さが理解できるようになります。

最初は多少退屈な感じで、「なぜこれがエミー賞』と思っていました。

マッドメン同様にこのドラマにもハマることはなかったのですが、観ておいて損はないと思います。

スポンサードサーチ

24 TWENTY FOUR

24 TWENTY FOUR

大統領候補の上院議員の暗殺計画が発覚し、CTUのジャック・バウアーに召集がかかります。

元祖ハマるドラマの24。

24のおかげで日本でも海外ドラマの人気に一気に火がつきました。

日本では、ジャック・バウアーのモノマネ芸人も現れたほどの人気ぶりでしたね。

内容は超おもしろいのですが、24話はちょっと長いです。

途中で少しダラけます。

ですが間違いなくおもしろい作品なので、まだ観たことがない方はぜひ観てみてください。

最近の新シーズンでは、全12話となり半分の長さになりました。

「24話観るのはちょっと」という方は新しいシーズンから観るのもおすすめです。

LOST(ロスト)

LOST(ロスト)

旅客機が太平洋上のある無人島に墜落したところからドラマはスタートします。

人種も国籍も職業も様々な生存者たちは、果たして無事に脱出できるか?

LOSTは、ただの無人島でのサバイバル・無人島からの脱出のドラマではありません。

それぞれの登場人物は、興味深い過去を持ち、物語に深みを持たせます。

そもそもなぜ、旅客機が墜落したのか。

無人島はだたの島ではありません。

旅客機の墜落には、無人島に潜む謎の力が影響しています。

謎の力を持つ無人島の謎が物語にさまざまな展開を巻き起こします。

スポンサードサーチ

ザ・ホワイトハウス

ザ・ホワイトハウス

アメリカ大統領とその側近を中心に描かれた政治ドラマです。

アメリカでの人気はものすごくてエミー賞もなんども受賞しています。

でも、わたしは正直ハマることはなかったです。

人気の理由がわからなかったです・・

個人的には、政治ドラマでは「ザ・ホワイトハウス」よりは「ハウス・オブ・ガード 野望の階段」の方がおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

どれも観て損はない作品ですが、作品が多くて観る時間がないという方も多いかもしれません。

そういった方に向けて、「これだけは観て!」と個人的におすすめするのは、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ブレイキング・バッド」、「ホームランド」、「LOST(ロスト)」、「24 TWENTY FOUR」です。

それでもそれぞれが数シーズンあるので、なかなか観終えるのは大変かもしれません(笑)

ですが、どれも観始めてしまえば、ハマること間違いなしのドラマなので、強制的にでもドラマを観る時間を確保するようになると思います(笑)

気になるドラマがあれば、ぜひ観てみてください。