動画 > 『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ホワイトウォーカーを倒すため七王国が結束!)
『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ホワイトウォーカーを倒すため七王国が結束!)

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7あらすじ・ネタバレ・キャスト・評価(ホワイトウォーカーを倒すため七王国が結束!)


『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7を徹底解説!

あらすじ・ネタバレ(見どころ)・キャスト(登場人物)・評価(感想)。

ウィンターフェルに仲間が続々と集まってくる。

ホワイトウォーカーの存在を認識したサーセイは、ジョンとデナーリスと同盟を結ぶ。

本記事は、『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7について、わかりやすく解説します。

スポンサードサーチ

あらすじ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ジョンのもとに、トメンが死にサーセイが玉座に就いたとの知らせが届く。

ブランとミーラが黒の城に到着する。

デナーリスは故郷に着くなり、サーセイを打倒する戦略を掲げる。

グレイ・ワーム率いる穢れなき軍団がラニスター家のキャスタリー磐城を陥落させる。

ラニスター軍は、タイレル家のハイガーデンを攻め落とす。

ネタバレ・見どころ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ネタバレ・見どころについて、わかりやすく解説します。

登場人物をご紹介

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ジョン・スノウ。ネッドの落とし子。ナイツウォッチの総帥。

サンサ・スターク。ネッドの娘。ティリオンの妻。

アリア・スターク。ネッドの娘。

ブラン・スターク。ネッドの息子。足が不自由。

ダヴォス・シーワース。スタニスの従者。

ピーター・ベイリッシュ。小評議会のメンバ。通称”リトル・フィンガー”。

エディソン・トレット(エッド)。ナイツウォッチ。

ウォルカン。メイスター(学匠)。

ブライエニー・タース。セルウィン・タースの娘。レンリー・バラシオンの元”王の盾”。

ポドリック・ペイン(ポッド)。ティリオンの従者。

ミーラ・リード。ジョジェンの姉。

トアマンド。壁の向こうの野人。通称”巨人殺し”。

ベンジェン・スターク。ジョン・スノウの叔父。ナイツウォッチ。

ジェンドリー。先代ロバート王の落とし子。元奴隷。鍛冶屋。

リアナ・モーモント。ナイツウォッチの総帥ジオー・モーモントの姪。

ネッド・アンバー。スモール・ジョン・アンバーの息子。

アリス・カースターク。ハラルド・カースタークの娘。

ホット・パイ。元奴隷。

ハウンド。マウンテンの弟。本名”サンダー・クレゲイン”。

ベリック・ドンダリオン。旗印なき兄弟団のボス。

ミアのソロス。旗印なき兄弟団。

サムウェル・ターリー(サム)。ナイツウォッチ。

ジリ。サムの妻。

ジョラー・モーモント。ジオー・モーモントの息子。

サーセイ・ラニスター。先代ロバート王の妻。タイウィン・ラニスターの双子の娘。

ジェイミー・ラニスター。タイウィン・ラニスターの双子の息子。通称”王殺し”。

クァイヴァーン。小評議会のメンバ。ルースの元部下。

マウンテン。王の盾。本名”グレガー・クレゲイン”。

ブロン。騎士。元傭兵。

ランディル・ターリー。サムの父親。

ディコン・ターリー。サムの弟。

ユーロン・グレイジョイ。ベイロン・グレイジョイの弟。

オレナ・タイレル。マージェリーの祖母。

エラリア・サンド。オベリン・マーテルの愛人。

オバラ・サンド。オベリン・マーテルの娘。

デナーリス・ターガリエン。エイリス王の娘。ドラゴンの母。嵐の申し子。

ティリオン・ラニスター。タイウィン・ラニスターの息子。

ヴァリス。小評議会のメンバ。

ミッサンデイ。アスタポアの通訳。

グレイ・ワーム。穢れなき軍団。

ヤーラ・グレイジョイ。ベイロン・グレイジョイの娘。

シオン・グレイジョイ。ベイロン・グレイジョイの息子。

メリサンドル。紅の女。魔女。

7つの王国

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1

7つの王国からなるウェスタロス大陸。

大陸には、さまざまな国と地域が存在する。

キングズランディング。王都。バラシオン家の拠点。

ウィンターフェル。スターク家の拠点。

黒の城(カースルブラック)。ナイツウォッチの拠点。

東の物見城(イーストウォッチ)。ナイツウォッチの拠点。

最後の炉端城(ラストハース)。アンバー家の元拠点。

カーホールド城。カースターク家の元拠点。

ドラゴンストーン。デナーリスの拠点。一時期スタニス・バラシオンが拠点にしていた。

キャスタリー磐城(キャスタリーロック)。ラニスター家の拠点。

鉄諸島。グレイジョイ家の拠点。

ハイガーデン。タイレル家の拠点。

ドーン。マーテル家の拠点。

アリアの復讐

game-of-thrones-season7-03

ウォルダー・フレイは、家臣の幹部を宴に集める。

そしてワインで乾杯をするが、ワインを飲んだ者たちは苦しみだし、倒れる。

ウォルダーは、”顔のない男”で変身したアリアだった。(前シーズンにアリアはウォルダーを殺害。)

アリアは、ウォルダーの妻に告げる。

「誰かに聞かれたらこう言え。北部は覚えている。」

知識の城のサム

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

サムは、知識の城(シタデル)の図書館で、メイスター(学匠)になるための勉強を始めた。

しかし、雑用に明け暮れる毎日で思うような勉強ができずに焦っていた。

そんな中、ドラゴングラスがドラゴンストーンで採掘できることを知り、ジョンに便りを送る。

また、大学匠(アーチメイスター)のもとで、灰鱗病(グレイスケール)の治療を受けているジョラー・モーモントに出会う。

大学匠は治る見込みはないと告げるが、サムは「スタニス・バラシオンの娘シリーンの灰鱗病は治った。」と反論する。

サムはジョラーがナイツウォッチの元総帥ジオー・モーモントの息子だと気づく。

サムは発見した治療法で、ジョラーを治療する。

治ったジョラーは、デナーリスにもとに戻る。

ホワイトウォーカーの存在を信じない学匠たちに嫌気がさしたサムは、数冊の本を持って知識の城を後にする。

サムは、ウィンターフェルに戻ってくる。

ドラゴンストーンのデナーリス

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

故郷のドラゴンストーンに戻ってきたデナーリス。

“紅の女”メリサンドルがやってくる。(スタニスの娘シリーンをメリサンドルが火炙りにしたことを知ったダヴォスがジョンに報告し、ウィンターフェルを追放されていた。)

デナーリスは、オレナ・タイレルとエラリア・サンドを召喚し、サーセイを打倒する戦略を告げる。

さらに、ジョン・スノウにも忠誠を誓うように使い鴉で便りを送る。

デナーリスを訪ねたジョンは、ひざまずくことを拒否するが、ドラゴングラスの採掘を許可される。

ジョンは、ドラゴングラスと”森の子ら”が描いた壁画を発見する。

サーセイとジェイミー

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

女王となったサーセイは、ジェイミーと相談する。

キングズランディングは、四方を敵に囲まれている。

東のドラゴンストーンには、デナーリスが戻ってきた。

南には、ドーン人のエラリア・サンド。

西野ハイガーデン城には、タイレル家のオレナ・タイレル。

そして北には、ジョン・スノウがいる。

そんななか、鉄諸島の領主となったユーロン・グレイジョイが、同盟を求めてやってくる。

ユーロンは、鉄水軍の提供の見返りに、サーセイとの結婚を要求する。

ユーロン・グレイジョイ

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

エラリアらが乗るドラゴンストーンからの帰りの船を、ユーロン・グレイジョイの鉄水軍が襲う。

ユーロンは、ヤーラ・グレイジョイ、エラリア・サンドとその娘オバラを拉致する。

シオンは、姉ヤーラを助けずに、海に飛び込み逃げ出してしまう。

ユーロンは、捕らえたヤーラ、エラリア、オバラをサーセイに差し出す。

サーセイは娘のミアセラが、エラリアに毒殺された仕返しに、エラリアの娘オバラを毒殺する。

ブランとアリアの帰還

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ウィンターフェルのサンサのもとに、ブランとミーラがやってくる。

サンサはブランが死んだと思っていたため、再会を喜ぶ。

ブランはサンサに自分が””三つ目の鴉”であることを告げる。

さらに、アリアもウィンターフェルに戻ってくる。

ブランは、ベイリッシュからもらったヴァリリア鋼の剣をアリアに渡す。

オレナの最期

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ラニスター軍が、タイレル家のハイガーデンを攻め落とす。

オレナは、ジョフリー王を毒殺したことをジェイミーに告白し、毒を飲んで死ぬ。

サーセイは、タイレル家を破って得た大量の金で鉄の銀行(アイアン・バンク)に借金を返済する。

デナーリスVSジェイミー

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ハイガーデンのタイレル家とドーンのマーテル家が陥落したことを知ったデナーリスは激怒する。

デナーリスは、ジェイミー率いるラニスター軍とターリー軍の滞在地を、ドラゴンとドスラク人の部隊を率いて襲撃する。

ブロンが巨大な弓矢を使って、デナーリスの乗っていたドラゴンを撃ち落として応戦する。

地面に不時着したデナーリス目掛けて、ジェイミーが襲いかかるが、ドラゴンの炎で死にそうになる。

デナーリスは勝利し、ジェイミーとブロンは逃走する。

デナーリスは生き残ったラニスター兵たちに、デナーリスに従うか選択を迫る。

従うことを拒否したサムの父親ランディル・ターリーと弟ディコンは、ドラゴンの炎で処刑される。

壁の向こう

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

サーセイにホワイトウォーカーの存在を認識させるため、亡者を1匹捕獲することにしたジョン。

ジョンは、トアマンドとジョラーのほかに、ダヴォスが連れてきたジェンドリー、ウィンターフェルにやってきた旗印なき兄弟団のベリック、ミアのソロス、ハウンドを率いて壁を越える。

ジョンたちは、薄氷の上で“死の軍団”に包囲されてしまう。

ミアのソロスは、死んでしまう。

絶体絶命のピンチに、ドラゴンを率いてデナーリスが助けにくる。

ジョラーたちは、デナーリスに救出されるが、ドラゴンの1匹が殺され、ホワイトウォーカーによって、亡者にされてしまう。

ジョンは湖に落ちてしまい、デナーリスらとはぐれてしまう。

ジョンは亡者に殺されそうになるが、ベンジェン・スタークに助けられ、馬で逃してもらう。

ベンジェンは、死んでしまう。

休戦

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ジョンたちは捕られた亡者を連れてキングズランディングに行き、サーセイ、ジェイミー、ユーロンらに見せる。

恐れ慄いたユーロンは、鉄諸島に戻り、ホワイトウォーカーと亡者の戦いには参加しないことを表明する。

サーセイは、北との争いを休戦することを誓い、ともに戦うことを誓う。

しかしサーセイは、嘘をついていた。

ともに戦う意志はなかった。

さらにユーロンは、サーセイが購入した黄金兵団(ゴールデンカンパニー)を連れてくるところだっった。

何も知らされていなかったジェイミーは怒り、キングズランディングを出ていく。

ベイリッシュの最期

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

サンサは、ベイリッシュの裁判を始める。

「ライサ・アリンに夫ジョン・アリンを毒殺させ、ライサを月の扉から落とした。」

「サーセイとジョフリーと共謀し、エダード・ネッド・スタークを裏切った。」

「あなたが、スターク家とラニスター家の確執を作った。」

アリアは、ベイリッシュを処刑する。

ジョン出生の秘密

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ブランは、三つ目の鴉の力で、ジョン出生の秘密を知る。

ジョンは、エダード・ネッド・スタークの子ではなかった。

父親は、レイガー・ターガリエン。

レイガーは、エイリス・ターガリエンの息子で、デナーリスの兄。

母親は、リアナ・スターク。

リアナは、エダード・ネッド・スタークの妹。

ジョンの本当の名前は、エイゴン・ターガリエン。

ジョンは、落とし子ではなかった。

鉄の玉座の後継者だった。

壁が崩壊

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

壁の前に、ホワイトウォーカーと亡者の大軍が出現する。

すると上空から、亡者となったドラゴンが現れ、壁に向かって炎を吹きかける。

壁は崩壊し、ホワイトウォーカーたちが壁を越えてくる。

スポンサードサーチ

評価・感想

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

ベストセラー小説「氷と炎の歌」が原作の叙事詩ファンタジードラマのシーズン7。

ブランとアリアの帰還。

サーセイと同盟を結ぶユーロン。

マーテル家とタイレル家を倒すサーセイ。

ジョンとデナーリスの同盟。

再び壁を越えたジョンに訪れる危機。

悪質策略家ベイリッシュの最期。

ジョン出生の秘密。

ホワイトウォーカーが壁を越え、決戦が近づく。

『ゲーム・オブ・スローンズ』は、ぜひ見ていただきたいおすすめの海外ドラマです。

キャスト・登場人物

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7

キャスト・登場人物をご紹介します。

ジョン・スノウ・・・キット・ハリントン

ジョン・スノウ・・・キット・ハリントン

サンサ・スターク・・・ソフィー・ターナー

サンサ・スターク・・・ソフィー・ターナー

アリア・スターク・・・メイジー・ウィリアムズ

アリア・スターク・・・メイジー・ウィリアムズ

ブラン・スターク・・・アイザック・ヘンプステッド=ライト

ブラン・スターク・・・アイザック・ヘンプステッド=ライト

ダヴォス・シーワース・・・リアム・カニンガム

ダヴォス・シーワース・・・リアム・カニンガム

ピーター・ベイリッシュ(リトル・フィンガー)・・・エイダン・ギレン

ピーター・ベイリッシュ・・・エイダン・ギレン

エディソン・トレット(エッド)・・・ベン・クロンプトン

エディソン・トレット(エッド)・・・ベン・クロンプトン

ウォルカン・・・リチャード・ライクロフト

ウォルカン・・・リチャード・ライクロフト

ブライエニー・タース・・・グェンドリン・クリスティー

ブライエニー・タース・・・グェンドリン・クリスティー

ポドリック・ペイン(ポッド)・・・ダニエル・ポートマン 

ポドリック・ペイン(ポッド)・・・ダニエル・ポートマン 

ミーラ・リード・・・エリー・ケンドリック

ミーラ・リード・・・エリー・ケンドリック

トアマンド・・・クリストファー・ヒヴュ

トアマンド・・・クリストファー・ヒヴュ

ベンジェン・スターク・・・ジョゼフ・マウル

ベンジェン・スターク・・・ジョゼフ・マウル

ジェンドリー・・・ジョー・デンプシー

ジェンドリー・・・ジョー・デンプシー

リアナ・モーモント・・・ベラ・ラムジー

リアナ・モーモント・・・ベラ・ラムジー

ネッド・アンバー・・・ハリー・グラスビー

ネッド・アンバー・・・ハリー・グラスビー

アリス・カースターク・・・ミーガン・パーキンソン

アリス・カースターク・・・ミーガン・パーキンソン

ホット・パイ・・・ベン・ホーキー

ホット・パイ・・・ベン・ホーキー

ハウンド(サンドール・クレゲイン)・・・ロリー・マッキャン

ハウンド・・・ロリー・マッキャン

ベリック・ドンダリオン・・・リチャード・ドーマー

ベリック・ドンダリオン・・・リチャード・ドーマー

ミアのソロス・・・ポール・ケイ

ミアのソロス・・・ポール・ケイ

サム・・・ジョン・ブラッドリー

サムウェル・ターリー(サム)・・・ジョン・ブラッドリー

ギリー・・・ハンナ・マリー

ジリ・・・ハンナ・マリー

ジョラー・モーモント・・・イアン・グレン

ジョラー・モーモント・・・イアン・グレン

サーセイ・ラニスター・・・レナ・ヘディ

サーセイ・ラニスター・・・レナ・ヘディ

ジェイミー・ラニスター・・・ニコライ・コスター=ワルドー

ジェイミー・ラニスター・・・ニコライ・コスター=ワルドー

クァイヴァーン・・・アントン・レッサー

クァイヴァーン・・・アントン・レッサー

マウンテン・・・ハフソー・ユリウス・ビョルンソン

マウンテン・・・ハフソー・ユリウス・ビョルンソン

ブロン・・・ジェローム・フリン

ブロン・・・ジェローム・フリン

ランディル・ターリー・・・ジェームズ・フォークナー

ランディル・ターリー・・・ジェームズ・フォークナー

ディコン・ターリー・・・トム・ホッパー

ディコン・ターリー・・・トム・ホッパー

ユーロン・グレイジョイ・・・ピルウ・アスベック

ユーロン・グレイジョイ・・・ピルウ・アスベック

オレナ・タイレル・・・ダイアナ・リグ

オレナ・タイレル・・・ダイアナ・リグ

エラリア・サンド・・・インディラ・ヴァルマ

エラリア・サンド・・・インディラ・ヴァルマ

オバラ・サンド・・・ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

オバラ・サンド・・・ケイシャ・キャッスル=ヒューズ

デナーリス・ターガリエン・・・エミリア・クラーク

デナーリス・ターガリエン・・・エミリア・クラーク

ティリオン・ラニスター・・・ピーター・ディンクレイジ

ティリオン・ラニスター・・・ピーター・ディンクレイジ

ヴァリス・・・コンリース・ヒル

ヴァリス・・・コンリース・ヒル

ミッサンデイ・・・ナタリー・エマニュエル

ミッサンデイ・・・ナタリー・エマニュエル

グレイ・ワーム・・・ジェイコブ・アンダーソン

グレイ・ワーム・・・ジェイコブ・アンダーソン

ヤーラ・グレイジョイ・・・ジェマ・ウィーラン

ヤーラ・グレイジョイ・・・ジェマ・ウィーラン

シオン・グレイジョイ・・・アルフィー・アレン

シオン・グレイジョイ・・・アルフィー・アレン

メリサンドル・・・カリス・ファン・ハウテン

メリサンドル・・・カリス・ファン・ハウテン

スポンサードサーチ

シリーズをご紹介

『ゲーム・オブ・スローンズ』の別シーズンについては、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン2についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン5についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン6についてはこちら

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8(ファイナルシーズン)についてはこちら

海外ドラマのおすすめ作品

みんなが大好きな海外ドラマ。

毎月数多くの海外ドラマを視聴している著者が自信を持っておすすめします。

海外ドラマのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【海外ドラマ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!

スポンサードサーチ

アニメのおすすめ作品

みんなが大好きなアニメ。

アニメのおすすめ作品については、別記事で詳しく書いているので、よろしければ、こちらもご覧ください。

【アニメ】有名な作品からそうでないものまで絶対に見るべきおすすめ作品を厳選して紹介!