動画 > 『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ジョンVSラムジー決着!)
『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ジョンVSラムジー決着!)

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ジョンVSラムジー決着!)


『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

三つ目の鴉に会い、すべてを知るブラン・スターク。

ジョン・スノウは兵力が劣りながらも、ラムジー・ボルトンとの決戦に挑む。

本記事は、『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

黒の城でジョン・スノウが息絶えたため、ダヴォスはジョン支持派を集めアリザーに対する反撃策を練る。

ラムジーから逃れたサンサとシオンは、森の中に逃げ込むが、追っ手に見つかってしまう。

ドラゴンと逃げたデナーリスは、かつてのドスラク人部族の王の妻たちが暮らす村に強制連行される。

ネタバレ・見どころ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ジョン・スノウ。ネッドの落とし子。ナイツウォッチの総帥。

サムウェル・ターリー(サム)。ナイツウォッチ。

ジリ。サムの妻。

アリザー・ソーン。ナイツウォッチ。

エディソン・トレット(エッド)。ナイツウォッチ。

オリー。ナイツウォッチの見習い。トアマンドに襲われた村の元住人。

トアマンド。壁の向こうの野人。通称”巨人殺し”。

メリサンドル。紅の女。魔女。

ダヴォス・シーワース。スタニスの従者。

サンサ・スターク。ネッドの娘。ティリオンの妻。

シオン・グレイジョイ。ベイロンの息子。

ブライエニー・タース。セルウィン・タースの娘。レンリー・バラシオンの元”王の盾”。

ポドリック・ペイン(ポッド)。ティリオンの従者。

ブラン・スターク。ネッドの息子。足が不自由。

ホーダー。スターク家の従者。ブランの世話係。

ミーラ・リード。ジョジェンの姉。

リコン・スターク。ネッドの息子。

オシャ。元盗賊。ブランの世話係。

ベンジェン・スターク。ジョン・スノウの叔父。ナイツウォッチ。

アリア・スターク。ネッドの娘。

ジャクェン・フ=ガー。ブレーヴォス人。”顔のない男”。ラニスター家の元騎士。

ピーター・ベイリッシュ。小評議会のメンバ。通称”リトル・フィンガー”。

ロビン・アリン。ライサの息子。

ロイス。ロビンの部下。

リアナ・モーモント。ナイツウォッチの総帥ジオー・モーモントの姪。

ハウンド。マウンテンの弟。本名”サンダー・クレゲイン”。

ベリック・ドンダリオン。旗印なき兄弟団のボス。

ミアのソロス。旗印なき兄弟団。

ベイロン・グレイジョイ。鉄諸島の領主。

ユーロン・グレイジョイ。ベイロンの弟。

ヤーラ・グレイジョイ。ベイロンの娘。

ランディル・ターリー。サムの父親。

ディコン・ターリー。サムの弟。

サーセイ・ラニスター。先代ロバート王の妻。タイウィンの双子の娘。

ジェイミー・ラニスター。タイウィンの双子の息子。通称”王殺し”。

トメン・バラシオン。先代ロバート王の息子。本当はサーセイとジェイミーの息子。

マージェリー・タイレル。ジョフリーの妻。レンリー・バラシオンの元妻。

ロラス・タイレル。マージェリーの兄。

オレナ・タイレル。マージェリーの祖母。

メイス・タイレル。マージェリーの父親。

ケヴァン・ラニスター。サーセイの叔父。ラニスター軍の指揮官。

パイセル。グランド・メイスター(上級学匠)。小評議会のメンバ。

クァイヴァーン。小評議会のメンバ。ルースの元部下。

マウンテン。王の盾。本名”グレガー・クレゲイン”。

ブロン。騎士。元傭兵。

雀聖下(ハイ・スパロー)

ユネラ。司祭女(セプタ)。

ランセル・ラニスター。ケヴァンの息子。”雀”に入会。

ドーラン・マーテル。大公。ドーン人。

トリスタン・マーテル。ドーランの息子。ミアセラ・バラシオンの夫。

エラリア・サンド。オベリン・マーテルの愛人。

オバラ・サンド。オベリン・マーテルの娘。

ルース・ボルトン

ウォルダ・ボルトン。ルースの妻。

ラムジー・ボルトン。ルースの落とし子。

ウォルカン。メイスター(学匠)。

ハラルド・カースターク。スターク家の親族。

スモール・ジョン・アンバー。スターク家と親交がある。

ウォルダー・フレイ。フレイ家の領主。

ローサー・フレイ。ウォルダーの息子。

ブリンデン・タリー。ホスター・タリーの弟。通称”ブラック・フィッシュ”。

エドミュア・タリー。ホスター・タリーの息子。キャトリン・スタークの弟。ウォルダーの娘ロズリンと結婚したが捕虜になった。

デナーリス・ターガリエン。エイリス王の娘。ドラゴンの母。

ティリオン・ラニスター。タイウィンの息子。

ヴァリス。小評議会のメンバ。

ジョラー・モーモント。ジオー・モーモントの息子。

ダーリオ・ナハリス。ユンカイの元傭兵。

ミッサンデイ。アスタポアの通訳。

グレイ・ワーム。穢れなき軍団。

カール・モロ。遊牧民。

7つの王国

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1

7つの王国からなるウェスタロス大陸。

大陸には、さまざまな国と地域が存在する。

キングズランディング。王都。バラシオン家がいる。

ウィンターフェル。スターク家がいたが陥落。ルース・ボルトンがいる。

黒の城(カースルブラック)。ナイツウォッチがいる。

高巣城(アイリー城)。ロビン・アリンがいる。谷間(ヴェイル)にある。

鉄諸島。グレイジョイ家がいる。

ドーン。マーテル家がいる。ウォーターガーデンズがある。

ブレーヴォス。アリアが立ち寄る。

ミーリーン。デナーリスが立ち寄る。

ジョンの復活

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ジョン・スノウを刺したアリザー・ソーンは、謀反を正当化しようとする。

エッドとダヴォスらは、自分たちの身を守ろうとする。

アリザーがエッドたちを襲ってくるが、トアマンドが率いる野人たちが黒の城にやってくる。

裏切り者のアリザーたちは、牢屋に入れられる。

ジョンは、メリサンドルの魔術によって蘇る。

生き返ったジョンは、アリザーやオリーらを処刑する。

逃亡中のサンサ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ウィンターフェルから逃げ出したサンサとシオン。

ミランダを殺されたラムジー・ボルトンは、二人への復讐を誓う。

ラムジーの父親ルースは、北部の結束のためには、サンサが必要だと考えている。

サンサとシオンは、ラムジーの部下に捕まりそうになるが、ブライエニーとポドリックに助けられる。

シオンは、故郷へ帰るために、サンサたちと別れる。

サンサ、ブライエニー、ポドリックは黒の城に行き、サンサはジョンと再会する。

サンド母娘

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ドーンのドーラン・マーテル大公が殺される。

謀反を起こしたのは、エラリア・サンドと娘のオバラ・サンド。

エリアやオベリンが殺されても何も行動を起こさなかったドーランに、エラリアは不満を持っていた。

ドーランの息子トリスタンも殺される。

何者でもないアリア

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

目が見えなくなったアリアは、物乞いをしながら生活生していた。

アリアは”ノーワン(何者でもない)”になるために、ジャクェンの訓練を受けることになる。

視力を取り戻したアリアは、セカンドチャンスとして舞台女優を殺すようジャクェンに命じられる。

命令を無視したアリアは、ジャクェンの従者の女に殺されそうになり、自分が殺すはずだった舞台女優の楽屋に逃げ込み、手当てを受ける。

アリアは再び女に襲われるが、返り討ちにする。

そしてジャクェンに会い、自分の決意を告げる。

「わたしはアリア・スターク。故郷のウィンターフェルに戻る。」

三つ目の鴉

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ブランは、“三つ目の鴉”と過去を見る。

かつてのウィンターフェルで、幼少期の父親エダード・スターク(ネッド)、ミーラの父親ハウランド、ホーダーらのの姿を目撃する。

ブランは、若い頃のホーダーがしゃべっているのを見て驚く。

三つ目の鴉は「洞窟を出て行く前に、すべてを知る必要がある。」とブランに語る。

グレイジョイ家

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

鉄諸島のグレイジョイ家に新たな動きがある。

領主ベイロン・グレイジョイの前に、弟のユーロンが現れ、ベイロンを殺害する。

ユーロンとヤーラの選挙の結果、ユーロンが新しい領主に選ばれる。

ラムジーの謀反

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ウィンターフェルでは、ラムジーが父親ルースを殺害する。

さらにルースの妻ウォルダと生まれたばかりの弟を犬に襲わせて殺害する。

また、北の地に住むスターク家とつながりがあるスモール・ジョン・アンバーが、野人との戦に備え、ラムジーに支援を求めてくる。

スモール・ジョンは、見返りとして、リコン・スタークとオシャを引き渡す。

リコンとオシャは、ブランから「アンバー家に保護してもらえ。」と言われアンバー家に行ったが、スモール・ジョンに裏切られた。

オシャはラムジーを殺害しようとするが、逆に殺されてしまう。

ドラゴンの母デナーリス

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

デナーリスは、かつてのドスラク人の王の妻たちが暮らす遊牧民の村に連れて行かれる。

デナーリスは命は奪われないが、女王とは程遠い扱いを受ける。

そこへジョラー・モーモントとダーリオ・ナハリスが助けにくるが、デナーリスには考えがあった。

宴の席でデナーリスは、灯の火を床に倒し、建物を燃やす。

燃え上がる建物の中から、出てくるデナーリスを見て、外から見ていた遊牧民たちがひざまずく。

ジョラーはデナーリスのもとに戻ってくることを許されるが、石灰化が進む腕の治療法を探しに旅に出る。

ベイリッシュの支援

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

高巣城にいるピーター・ベイリッシュ(リトル・フィンガー)は、サンサを助けようとロビン・アリンに進言する。

そして、ベイリッシュは黒の城にやってくる。

サンサは突然現れたベイリッシュに、なぜ自分をラムジーの妻にしたのかと怒りをぶつける。

サムの新しい生活

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

メイスター(学匠)になるために、黒の城を出たサム。

オールドタウンの知識の城(シタデル)にある世界最大の図書館に向かう。

そこは女性禁止の場所であるため、サムは故郷の”角の丘城(ホーンヒル)”に行く。

サムとジリは、サムの母と妹に温かく迎えられるが、野人を憎む父親ランディルには冷酷な扱いを受ける。

サムはジリと赤ちゃんを連れて、オールドタウンに行くことにする。

森の子ら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

“三つ目の鴉”に仕えている”森の子ら”。

はるか昔、人間が現れる前から存在している存在。

ブランは、”三つ目の鴉”と見た世界で、”森の子ら”がホワイトウォーカーを作ったのを目撃する。

ホーダーの最期

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

三つ目の鴉の能力で見た世界で、ホワイトウォーカーに遭遇したブランは、腕に”印”をつけられてしまう。

すると、ホワイトウォーカーと亡者は、ブランたちのいる洞窟に入れるようになる。

三つ目の鴉は、ホワイトウォーカーに殺される。

ブランとミーラは、扉を押さえるホーダーを残し森へ逃げる。

三つ目の鴉の能力で見た世界で、ブランは若い頃のホーダーが「ホールド・ザ・ドア(ホーダー)(扉を押さえて)。」と叫ぶのを目撃する。

ホーダーがしゃべれなくなったのは、ブランを助けたためだった。

ベンジェン・スターク

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

森に入ったブランたちは、ベンジェン・スタークに助けられる。

ベンジェンは、ジョン・スノウの叔父でナイツウォッチ。

ホワイトウォーカーを探しに出かけ、行方不明になっていた。

「ホワイトウォーカーの氷の剣で刺され、魔物になるところだった。」

「”森の子ら”が、ドラゴングラスを使って、奴らの魔術を止めてくれた。」

リヴァーラン城

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

“ブラック・フィッシュ”ことブリンデン・タリー(ホスター・タリーの弟)が、リヴァーラン城を奪還した。

敵対するウォルダー・フレイは、リヴァーランド城を取り返せと命じる。

ウォルダーの娘ロズリンと結婚したが捕虜になっていたエドミュア・タリー(ホスターの息子)を人質として連れて行かせる。

ジェイミーとブロン率いるパラシオン軍が、フレイ軍を加勢する。

リヴァーラン城の城主エドミュアが、降伏を認める。

ブリンデンをウォルダーに差し出すために捕らえようとするが、求めに応じないブリンデンは討ち死する。

生きていたハウンド

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ブライエニーに敗れ、死んだと思われたハウンドが生きていた。

山奥で暮らす人々のリーダーの男に助けられ、戦いから離れた世界で暮らしていた。

ハウンドが離れた場所にいる間に、旗印なき兄弟団(ブラザーフッド)に村が襲われ村人が全員死んでしまう。

ハウンドは、村人を惨殺した旗印なき兄弟団を追う。

その後、旗印なき兄弟団のベリック・ドンダリオンとミアのソロスと再会する。

村を襲った連中は、旗印なき兄弟団の掟を破った裏切り者だったため、ベリックが処刑をするところだった。

ハウンドは、旗印なき兄弟団の仲間になる。

ヤーラとシオン

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ヤーラとシオンは、デナーリスに助けを求める。

船を100隻を提供する見返りに、ヤーラは鉄諸島の領主になることを支援してほしいとお願いをする。

落とし子の戦い

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ジョンの兵力の多くは、野人。

ジョンとサンサは、ダヴォスと北部の名家を回って加勢を求めるが、難航する。

ナイツウォッチの総帥ジオー・モーモントの姪リアナ・モーモントが出してくれた兵士は、わずか62人。

ホーンウッド家が200人、メイゼン家が143人。

グラヴァー家など協力を拒否する家もある。

そんな中、ウィンターフェルを奪還するための、ジョンの戦いが始まる。

ラムジーのボルトン家には、カースターク家とアンバー家がついている。

ラムジーは、ジョンを挑発するように捕虜にしていたリコンを弓矢で殺す。

壮絶な戦いは、数で劣るジョンたちが劣勢だったが、ベイリッシュ率いるアリン軍が加勢にきたことで形成が逆転する。

そしてジョンがラムジーを倒す。

サンサは、ラムジーの猟犬にラムジーを食い殺させる。

審判の日

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

サーセイとロラスの審判の日。

サーセイを迎えに出たランセルが、ベイラー大聖堂の地下に駆け込む少年の後を追うと、そこには大量の鬼火が用意されていた。

サーセイは、ベイラー大聖堂に雀聖下、雀たち、さらにマージェリーなど多くの人間を閉じ込める。

そしてベイラー大聖堂もろとも鬼火で破壊する。

サーセイは自分をいたぶった司祭女ユネラを、マウンテンに殺害させる。

妻のマージェリーが死んでショックを受けたトメン王は、自殺する。

サーセイが女王となる。

アリアの復讐

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ウォルダー・フレイのもとに、一人の従者の女がやってくる。

“顔のない男”で変身したアリアだった。

アリアは、ウォルダーの喉を切り、復讐を果たす。

スポンサードサーチ

評価・感想

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

ベストセラー小説「氷と炎の歌」が原作の叙事詩ファンタジードラマのシーズン6。

サンサとジョンの再会。

鉄諸島の新たな領主グレイジョイ。

三つ目の鴉と森の子らに出会うブラン。

“雀”とバラシオン家による王都の争い。

ファンの間で熱狂的支持を受ける”ジョンVSラムジー”の壮絶な戦いは必見です。

『ゲーム・オブ・スローンズ』は、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6

キャスト・登場人物をご紹介します。

ジョン・スノウ・・・キット・ハリントン

ジョン・スノウ・・・キット・ハリントン

サム・・・ジョン・ブラッドリー

サムウェル・ターリー(サム)・・・ジョン・ブラッドリー

ギリー・・・ハンナ・マリー

ジリ・・・ハンナ・マリー

アリザー・ソーン・・・オーウェン・ティール

アリザー・ソーン・・・オーウェン・ティール

エディソン・トレット(エッド)・・・ベン・クロンプトン

エディソン・トレット(エッド)・・・ベン・クロンプトン

オリー・・・ブレノック・オコーナー

オリー・・・ブレノック・オコーナー

トアマンド・・・クリストファー・ヒヴュ

トアマンド・・・クリストファー・ヒヴュ

メリサンドル・・・カリス・ファン・ハウテン

メリサンドル・・・カリス・ファン・ハウテン

ダヴォス・シーワース・・・リアム・カニンガム

ダヴォス・シーワース・・・リアム・カニンガム

サンサ・スターク・・・ソフィー・ターナー

サンサ・スターク・・・ソフィー・ターナー

シオン・グレイジョイ・・・アルフィー・アレン

シオン・グレイジョイ・・・アルフィー・アレン

ブライエニー・タース・・・グェンドリン・クリスティー

ブライエニー・タース・・・グェンドリン・クリスティー

ポドリック・ペイン(ポッド)・・・ダニエル・ポートマン 

ポドリック・ペイン(ポッド)・・・ダニエル・ポートマン 

ブラン・スターク・・・アイザック・ヘンプステッド=ライト

ブラン・スターク・・・アイザック・ヘンプステッド=ライト

ホーダー・・・クリスチャン・ナイアン

ホーダー・・・クリスチャン・ナイアン

ミーラ・リード・・・エリー・ケンドリック

ミーラ・リード・・・エリー・ケンドリック

リコン・スターク・・・アート・パーキンソン

リコン・スターク・・・アート・パーキンソン

オシャ・・・ナタリア・テナ

オシャ・・・ナタリア・テナ

ベンジェン・スターク・・・ジョゼフ・マウル

ベンジェン・スターク・・・ジョゼフ・マウル

アリア・スターク・・・メイジー・ウィリアムズ

アリア・スターク・・・メイジー・ウィリアムズ

ジャクェン・フ=ガー・・・トム・ヴラシア

ジャクェン・フ=ガー・・・トム・ヴラシア

ピーター・ベイリッシュ(リトル・フィンガー)・・・エイダン・ギレン

ピーター・ベイリッシュ・・・エイダン・ギレン

ロビン・アリン・・・リノ・ファシオリ

ロビン・アリン・・・リノ・ファシオリ

ロイス・・・ルパート・ヴァンシタート

ロイス・・・ルパート・ヴァンシタート

リアナ・モーモント・・・ベラ・ラムジー

リアナ・モーモント・・・ベラ・ラムジー

ハウンド(サンドール・クレゲイン)・・・ロリー・マッキャン

ハウンド・・・ロリー・マッキャン

ベリック・ドンダリオン・・・リチャード・ドーマー

ベリック・ドンダリオン・・・リチャード・ドーマー

ミアのソロス・・・ポール・ケイ

ミアのソロス・・・ポール・ケイ

ベイロン・グレイジョイ・・・パトリック・マラハイド

ベイロン・グレイジョイ・・・パトリック・マラハイド

ユーロン・グレイジョイ・・・ピルウ・アスベック

ユーロン・グレイジョイ・・・ピルウ・アスベック

ヤーラ・グレイジョイ・・・ジェマ・ウィーラン

ヤーラ・グレイジョイ・・・ジェマ・ウィーラン

ランディル・ターリー・・・ジェームズ・フォークナー

ランディル・ターリー・・・ジェームズ・フォークナー

ディコン・ターリー・・・トム・ホッパー

ディコン・ターリー・・・トム・ホッパー

サーセイ・ラニスター・・・レナ・ヘディ

サーセイ・ラニスター・・・レナ・ヘディ

ジェイミー・ラニスター・・・ニコライ・コスター=ワルドー

ジェイミー・ラニスター・・・ニコライ・コスター=ワルドー

トメン・・・ディーン=チャールズ・チャップマン

トメン・バラシオン・・・ディーン=チャールズ・チャップマン

マージェリー・タイレル・・・ナタリー・ドーマー

マージェリー・タイレル・・・ナタリー・ドーマー

ロラス・タイレル・・・フィン・ジョーンズ

ロラス・タイレル・・・フィン・ジョーンズ

オレナ・タイレル・・・ダイアナ・リグ

オレナ・タイレル・・・ダイアナ・リグ

メイス・タイレル・・・ロジャー・アシュトン=グリフィス

メイス・タイレル・・・ロジャー・アシュトン=グリフィス

ケヴァン・ラニスター・・・イアン・ゲルダー

ケヴァン・ラニスター・・・イアン・ゲルダー

パイセル

パイセル

クァイヴァーン・・・アントン・レッサー

クァイヴァーン・・・アントン・レッサー

マウンテン・・・ハフソー・ユリウス・ビョルンソン

マウンテン・・・ハフソー・ユリウス・ビョルンソン

ブロン・・・ジェローム・フリン

ブロン・・・ジェローム・フリン

雀聖下(ハイ・スパロー)・・・ジョナサン・プライス

雀聖下(ハイ・スパロー)・・・ジョナサン・プライス

ユネラ・・・ハンナ・ワディンガム

ユネラ・・・ハンナ・ワディンガム

ランセル・ラニスター・・・ユージン・サイモン

ランセル・ラニスター・・・ユージン・サイモン

ドーラン・マーテル・・・アレクサンダー・シディグ

ドーラン・マーテル・・・アレクサンダー・シディグ

トリスタン・マーテル・・・トビー・セバスチャン

トリスタン・マーテル・・・トビー・セバスチャン

エラリア・サンド・・・インディラ・ヴァルマ

エラリア・サンド・・・インディラ・ヴァルマ

オバラ・サンド・・・ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

オバラ・サンド・・・ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

ルース・ボルトン・・・マイケル・マケルハットン

ルース・ボルトン・・・マイケル・マケルハットン

ウォルダ・ボルトン・・・エリザベス・ウェブスター

ウォルダ・ボルトン・・・エリザベス・ウェブスター

ラムゼイ・ボルトン・・・イワン・リオン

ラムジー・ボルトン・・・イワン・リオン

ウォルカン・・・リチャード・ライクロフト

ウォルカン・・・リチャード・ライクロフト

ハラルド・カースターク・・・ポール・ラットレイ

ハラルド・カースターク・・・ポール・ラットレイ

ジョン・アンバー・・・ディーン・ジャガー

スモール・ジョン・アンバー・・・ディーン・ジャガー

ウォルダー・フレイ・・・デイビッド・ブラッドリー

ウォルダー・フレイ・・・デイビッド・ブラッドリー

ローサー・フレイ・・・トム・ブルック

ローサー・フレイ・・・トム・ブルック

ブリンデン・タリー・・・クライヴ・ラッセル

ブリンデン・タリー・・・クライヴ・ラッセル

エドミュア・タリー・・・トビアス・メンジーズ

エドミュア・タリー・・・トビアス・メンジーズ

デナーリス・ターガリエン・・・エミリア・クラーク

デナーリス・ターガリエン・・・エミリア・クラーク

ティリオン・ラニスター・・・ピーター・ディンクレイジ

ティリオン・ラニスター・・・ピーター・ディンクレイジ

ヴァリス・・・コンリース・ヒル

ヴァリス・・・コンリース・ヒル

ジョラー・モーモント・・・イアン・グレン

ジョラー・モーモント・・・イアン・グレン

ダーリオ・ナハリス・・・ミキール・ハースマン

ダーリオ・ナハリス・・・ミキール・ハースマン

ミッサンデイ・・・ナタリー・エマニュエル

ミッサンデイ・・・ナタリー・エマニュエル

グレイ・ワーム・・・ジェイコブ・アンダーソン

グレイ・ワーム・・・ジェイコブ・アンダーソン

カール・モロ・・・ジョー・ナウファフー

カール・モロ・・・ジョー・ナウファフー

スポンサードサーチ

シリーズをご紹介

『ゲーム・オブ・スローンズ』の別シーズンについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン2についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8(ファイナルシーズン)についてはこちら

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

毎月数多くの海外ドラマを視聴している著者が自信を持っておすすめします。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

スポンサードサーチ

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!