ガジェット > Amazon Echoの使い方と選び方【スマートスピーカーでできること】
Amazon Echoの使い方と選び方【スマートスピーカーでできること】

Amazon Echoの使い方と選び方【スマートスピーカーでできること】


Amazon Echoは、スマートスピーカーです。

スマートスピーカーは、GoogleやLINEも発売していますが、見た目がいちばん好みで、価格も安かったEcho Dotを購入しました。

AI(人工知能)の代表というべきガジェットであるスマートスピーカーに興味がある方はとても多いのではないでしょうか。

Amazon Echoについて知りたい。

スマートスピーカーでできることを知りたい。

こういった方は、本記事の対象になります。

本記事では、Amazon Echoの使い方と選び方【スマートスピーカーでできること】について解説します。

スポンサードサーチ

Amazon Echoとは

Amazon Echo

Amazon Echoは、音声操作ができるスマートスピーカーです。

Alexa(アレクサ)といわれる、Amazonが開発したAI(人工知能)が使われています。

■Amazon Echoの使い方

「アレクサ」と話しかけると、Amazon Echoがスタンバイ状態になります。

スタンバイ状態でこちらから話かけると、Amazon Echoが質問に答えてくれたり、音楽をかけたりしてくれます。

スタンバイ状態で、「天気おしえて」と話かければ、天気を教えてくれますし、「J-POPかけて」と話かければ、Amazon Musicから音楽をかけてくれます。

■Amazon Alexaアプリ

Amazon Echoの設定は「Amazon Alexa」アプリから行うのですが、Alexaアプリのホーム画面などで、Alexaを使ったさまざまなAmazon Echoの使い方を紹介してくれます。

最初は使い方が思い浮かばなかったりすることもあるかと思いますが、そういった情報からAmazon Echoの使い方のイメージも膨らむと思います。

また、AlexaアプリからAlexaの新着情報をメールで受け取れる設定をすることもできます。

メールの設定をしておけば、Alexaに関する使い方などの情報が毎週メールで届くので、メール情報からもAmazon Echoの使い方をイメージすることもできると思います。

Amazon Echoでできること

Amazon Echo

Amazon Echoでできることは、いろいろあるのですが、たとえば以下のようなことができます。

■Amazon Echoでできるの例

・天気をおしえてくれる
・ニュースをかけてくれる
・音楽をかけてくれる
・スポーツの結果をおしえてくれる
・アラームをセットしてくれる
・タイマーをセットしてくれる
・おはよう、ただいまなどの挨拶をしてくれる
・Amazonでショッピングができる
・出前をとることができる
・さまざまな調べものをすることができる
・リマインダーをセットできる
・スケジュールをおしえてくれる
・電話をかけることができる
・英語の日本語訳をおしえてくれる
・やることリストをつくることができる

Amazon Echoには「スキル」と呼ばれるオプションで追加できる数々の機能があります。

スキルを追加すれば、上記以外のことでも、さらにいろいろなことができるようになります。

スキルについては後述します。

音楽

音楽ひとつとっても、さまざまなことを音声操作で行うことができます。

Amazon Echoで使う音楽アプリは、Amazon Musicdヒッツうたパスなどを設定することができます。

たとえば、Amazonプライム会員であれば、Amazon Musicを使うことができます。

Amazon Musicから、J-POPや洋楽をかけたり、プレイリストをかけることができます。

曲名を指定したり、アーティスト名をしたりして、曲をかけることもできます。

音量を調整したり、次の曲にすすめたりすることもできます。

2019/06/27 追記

Amazon Echoで、Apple Musicが使えるようになりました。

わたしは、Amazon Musicも使いますが、いちばんのおすすめ音楽アプリは「Apple Music」です。

Apple Musicをお使いの方は、ぜひAmazon EchoでもApple Musicを使ってみてください。

Apple Musicについては、別記事でも書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

Apple Musicを使い続ける理由。料金と特徴と便利な使い方【おすすめ音楽アプリ】

スケジュール

Amazon Echoは、Apple、Google、Microsoftのカレンダーと連携をとることができます。

たとえば、Amazon EchoとGoogleカレンダーを連携すれば、Googleカレンダーに入力している予定を、Amazon Echoがおしえてくれます。

また、Amazon Echoに話かけて、Googleカレンダーに予定を追加することもできます。

スポンサードサーチ

Amazon Echoの「スキル」 

Amazon Echoの「スキル」 

スキルと呼ばれる機能は、スマートフォンの「Amazon Alexa」アプリから追加することができます。

Amazon Echoには、初期設定でいくつかのスキルが設定されていますが、基本的には、自分でスキルを追加していく使い方をします。

好きなスキルを選び「スキルを有効にする」を選択することで、スキルを使うことができるようになります。

Amazon Echoには、スマートフォンアプリでおなじみのアプリのスキルが多数登録されています。

英語教材、ラジオ、ニュース、スポーツニュース、料理、タクシーの配車、JR東日本、オーディオブック、映画情報など、実にさまざまなスキルが登録されています。

新しいスキルは日々追加されているので、Alexaアプリからスキルの情報を随時チェックしましょう。

Alexaに使えるフレーズ集

Amazon Echo

Alexaに使えるフレーズ集をご紹介します。

■Alexaに使えるフレーズ集

「アレクサ、今何時?」
「アレクサ、音楽をかけて」
「アレクサ、冬うたJ-POPをかけて」
「アレクサ、NHKのニュース」
「アレクサ、予定を追加して」
「アレクサ、電球を発明したのは誰?」
「アレクサ、サイコロを振って」
「アレクサ、早口言葉言って」
「アレクサ、配送状況教えて」
「アレクサ、写真を撮って」
「アレクサ、人気の本を教えて」
「アレクサ、リマインダーをセットして」
「アレクサ、今日の献立考えて」
「アレクサ、好きな色は何」
「アレクサ、今日の動物豆知識は」

スポンサードサーチ

スマートホーム

Amazon Echoスマートホーム

スマート家電スマート家電コントローラがあれば、自宅のテレビ、エアコン、照明などをAmazon Echoから音声操作することができます。

■スマート家電とスマート家電コントローラーについて

スマート家電について、もう少し詳しく説明をします。

スマート家電とは、家電そのものがスマート家電になっていて、音声操作やスマートフォンから直接操作できるものです。

スマート家電コントローラとは、通常の自宅の家電をスマート家電コントローラを通して、音声操作やスマートフォンから操作できるものです。

Amazon Echoには、スマート家電コントローラ機能付きのものとそうでないものがあります。

わたしが購入したAmazon Echo Dotには、スマート家電コントローラ機能はありません。

ただし、Amazon Echoシリーズの製品は、すべての製品に、スマート家電の操作機能があるので、スマート家電コントローラ機能がないAmazon Echo Dotであっても、別途スマート家電コントローラ機能のアイテムをお持ちであれば、Amazon Echo Dotを使って、音声で家電を操作することができます。

わたしは、スマート家電コントローラのeRemote(イーリモート)を持っていたので、eRemoteとAmazon Echo Dotを連携させて、自宅のテレビ、エアコン、照明のON・OFFを、音声操作で行なっています。

音声で家電を操作できるのは、快適・便利です。

そして、それ以上にITが発達した世の中に感動を受けています。

こんな感動はスマートフォンが登場したとき以来の衝撃です。

ちなみに、eRemoteについては、別記事にまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください。

スマホがリモコンになるeRemote(イーリモート)【スマートホーム・スマート家電コントローラ】

 

Amazon Echoの商品ラインナップ

Amazon Echo

Amazon Echoには、以下の商品ラインナップがあります。

■Amazon Echoの商品ラインナップ

・Echo Dot
・Echo
・Echo Plus
・Echo Spot
・Echo Show
・Echo Show 5

Echo Dot

Echo Dot

いちばんコンパクトで、いちばん安いです。

スマート家電コントローラ機能はありません。

Echo

Echo

Echo Dotよりも、高機能のスピーカーが付いています。

スマート家電コントローラ機能はありません。

Echo Plus

Echo Plus

スマート家電コントローラ機能付きです。

Echo Spot

Echo Spot

Echo Dotに、スクリーンが付いたような製品です。

例えば、Echo Spotを使って音楽をかけた場合、スクリーンにアーティスト名と曲名が表示されます。

スマート家電コントローラ機能はありません。

Echo Show

Echo Show

Amazon Echoシリーズで、いちばんの最高スペックです。

大型スクリーンが付いています。

スマート家電コントローラ機能付きです。

Echo Show 5

Echo Show 5

スクリーンが付いています。

スマート家電コントローラ機能はありません。

わたしが持っているのはEcho Dotで、見た目もいちばんコンパクトで価格もいちばん安いです。

前述しましたが、スマート家電コントローラ機能はありません。

スマート家電コントローラ機能があるのは、Echo PlusとEcho Showの2つです。

その分、やはり価格は他のものよりも高くなります。

Amazon Echoシリーズは、すべての製品にスマート家電の操作機能があるので、スマート家電やスマート家電コントローラーがあれば、Amazon Echoから音声操作をすることができます。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。

Amazon Echoで、照明をつけたり、音楽をかけたり、天気やニュースを聞いたりするのはとても便利ですし、ちょっとした感動もあります。

スキルの数はそれなりにあるのですが、まだ発展途上といった印象です。

使いたい機能がまだそれほど多くはないというのが個人的な感想です。

ですが、Echoは価格もそれほど高価ではありませんし、これからを期待させる魅力的なガジェットです。

今後に追加されるスキルによっては、今以上に人気のガジェットになる可能性があります。

ぜひそういったことに期待したいですね。

本記事では、Amazon Echoの使い方と選び方【スマートスピーカーでできること】について解説しました。