ライフハック > 「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」で動画を観る時間が増加した【ドラマ・映画・アニメ】
「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」で動画を観る時間が増加した【ドラマ・映画・アニメ】

「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」で動画を観る時間が増加した【ドラマ・映画・アニメ】


本記事では、「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」を使って、動画を観る時間を確保する方法について解説します。

動画配信サービスが普及したおかけで、たくさんの動画を観ることができるようになりました。

毎日、海外ドラマや映画、アニメなどの動画を楽しんでいる方は多いですよね。

ですが、観たい動画が多すぎて、すべての観たい動画を観る時間が取れないという方も多いかもしれません。

わたしは、自宅でも動画はよく観るのですが、観たい動画が次から次に出できます。

特に海外ドラマが好きなのですが、毎週のように動画が追加されるので、時間がいくらあっても足りません。

観たい動画はたくさんあるのに、観る時間は限られています。

どうやって時間を捻出するのかを考えた結果、外出先で動画を観る時間を確保することにしました。

 

動画をもっと観たいけど時間がない。

外出先でも動画が観たい。

こういった方は、本記事の対象になります。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

動画を観る時間を増やす方法

「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」

「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」を使えば、現在よりも週5話ぐらいは多くの動画を観ることができます。

ドラマや映画をはじめ、動画を観ることが大好きな方に、おすすめな方法です。

通勤・通学の電車の移動中、お昼休み、外出先など、いつでもどこでも動画を楽しむことができます。

以前は、外出先で動画を見ることに多少の抵抗があったのですが、「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」を使えば、周りの方の目も気になりませんし、周りの方に迷惑をかけることもありません。

「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」はどちらも安く購入できますし、長く使えるアイテムなので、買って損はありません。

動画が好きな方には、ぜひ試してみていただきたい方法です。

 

ダウンロード機能がある動画配信サービス

動画を外出先で観るときは、あらかじめスマートフォンに動画をダウンロードすると思いますが、すべての動画配信サービスで、動画のダウンロード機能があるわけではありません。

有名な動画配信サービスの中で、動画のダウンロード機能については、以下になります。

サービス名 ダウンロード機能
Hulu(フールー) 有り
Netflix(ネットフリックス) 有り
プライムビデオ 有り
U-NEXT 有り
dTV 有り
FOD なし
Paravi(パラビ) 有り
ディズニーシアター なし

 

スポンサードサーチ

おすすめの「ワイヤレスイヤホン」

ワイヤレスイヤホン

わたしが購入したワイヤレスイヤホンは「TAROME X2T ワイヤレスイヤホン」という製品です。

音質には特にこだわりがないので、見た目と価格を基準に購入しました。

ワイヤレスイヤホンには、高価なものもあります。

「TAROME X2T ワイヤレスイヤホン」は、価格も安く、機能もすぐれているので、おすすめです。

だからといって、音が聴きづらいということも特にありませんので安心してください。

 

耳のフィット感

わたしは、耳が小さいので、耳にワイヤレスイヤホンを入れると少し安定感が悪いです。

わたしの場合ですと、歩いている分には問題ありませんが、小走りすると安定感が悪く、イヤホンが外れそうになります。

ですので「ジョギング中に、音楽を聴くときでも使いたい」という方にはおすすめしません。

わたしの場合、通勤時にはネットニュースを観ているので、ワイヤレスイヤホンを使うのは、お昼休みに動画を観るときです。

椅子に座って動画を観ているので、耳からイヤホンがはずれる心配はありません。

機能に関しては、特に不満はありません。

不満があるのは、あくまで耳のフィット感だけです。

ただし、フィット感に関しては、耳の小さいわたしは、他のワイヤレスイヤホンでも、同じような感じではないかとも思っています。

 

Bluetoothワイヤレスイヤホン

Bluetoothを使ってスマホとイヤホンを接続します。

通常のスマホには、標準でBluetoothが搭載されているので、特に問題はないと思います。

 

一つのボタンで全ての操作が可能

ワイヤレスイヤホン本体で、電源のON・OFFを行うことができます。

 

最大連続使用時間:8時間

わたしの場合、お昼休みに使うことが多いので、1週間使っても、充電がなくなることはありません。

通勤・通学で使われる場合は、週2〜3回の充電が必要になると思われます。

 

充電時間:1時間

充電時間は、たったの1時間です。

わたしの場合、日曜日の夜に充電することが多いです。

充電するのを忘れていた場合でも、1日分であれば、10分程度の充電で済みます。

 

ノイズキャンセル機能

わたしは、音質には強いこだわりはないのですが、「TAROME X2T ワイヤレスイヤホン」には、ノイズキャンセル機能があります。

ノイズキャンセル機能のおかげなのかはわかりませんが、動画の音声が聴き取りづらいという経験はありません。

 

重量はわずか4.5gの軽いボディ

ワイヤレスイヤホンをケースに入れても、片手にすっぽりとおさまる大きさです。

重量もとても軽いので、持ち運びにも便利です。

 

おすすめの「のぞき見防止フィルター」

のぞき見防止フィルター

わたしが購入したのぞき見防止フィルターは「Xperia A4 SO-04G用」という製品です。

特にこだわりもなかったので、同時使っていたスマートフォンに合わせて購入しました。

機能としては、貼り方が気に入らない場合も、貼り直しができるので安心です。

斜めから覗くと完全に画面が黒くなって見えるので、のぞき見防止機能も抜群です。

 

厚みが0.3mmの極薄のフィルター

ほかののぞき見防止フィルターと同様だとは思いますが、厚さはちょうどいい感じです。

 

上下左右360°すべての方向からのぞき見を防止

斜めからのぞくと、画面は黒く見えるので、のぞき見を防止してくれます。

この機能がいちばん重要ですが、要望を満たしています。

 

タッチ操作が快適

スマートフォンを操作する際に、妨げになることはありません。

裸のスマートフォンのディスプレイとのぞき見防止フィルターを貼っている状態で、操作性に違いがでることはないと思います。

使いづらく感じることはありません。

 

指紋も目立ちません

毎日使うスマートフォンですが、のぞき見防止フィルターが指紋で汚れることはありません。

むしろ、裸のディスプレイよりも、指紋よごれは、目立たないと思います。

 

貼り直し可能

シリコン粘着材を使用しているため、貼り直し可能です。

貼り付ける際に、斜めになってしまったり、空気が入ってしまったりすることがありますが、貼り直しが可能なので、自分が気に入る貼り方まで、何度でも貼り直すことができます。

 

のぞき見防止フィルターの購入ポイント

のぞき見防止フィルターを購入する上での最大のポイントは、のぞき見を防止してくれることです。

ですが、これがけっこう難しいポイントで、のぞき見防止フィルターは、試し貼りができないのが難点です。

実は「Xperia A4 SO-04G用」を購入する前に、別ののぞき見防止フィルターを買ったのですが(商品名は忘れてしまいました)、それが失敗で、のぞき見防止機能が全然ダメで、画面の内容が見えてしまっていました。

画面が薄暗くなる程度で、期待するのぞき見防止効果はありませんでした。

だからといって、実際に買わないとわからないのが、のぞき見防止フィルターです。

わたしの場合は、たぶん見た商品の中で、いちばん安かったぐらいの理由で、購入したのだと思います。

のぞき見防止フィルターを購入する際は、商品レビューがあるものから選ばれた方がいいと思います。

商品選びに失敗しないように、くれぐれもご注意ください。

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがだったでしょうか。

・動画を観る時間を増やす方法
・ダウンロード機能がある動画配信サービス
・おすすめの「ワイヤレスイヤホン」
・おすすめの「のぞき見防止フィルター」

 

「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」があれば、周りの方の目を気にすることなく、大好きな動画を堂々と楽しむことができます。

ドラマ、映画、アニメなど観たい動画がたくさんあります。

時間のやりくりを賢く行って、大好きな動画をもっともっと観てください。

 

本記事では、「ワイヤレスイヤホン」と「のぞき見防止フィルター」を使って、動画を観る時間を確保する方法について解説しました。