動画 > 『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1あらすじ・ネタバレ(ジェームズ亡き後を描く!)
『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1あらすじ・ネタバレ(ジェームズ亡き後を描く!)

『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1あらすじ・ネタバレ(ジェームズ亡き後を描く!)

『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

ゴーストことジェームズ・セントパトリック亡き後を描くギャングドラマ。

本記事は、海外ドラマ『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1

タリクは、遺産を手に入れるために名門大学に入学する。

学業のかたわら、自分の罪をかぶり起訴された母親のターシャの弁護料を工面するために奔走する。

ターシャは、タリクが犯したジェームズ殺しの罪をかぶっていた。

売人の世界に飛び込む道を選んだタリクの前に現れたのは、モネ・テハーダ率いる売人一家だった。

ネタバレ・見どころ

『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

タリク・セントパトリック

ターシャ・セントパトリック。タリクの母親。

ジェームズ・セントパトリック。タリクの父親。別名ゴースト。故人。

ヤスミン・セントパトリック。タリクの妹。

エステル・グリーン。ターシャの母親。

トミー・イーガン。ジェームズの相棒。

フランシス・ジョンソン。トミーの手下。別名ツービット。

パズ・ヴァルデス。アンジェラの姉。

エピファニー・ターナー。ターシャの友人。

エフィー。タリクの友人。

ローレン・ボールドウィン。タリクの同級生。

マルコム。ローレンの元恋人。

エゼキエル・クロス(ジーク)。タリクのルームメイト。

ブレイデン・ウェストン。タリクの同級生。

トレイス・ウェストン。ブレイデンの兄。

キャリー・ミルグラム。法解釈学の教授。カウンセラー。

ジャバリ・レイノルズ。教授。

オリヴァー・シモンズ。教授。

タミカ・ワシントン。弁護士。

デイヴィス・マクリーン。弁護士。

ポーラ・マタラッツォ。マクリーンの調査員。

サイモン・スターン。クラブ王。

クーパー・サックス。検事補。

ライリー・サックス。サックスの姪。

ジョン・マック。サックスの元同僚。

スティーヴン・オット。議員。元検察官。

ジェニー・サリヴァン。検事。

ニーナ・ラーキン。判事。

マルコス・ガーザ。捜査官。

ブランカ・ロドリゲス。巡査部長。

ダニーロ・ラミレス。モネの愛人。警察官。

ラシャード・テイト。議員。

メレディス。看守。

ビショップ。刑務所の作業員。ロレンゾの手下。

モネ・テハーダ。麻薬の売人。

ロレンゾ・テハーダ。モネの夫。

ダイアナ・テハーダ。モネの娘。エゼキエルのいとこ。

ケイン・テハーダ。モネの息子。エゼキエルのいとこ。

ドルー・テハーダ。モネの息子。エゼキエルのいとこ。

リルグワップ。GTGのメンバ。父はロレンゾの命の恩人。

エヴェレット。ドルーの恋人。

タリクの選んだ道

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

タリクの母親のターシャは、ジェームズ殺しの裁判で正当防衛を主張する作戦を立てる。

しかし、弁護士のタミカは、ターシャがタリクをかばっていることに気づく。

ターシャに本当のことを話すように説得するが、タリクを守りたいターシャはタミカを解雇する。

話を聞いたタリクは、凄腕弁護士のデイヴィスを雇おうとするが、弁護料が高額で雇えない。

タリクは、弁護料を捻出するために、売人の道に進むことを決意する。

一方、大学を卒業しないと信託財産を受け取れないため、大学を卒業する必要もある。

タリクは、”問題学生のジークの勉強をサポートして進級させる活動”を教授から言いつけられる。

ジークが落第した場合、タリクは退学させられる条件となっていた。

検事のサックス

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

かつてジェームズを執拗に捜査していた検事のサックス。

ターシャの件で、元同僚のジョンと議員のスティーヴンがサックスを訪ねる。

二人は、ジェームズが薬物ビジネスをしていた裏の顔を世間に公表したくないため、ある依頼をする。

「キングピン法で逮捕しろ。」

「ターシャが麻薬密売組織を仕切っていたことにしてほしい。」

ターシャの裁判

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

ターシャは「アンドレ・コールマン(ドレ)が殺害した。」と証言していたが撤回する。

ドレに硝煙反応がなかったため、証言に使えなかった。

そのため、「トミー・イーガンに殺害を依頼した。」と証言する。

スティーヴンとサックスに手を回されたサリヴァン検事補は、起訴を取り下げる。

次の瞬間、サックスはキングピン法でターシャを逮捕する。

テハーダ家

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

タリクが勉強をサポートすることになったルームメイトのジークは、バスケットボールのスター選手。

そんなジークは、麻薬の売人のテハーダ家の親類。

薬物の仕入れ先を確保したいタリクは、ジークにお願いをして、モネに会わせてもらう。

モネの夫ロレンゾは、殺人の罪で服役中。

息子のケインは、楯突く相手を簡単に殺害する凶暴性を持つ。

娘のダイアナは、タリクと親密になり、もう一人の息子ドルーは、父親の期待は高いがモネの評価は低い。

タリクは、モネと手を組む約束を取りつけた後、大学内で薬物ビジネスを開始する。

タリクの証言

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

検事のサックスは、ターシャの証人としてタリクを召喚する。

サックスは、姪のライリーにタリクを調査させていたが、パーティの時にライリーがタリクの飲み物に薬を入れる。

頭が混乱したタリクは、父親のジェームズの墓に行き、ジェームズを殺したことを墓に向かって告白する。

その現場を、ライリーから連絡を受けたサックスが撮影する。

サックスは、タリクをジェームズ殺しで訴えようとするが、その前に、タリクにサックスの問題行動を暴露され、ターシャの起訴を取り下げざるをえない状況になる。

議員のスティーヴンは、サックスとデイヴィスとタミカに「ジェームズ殺しの犯人は、トミー・イーガンにしろ。」と命令する。

トミーの帰還

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

警察に追われて逃亡中だったトミーが戻ってくる。

トミーは、ターシャとモネがいるバーを路上から銃撃する。

ジェームズ殺しの罪を着せられたことと、恋人のラキーシャを殺された恨みを晴らすために、ターシャの命を狙っていた。

その後、ターシャをおとりにしてトミーを捕まえようとするサックスたちの前に、トミーが乗った車が現れる。

トミーはわざと事故を起こし、死を偽装する。

タリクの誓い

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

トミーはターシャを殺すために、タリクの後をつけてターシャがいる場所にやってくる。

トミーの行動を読んでいたタリクは、FBIを呼び、ターシャを保護させる。

ターシャが去った後、モネが現れ、トミーに銃を向けるが、タリクが止める。

タリクはトミーに「ゴーストの名に見合う男に僕がなったら、また会おう。」と告げる。

トミーは「二度と会うことはない。」と言い、その場を後にする。

スポンサードサーチ

評価・感想

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1

ゴーストの亡き後を描くギャングドラマ。

ゴーストことジェームズ・セントパトリックの息子タリクを描くスピンオフドラマ。

名門大で新たな人生を歩み始めたタリクは、二つの世界の間で揺れ動きます。

普通の大学生として人生を歩むか、家族を支えるため売人になるか。

『パワー』ファン必見のスピンオフドラマです。

ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

『パワー ブックⅡ ゴースト』シーズン1

キャスト・登場人物をご紹介します。

タリク・セントパトリック・・・マイケル・レイニー・ジュニア

タリク・セントパトリック・・・マイケル・レイニー・ジュニア

ターシャ・セントパトリック・・・ナトゥーリ・ノートン

ターシャ・セントパトリック・・・ナトゥーリ・ノートン

ヤスミン・セントパトリック・・・パリ・モーガン

ヤスミン・セントパトリック・・・パリ・モーガン

エステル・グリーン・・・デビ・モーガン

エステル・グリーン・・・デビ・モーガン

トミー・イーガン・・・ジョセフ・シコラ

トミー・イーガン・・・ジョセフ・シコラ

フランシス・ジョンソン・・・マイケル・J・ファーガソン

フランシス・ジョンソン・・・マイケル・J・ファーガソン

パズ・ヴァルデス・・・エリザベス・ロドリゲス

パズ・ヴァルデス・・・エリザベス・ロドリゲス

エピファニー・ターナー・・・ブランディ・デニース・ボイド

エピファニー・ターナー・・・ブランディ・デニース・ボイド

エフィー・・・アリックス・ラプリ

エフィー・・・アリックス・ラプリ

『パワー ブックⅡ:ゴースト』シーズン1

ローレン・ボールドウィン・・・ペイジ・ハード

マルコム・・・ブランドン・ブラウン

マルコム・・・ブランドン・ブラウン

エゼキエル・クロス(ジーク)・・・ダニエル・ベロミー

エゼキエル・クロス(ジーク)・・・ダニエル・ベロミー

ブレイデン・ウェストン・・・ジャンニ・パオロ

ブレイデン・ウェストン・・・ジャンニ・パオロ

トレイス・ウェストン・・・コーリー・ジャコマ

トレイス・ウェストン・・・コーリー・ジャコマ

キャリー・ミルグラム・・・メラニー・リバード

キャリー・ミルグラム・・・メラニー・リバード

ジャバリ・レイノルズ・・・ジャスティン・マクマナス

ジャバリ・レイノルズ・・・ジャスティン・マクマナス

オリヴァー・シモンズ・・・ブルース・アルトマン

オリヴァー・シモンズ・・・ブルース・アルトマン

タミカ・ワシントン・・・クインシー・タイラー・ベルンスティーン

タミカ・ワシントン・・・クインシー・タイラー・ベルンスティーン

デイヴィス・マクリーン・・・メソッド・マン

デイヴィス・マクリーン・・・メソッド・マン

ポーラ・マタラッツォ・・・シェリー・ソーム

ポーラ・マタラッツォ・・・シェリー・ソーム

サイモン・スターン・・・ヴィクター・ガーバー

サイモン・スターン・・・ヴィクター・ガーバー

クーパー・サックス・・・シェーン・ジョンソン

クーパー・サックス・・・シェーン・ジョンソン

ライリー・サックス・・・アンドレア・リー・クリステンセン

ライリー・サックス・・・アンドレア・リー・クリステンセン

ジョン・マック・・・サン・カン

ジョン・マック・・・サン・カン

スティーヴン・オット・・・マーク・フォイアスタイン

スティーヴン・オット・・・マーク・フォイアスタイン

ジェニー・サリヴァン・・・ペイトン・アッシュブルック

ジェニー・サリヴァン・・・ペイトン・アッシュブルック

ニーナ・ラーキン・・・キャスリーン・ギャレット

ニーナ・ラーキン・・・キャスリーン・ギャレット

マルコス・ガーザ・・・レイ・ルーカス

マルコス・ガーザ・・・レイ・ルーカス

ブランカ・ロドリゲス・・・モニーク・ガブリエラ・カーネン

ブランカ・ロドリゲス・・・モニーク・ガブリエラ・カーネン

ダニーロ・ラミレス・・・シャリム・オルティス

ダニーロ・ラミレス・・・シャリム・オルティス

ラシャード・テイト・・・ラレンズ・テイト

ラシャード・テイト・・・ラレンズ・テイト

メレディス・・・デアドレ・アジザ

メレディス・・・デアドレ・アジザ

ビショップ・・・ジョン・パラディーノ

ビショップ・・・ジョン・パラディーノ

モネ・テハーダ・・・メアリー・J. ブライジ

モネ・テハーダ・・・メアリー・J. ブライジ

ロレンゾ・テハーダ・・・ベルト・コロン

ロレンゾ・テハーダ・・・ベルト・コロン

ダイアナ・テハーダ・・・ラトーヤ・トノデオ

ダイアナ・テハーダ・・・ラトーヤ・トノデオ

ケイン・テハーダ・・・ウッディ・マクレーン

ケイン・テハーダ・・・ウッディ・マクレーン

ドルー・テハーダ・・・ラベル・アダムズ・グレー

ドルー・テハーダ・・・ラベル・アダムズ・グレー

リルグワップ・・・マルクス・アンダーソン

リルグワップ・・・マルクス・アンダーソン

エヴェレット・・・ブラッドレイ・ギブソン

エヴェレット・・・ブラッドレイ・ギブソン

スポンサードサーチ

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!