動画 > 『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ナイツウォッチの総帥になるジョン・スノウ!)
『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ナイツウォッチの総帥になるジョン・スノウ!)

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ナイツウォッチの総帥になるジョン・スノウ!)


『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

ジョン・スノウは、選挙の結果ナイツウォッチの総帥に選ばれる。

キングズランディングでは、”雀”と呼ばれる自警団が現れ王都の脅威となる。

本記事は、『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

父親タイウィン殺害後、キングズ・ランディングを脱出したティリオンは、デナーリスのもとに向かう。

ナイツウォッチの総帥となったジョンは、スタニスと野人を率いるマンス・レイダーの間で選択を迫られる。

アリアは、ブレーヴォスにいる”顔のない男”ジャクェン・フ=ガーに弟子入りする。

ネタバレ・見どころ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ジョン・スノウ。ネッドの落とし子。ナイツウォッチの総帥。

サムウェル・ターリー(サム)。ナイツウォッチ。

ジリ。サムの妻。クラスターの元妻。

アリザー・ソーン。ナイツウォッチ。

ジャノス。ナイツウォッチ。小評議会の元メンバ。

エイモン。メイスター(学匠)。

エディソン・トレット(エッド)。ナイツウォッチ。

オリー。ナイツウォッチの見習い。トアマンドに襲われた村の元住人。

マンス・レイダー。壁の向こうの王。

トアマンド。壁の向こうの野人。通称”巨人殺し”。

スタニス・バラシオン。先代ロバート王の弟。

メリサンドル。紅の女。魔女。

ダヴォス・シーワース。スタニスの従者。

セリース・バラシオン。スタニスの妻。

シリーン・バラシオン。スタニスの娘。

アリア・スターク。ネッドの娘。

ハウンド。マウンテンの弟。キングズ・ランディングの元戦士。本名”サンダー・クレゲイン”。

ジャクェン・フ=ガー。ブレーヴォス人。”顔のない男”。ラニスター家の元騎士。

サンサ・スターク。ネッドの娘。ティリオンの妻。

ピーター・ベイリッシュ。小評議会のメンバ。通称”リトル・フィンガー”。

ロビン・アリン。ライサの息子。

ロイス。ロビンの部下。

ブライエニー・タース。レンリーの元”王の盾”。セルウィン・タースの娘。

ポドリック・ペイン(ポッド)。ティリオンの従者。

シオン・グレイジョイ。ベイロンの息子。

サーセイ・ラニスター。先代ロバート王の妻。タイウィンの双子の娘。

ジェイミー・ラニスター。タイウィンの双子の息子。通称”王殺し”。

ミアセラ・バラシオン。先代ロバート王の娘。本当はサーセイとジェイミーの娘。トリスタン・マーテルと結婚。

トメン・バラシオン。先代ロバート王の息子。本当はサーセイとジェイミーの息子。

マージェリー・タイレル。ジョフリーの妻。レンリーの元妻。

ロラス・タイレル。マージェリーの兄。

オレナ・タイレル。マージェリーの祖母。

メイス・タイレル。マージェリーの父親。

ランセル・ラニスター。ジェイミーの従兄弟。

ケヴァン・ラニスター。サーセイの叔父。ラニスター軍の指揮官。

パイセル。グランド・メイスター(上級学匠)。小評議会のメンバ。

クァイヴァーン。小評議会のメンバ。ルースの元部下。

マーリン・トラント。王の盾。

マウンテン。戦士。本名”グレガー・クレゲイン”。

ブロン。騎士。ティリオンの元部下。元傭兵。

雀聖下(ハイ・スパロー)

ユネラ。司祭女(セプタ)。

ドーラン・マーテル。大公。ドーン人。

トリスタン・マーテル。ドーランの息子。ミアセラの夫。

エラリア・サンド。オベリン・マーテルの愛人。

オバラ・サンド。オベリン・マーテルの娘。

ルース・ボルトン

ウォルダ・ボルトン。ルースの妻。

ラムジー・ボルトン。ルースの落とし子。

ミランダ。ラムジーの愛人。

ティリオン・ラニスター。タイウィンの息子。

ヴァリス。小評議会のメンバ。

ジョラー・モーモント。ジオー・モーモントの息子。

デナーリス・ターガリエン。エイリス王の娘。ドラゴンの母。

バリスタン・セルミー。ロバート王の元”王の盾”。エイリス王の元”王の盾”。

ミッサンデイ。アスタポアの通訳。

グレイ・ワーム。穢れなき軍団。

ダーリオ・ナハリス。ユンカイの元傭兵。

7つの王国

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1

7つの王国からなるウェスタロス大陸。

大陸には、さまざまな国と地域が存在する。

キングズランディング。王都。バラシオン家がいる。

ウィンターフェル。スターク家がいたが陥落。ルース・ボルトンがいる。

黒の城(カースルブラック)。ナイツウォッチがいる。

ドーン。マーテル家がいる。ウォーターガーデンズがある。

ブレーヴォス。アリアが立ち寄る。

ミーリーン。デナーリスが立ち寄る。

ハーピーの息子たち

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ミーリーンにいるデナーリスたちに、反抗する者が現れる。

“ハーピーの息子たち”による穢れなき軍団が暗殺される事件が発生する。

死体の上には、仮面が置かれている。

“ハーピーの息子たち”の罠にハマったグレイ・ワームは殺されそうになるが、バリスタンに助けられる。

しかし、助けに入ったバリスタンは死んでしまう。

サンサとベイリッシュ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

高巣城(アイリー城)にいるサンサとベイリッシュ。

ベイリッシュは、ライサ・アリンの息子ロビンを当主として戦の準備を始める。

ブライエニーとポドリックは立ち寄った酒場で、食事をしているサンサとベイリッシュに遭遇する。

ブライエニーはキャトリンとの約束を果たすため、サンサに仕えると申し出るが拒否されてしまう。

マンス・レイダーの最期

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

スタニス軍に捕らえられているマンス・レイダー率いる野人たち。

スタニスは自分にひざまづけば自由にすると言うが、マンスは拒否する。

マンスは火炙りの刑になるが、苦しないですむようにジョンは弓矢でマンスを殺害する。

ブレーヴォス

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

アリアは、ブレーヴォスにたどり着く。

かつて助けてもらったジャクェン・フ=ガーにもらった硬貨だけを頼りにやってきた。

アリアはジャクェンに会いに、黒と白の館に行く。

アリアは「”顔のない男”になりたい。」と言うが、ジャクェンは言い返す。

「ヴァラー・ドヘリス(すべての者は仕えねばならぬ)。」

「我々が使えるのは”数多の顔の神”。まずは自分を捨てろ。」

マーテル家

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

サーセイのもとには、マーテル家(ドーン人)からオベリンの死に対する復讐を示唆する物が届く。

サーセイの娘ミアセラは、ドーン人のドーラン・マーテルの息子トリスタンと結婚しているが、送られてきた物はミアセラが持っているネックレスだった。

オベリンは決闘裁判でマウンテンと戦った際に、姉エリアがマウンテンに犯されて殺されたことをマウンテンに白状させたが、殺されてしまった。

オベリンの愛人エラリア・サンドは、サーセイたちへの復讐を求め、オベリンの兄ドーラン・マーテルに会っていた。

ナイツウォッチの総帥

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ナイツウォッチの第998代総帥を決める選挙が開催される。

アリザー・ソーンが有力候補の中、サムはジョンを推薦する。

選挙の結果、ジョンが総帥に選ばれる。

その後、ジョンはメンバに仕事の指示を出すが、プライドの高いジャノスは拒否をする。

すると、ジョンはジャノスの首を切って処刑する。

結婚

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ジョフリー王が死に、王となったトメン。

トメンは、マージェリーと結婚する。

雀聖下

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

キングズランディングでは、”雀”と呼ばれる集団が独自の思想を展開する。

雀は次第に攻撃性を強める。

ジェイミーの従兄弟ランセル・ラニスターも、雀に入会した。

サーセイは、雀のリーダーである雀聖下(ハイ・スパロー)に会いに行く。

サーセイは雀を操ってマージェリーの兄ロラスを投獄し、王都からタイレル家を失脚させようと画策する。

ロラスの罪は男色だったが、そのことを知っていて嘘をついたマージェリーも投獄されることになる。

サンサとラムジー

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

サンサとベイリッシュは、要塞ケイリンを通り、ウィンターフェルにやってくる。

ルース・ボルトンは北部の同盟を強固なものにするため、息子ラムジーとサンサの婚姻を画策していた。

ルース・ボルトンは、ウォルダー・フレイらとともに、ロブやキャトリンを殺した憎き相手だったが、サンサは婚姻を受け入れる。

また、サンサはシオンから「ブランとリコンを殺していない。農民の子を身代わりにした。」と教えられる。

ウォーターガーデンズ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ジェイミーはブロンを率いて、マーテル家があるウォーターガーデンズにやってくる。

ちょうど同じ頃、エラリア・サンドが部下の”サンド・スネーク”にミアセラを襲わせるところだった。

ジェイミーたちとサンド・スネークと戦い始めるが、衛兵が駆けつけ、全員が逮捕される。

ドーラン・マーテルは平和的な人物で、ミアセラの件は、エラリアが独断で行ったことだった。

ドーランはジェイミーを迎え、反対するエラリアをよそにミアセラを王都に帰すことに同意する。

しかし、航海中にミアセラは、エラリアに仕込まれた毒で死んでしまう。

ティリオンとジョラー

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ティリオンとヴァリスは、デナーリスのもとへ向かっていたが、立ち寄った娼館で、ティリオンはジョラー・モーモントに誘拐されてしまう。

デナーリスのもとを追放されたジョラーは、お詫びの贈り物としてティリオンをデナーリスに送るつもりだった。

道中でジョラーは石灰人に触られ、腕が少し石灰してしまう。

奴隷商人に捕まったティリオンとジョラーは、買い主にミーリーンの闘技場に連れて行くよう説得する。

闘技会に出ることになったジョラーは、闘技場にデナーリスがきていることに気づき、闘士たちを圧倒する。

デナーリスに謁見したジョラーは、ティリオンが差し出す。

しかしデナーリスは、再びジョラーを追放する。

ティリオンは、デナーリスの相談役になる。(ティリオンの兄ジェイミーは、デナーリスの父親エイリス王を殺した人物だが受け入れられた。)

ジョラーは、闘士として、再びデナーリスの前に現れる。

「女王のために、命を捧げる。」と告げる。

試合後、”ハーピーの息子たち”がデナーリスらを襲ってくる。

ジョラーはデナーリスを守るが、ドラゴンがきてデナーリスはドラゴンとどこかへ行ってしまう。

とりあえずジョラーは、ダーリオ・ナハリスの判断で戻ってくることを許可される。

野人VSホワイトウォーカー

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ジョンは野人を仲間にするため、トアマンドらとともに北にある野人の村に行く。

「野人もナイツウォッチもスタニスにも、ホワイトウォーカーと亡者を止められない。」

「勝てる保証はないが、皆で力を合わせるんだ。」

ジョンを支持する者と支持しない者に別れた。

支持する者は、ジョンたちが乗ってきた船で、壁の南側を目指すことになる。

船場に集まっていると、山側からホワイトウォーカーと亡者の大軍がやってくる。

ジョンとトアマンドらは、なんとかその場から船で逃げ出す。

その際に、死んだ仲間たちが、亡者として蘇るのを目撃する。

スタニスVSラムジー

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

スタニス軍は、ウィンターフェル城へ向かう。

途中、食糧難と寒さに襲われると、スタニスは、娘のシリーンを生贄として火炙りにする。

翌日、妻のセリースが自殺しているのを発見される。

そして、兵士の半分が逃亡していなくなっていた。

そんな状態で、スタニス軍とラムジー軍が戦うことになるが、スタニス軍は敗れる。

瀕死のスタニスの前に、サンサを監視していたブライエニーが現れる。

ブライエニーの元主人であるレンリー・バラシオンは、メリサンドルの魔術によって殺された。

ブライエニーはスタニスにとどめを刺し、レンリーの復讐を果たす。

アリアの復讐

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

サーセイはマージェリーの父親メイスをブレーヴォスにある“鉄の銀行”に行かせる。

メイスには、”王の盾”マーリン・トラントが同行していた。

マーリンは、アリアの剣の師匠シリオ・フォレルを殺した復讐リストの人物。

アリアは、”顔のない男”の技を使って顔を娼婦に変え、マーリンがいる娼館に侵入し、マーリンを殺害する。

ジャクェンは「お前にはまだ早かった。償いが必要だ。」とアリアに告げる。

するとアリアは目が見えなくなる。

脱出

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

スタニス軍とラムジー軍の戦いのどさくさに紛れ、サンサはシオンと一緒にウィンターフェルから逃げる。

ラムジーの愛人ミランダに見つかるが、シオンがミランダを殺す。

サーセイの懺悔

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

サーセイは、従兄弟ランセル・ラニスターの密告により、雀に捕まってしまう。

近親相姦や浮気など、さまざまな罪に問われる。

最初は強気だったサーセイだが、長期間牢獄に入れられていたことで疲弊し罪を認める決心をする。

サーセイは裸になり、贖罪をしながら、赤の王城(レッドキープ)に戻ることを許される。

ジョンが刺される

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

黒の城に戻ってきたジョン。

野人と仲間になるというジョンの考えに賛同できないアリザー・ソーンやオリーらによって、ジョンは刺されてしまう。

ジョンの体からは大量の血が流れる。

スポンサードサーチ

評価・感想

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

ベストセラー小説「氷と炎の歌」が原作の叙事詩ファンタジードラマのシーズン5。

ナイツウォッチの総帥になったジョン。

“顔のない男”に弟子入りするアリア。

ラムジーと結婚するサンサ。

デナーリスの部下になるティリオン。

野人VSホワイトウォーカー。

“雀”に捕まり民衆の前で懺悔するサーセイ。

相変わらずの先の読めない展開ばかりです。

『ゲーム・オブ・スローンズ』は、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5

キャスト・登場人物をご紹介します。

ジョン・スノウ・・・キット・ハリントン

ジョン・スノウ・・・キット・ハリントン

サム・・・ジョン・ブラッドリー

サムウェル・ターリー(サム)・・・ジョン・ブラッドリー

ギリー・・・ハンナ・マリー

ジリ・・・ハンナ・マリー

アリザー・ソーン・・・オーウェン・ティール

アリザー・ソーン・・・オーウェン・ティール

ジャノス・・・ドミニク・カーター

ジャノス・・・ドミニク・カーター

エイモン・・・ピーター・ヴォーン

エイモン・・・ピーター・ヴォーン

エディソン・トレット(エッド)・・・ベン・クロンプトン

エディソン・トレット(エッド)・・・ベン・クロンプトン

オリー・・・ブレノック・オコーナー

オリー・・・ブレノック・オコーナー

マンス・レイダー・・・キアラン・ハインズ

マンス・レイダー・・・キアラン・ハインズ

トアマンド・・・クリストファー・ヒヴュ

トアマンド・・・クリストファー・ヒヴュ

スタニス・バラシオン・・・スティーヴン・ディレイン

スタニス・バラシオン・・・スティーヴン・ディレイン

メリサンドル・・・カリス・ファン・ハウテン

メリサンドル・・・カリス・ファン・ハウテン

ダヴォス・シーワース・・・リアム・カニンガム

ダヴォス・シーワース・・・リアム・カニンガム

セリース・バラシオン・・・タラ・フィッツジェラルド

セリース・バラシオン・・・タラ・フィッツジェラルド

シリーン・バラシオン・・・ケリー・イングラム

シリーン・バラシオン・・・ケリー・イングラム

アリア・スターク・・・メイジー・ウィリアムズ

アリア・スターク・・・メイジー・ウィリアムズ

ハウンド(サンドール・クレゲイン)・・・ロリー・マッキャン

ハウンド・・・ロリー・マッキャン

ジャクェン・フ=ガー・・・トム・ヴラシア

ジャクェン・フ=ガー・・・トム・ヴラシア

サンサ・スターク・・・ソフィー・ターナー

サンサ・スターク・・・ソフィー・ターナー

ピーター・ベイリッシュ(リトル・フィンガー)・・・エイダン・ギレン

ピーター・ベイリッシュ・・・エイダン・ギレン

ロビン・アリン・・・リノ・ファシオリ

ロビン・アリン・・・リノ・ファシオリ

ロイス・・・ルパート・ヴァンシタート

ロイス・・・ルパート・ヴァンシタート

ブライエニー・タース・・・グェンドリン・クリスティー

ブライエニー・タース・・・グェンドリン・クリスティー

ポドリック・ペイン(ポッド)・・・ダニエル・ポートマン 

ポドリック・ペイン(ポッド)・・・ダニエル・ポートマン 

シオン・グレイジョイ・・・アルフィー・アレン

シオン・グレイジョイ・・・アルフィー・アレン

サーセイ・ラニスター・・・レナ・ヘディ

サーセイ・ラニスター・・・レナ・ヘディ

ジェイミー・ラニスター・・・ニコライ・コスター=ワルドー

ジェイミー・ラニスター・・・ニコライ・コスター=ワルドー

ミアセラ・バラシオン・・・エイミー・リチャードソン

ミアセラ・バラシオン・・・エイミー・リチャードソン

トメン・・・ディーン=チャールズ・チャップマン

トメン・バラシオン・・・ディーン=チャールズ・チャップマン

マージェリー・タイレル・・・ナタリー・ドーマー

マージェリー・タイレル・・・ナタリー・ドーマー

ロラス・タイレル・・・フィン・ジョーンズ

ロラス・タイレル・・・フィン・ジョーンズ

オレナ・タイレル・・・ダイアナ・リグ

オレナ・タイレル・・・ダイアナ・リグ

メイス・タイレル・・・ロジャー・アシュトン=グリフィス

メイス・タイレル・・・ロジャー・アシュトン=グリフィス

ランセル・ラニスター・・・ユージン・サイモン

ランセル・ラニスター・・・ユージン・サイモン

ケヴァン・ラニスター・・・イアン・ゲルダー

ケヴァン・ラニスター・・・イアン・ゲルダー

パイセル

パイセル

クァイヴァーン・・・アントン・レッサー

クァイヴァーン・・・アントン・レッサー

マーリン・トラント・・・イアン・ビーティー

マーリン・トラント・・・イアン・ビーティー

マウンテン(グレガー・クレゲイン)・・・ハフソー・ユリウス・ビョルンソン

マウンテン・・・ハフソー・ユリウス・ビョルンソン

ブロン・・・ジェローム・フリン

ブロン・・・ジェローム・フリン

雀聖下(ハイ・スパロー)・・・ジョナサン・プライス

雀聖下(ハイ・スパロー)・・・ジョナサン・プライス

ユネラ・・・ハンナ・ワディンガム

ユネラ・・・ハンナ・ワディンガム

ドーラン・マーテル・・・アレクサンダー・シディグ

ドーラン・マーテル・・・アレクサンダー・シディグ

トリスタン・マーテル・・・トビー・セバスチャン

トリスタン・マーテル・・・トビー・セバスチャン

エラリア・サンド・・・インディラ・ヴァルマ

エラリア・サンド・・・インディラ・ヴァルマ

オバラ・サンド・・・ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

オバラ・サンド・・・ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

ルース・ボルトン・・・マイケル・マケルハットン

ルース・ボルトン・・・マイケル・マケルハットン

ウォルダ・ボルトン・・・エリザベス・ウェブスター

ウォルダ・ボルトン・・・エリザベス・ウェブスター

ラムゼイ・ボルトン・・・イワン・リオン

ラムジー・ボルトン・・・イワン・リオン

ミランダ・・・シャーロット・ホープ

ミランダ・・・シャーロット・ホープ

ティリオン・ラニスター・・・ピーター・ディンクレイジ

ティリオン・ラニスター・・・ピーター・ディンクレイジ

ヴァリス・・・コンリース・ヒル

ヴァリス・・・コンリース・ヒル

ジョラー・モーモント・・・イアン・グレン

ジョラー・モーモント・・・イアン・グレン

デナーリス・ターガリエン・・・エミリア・クラーク

デナーリス・ターガリエン・・・エミリア・クラーク

バリスタン・セルミー・・・イアン・マッケルヒニー

バリスタン・セルミー・・・イアン・マッケルヒニー

ミッサンデイ・・・ナタリー・エマニュエル

ミッサンデイ・・・ナタリー・エマニュエル

グレイ・ワーム・・・ジェイコブ・アンダーソン

グレイ・ワーム・・・ジェイコブ・アンダーソン

ダーリオ・ナハリス・・・ミキール・ハースマン

ダーリオ・ナハリス・・・ミキール・ハースマン

スポンサードサーチ

シリーズをご紹介

『ゲーム・オブ・スローンズ』の別シーズンについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン2についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8(ファイナルシーズン)についてはこちら

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

毎月数多くの海外ドラマを視聴している著者が自信を持っておすすめします。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

スポンサードサーチ

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!